通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

ドッグトレーニングについて~伸縮性リードは使用しない~

ドッグトレーニング 基本コース / プラチナコース

ドッグトレーニングについて

正しい歩行方法の教え方

正しい歩行方法の教え方は、日々の散歩で繰り返し行う事で、自然と身に着きます。

① 犬の立ち位置は、飼い主の真横、飼い主の足に触れる程度の距離とする。
② 飼い主の利き手の反対側を犬の定位置とする。①の位置を保てるようにリードは事前に束ね短くする。
③ 歩行中の飼い主の手の位置は上下左右に広げる事なく、一定の位置を保ち、犬の立ち位置を常に正しい場所になるよう維持する。
④ 犬が左右の立ち位置を入れ替わる事なく、常に同じ側を歩行出来るように誘導する。
⑤ 犬が左右の場所を入れ替わろうとした場合は、都度立ち止まり正しい側に誘導してから、歩行を開始する。

犬にとって、飼い主と触れ合うほど近い距離での歩行は、本能的に不快感を生じさせる行動です。しかし、交通量の多い道路、歩道、通行人とのすれ違いを考えた場合、この位置を定位置として身に着けさせ安全を意識します。

伸縮性リードは使用しない

伸縮性リードは、犬が自由に歩ける事、飼い主に負担がかからない事から、今や散歩用品として定番化されています。しかし一方で、正しい使用方法で使用されていない事が多く、通行人に飛びつく、自転車に轢かれる、突発的に犬がダッシュをしたため飼い主がリードを手放してしまうなど
の事故も多発しています。犬が正しい位置での歩行を身に着けるまでは、散歩時に伸縮性リードは使用してはいけません。なぜなら、伸縮性リードの仕組みを犬は理解する事が出来ず、自分の意のままに行動範囲を広げる事が出きると誤解するからです。犬が一度この伸縮の仕組みを覚えてしまうと、飼い主が手元で伸縮のロックを掛けた場合も、その理由が理解出来ず、力強く引っ張る事で行動範囲を広げる事が出きると勘違いしてしまいます。中には、飼い主がロックを掛けている事、限界までリードが伸びている事が認識出来ずに、力強く引っ張り、首に大きなダメージを負う事故も起きています。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ