に関するコラム

資格取得の通信教育講座

子犬のトイレのしつけはどうする?トイレトレーニングのしかたを伝授

 

子犬のトイレのしつけはどうする?トイレトレーニングのしかたを伝授

子犬を買う場合、トイレの場所を教えることはとても大切です。トイレは必ずおこなうものなので、犬の性格に限らず絶対に取り入れたほうがよいでしょう。子犬のうちにしっかりとトイレの場所を覚えれば、大きくなってからもその習慣を維持することが可能です。

子犬のトイレトレーニングは、具体的にどのようにおこなえばよいのでしょうか。今回は、子犬のトイレトレーニングについて説明します。これから子犬を迎える方は、必ずチェックしておくことをおすすめします。

犬のトイレトレーニングをおこなうタイミング

犬のトイレトレーニングはいつからおこなえばよいのでしょうか。トイレトレーニングの時期は、犬がスムーズにトレーニングをおこなうためにもとても重要です。まずは、犬のトイレトレーニングの時期について把握しておきましょう。

トイレは犬を迎えた日からおこなう

犬のトイレトレーニングは、犬を迎えた日からおこなうのが基本です。少し時間をあけてしまうと、犬はどこでトイレをしてもよいと思い込んでしまいます。トイレは毎日おこなう必要があるので、最初のトイレのときからトイレトレーニングを始めるようにしましょう。

2~3週間以内に覚えさせるのが理想

トイレトレーニングにかける時間は、2~3週間以内です。この期間内で基本的なトイレトレーニングを終えるようにするのが一般的です。どうしても犬の覚えが悪いときでも、遅くても1ヶ月以内を目安にマスターさせられるようにしましょう。

トイレを覚えさせることは必須

犬のしつけにおいて、トイレを覚えさせることは必須です。しつけの中には必須でないものもありますが、トイレをきちんとできるようにさせるのは、絶対に必要なことだといえます。トイレのしつけをきちんとしないと、犬が好き勝手にトイレをするようになるので後から飼い主が困ることになります。

しつけ前の事前知識

トイレのしつけをおこなうときは、事前の知識をしっかりと押さえておくことが大切です。事前知識としてはどのようなことがあるのでしょうか。ここでは、しつけ前に押さえておきたい事前知識について説明します。

トイレの場所は教えないと分からない

当然のことですが、犬はトイレの場所を教えてもらわないと、場所を知ることができません。そうなれば当然に適当な場所でトイレを済ませるしかなくなります。トイレトレーニングによって犬にしっかりとトイレの場所を理解させてあげましょう。

犬はきれい好き

そもそも犬はとてもきれい好きです。そのため、トイレの衛生面にも敏感だといえます。そのため、犬の生活スペースとトイレスペースが近いのはNGです。しっかりと区別して犬が気持ちよくトイレを済ませられるようにしましょう。なお、トイレのスペースが汚いと覚えづらいので、犬のトイレの場所はいつもきれいにしておくようにしてください。

トイレを覚えるまで根気強く目を離さない

犬がトイレを覚えるまでには、時間がかかります。すぐにトイレを覚えられるわけではないので、最初のうちは根気強く教えてあげるようにしましょう。トイレを覚えるまでの間は、しっかりと見守るようにして目を離さないようにすることも大切です。

トイレは愛犬が落ち着ける場所に設置する

トイレの場所をしっかりと覚えさせるには、犬にとって落ち着ける場所にトイレを設置することも必要です。人間もそうですが、やはりトイレは落ち着いて済ませたいものです。犬にとって安心できる場所にトイレを設置してあげるようにしましょう。

トイレのしつけに必要なもの

トイレのしつけをおこなうには、いろいろと用意したほうがよいものがあります。トイレのしつけを始める前に必要なものをきちんと揃えておきましょう。トイレのしつけに必要なものとしては、どのようなものがあげられるのでしょうか。ここでは、トイレのしつけに必要なものについて説明します。

サークルやケージ

トイレの場所を決めたら、サークルやケージなどを設置します。このように明確にトイレの場所を分けることで、犬はトイレの場所を認識しやすくなります。トイレの場所をしっかりと覚えさせるには、明確に場所を分けることが大切です。

トイレシーツ

トイレの中には、トイレシーツなどを入れてあげましょう。トイレシーツを用意することで、匂いなどを抑える効果が期待できます。

犬のトイレのしつけ方

トイレのしつけをおこなうときは、少しずつ段階を踏んで教えていくことが大切です。サークルやケージで囲んだ場所にトイレシーツを敷き詰めて準備を整えたら、犬のトイレトレーニングを始めましょう。ここでは、犬のトイレの具体的なしつけ方について説明します。

犬のトイレサインを察知する

まずは、犬のトイレのサインを察知しましょう。そわそわしていたり、床の匂いを嗅いでいたりしたら、トイレのサインです。トイレの場所に誘導し、犬が排せつするのを待ちます。

できたらご褒美をあげる

犬が所定の場所できちんとトイレを済ませることができたら、しっかりと褒めてあげましょう。大げさなくらい褒めることが大切です。

少しずつトイレシートの面積を狭める

犬がトイレに慣れてきたら、少しずつトイレシートの面積を狭めることが大切です。自主的にトイレに行くようになってきたら、犬の様子を見つつ少しずつトイレシートを取り、トレイの中をトイレの場所として認識できるようにしましょう。

トイレトレーニングを失敗する理由

トイレトレーニングを始めても、うまくいかずに失敗してしまうケースがあります。その場合、どのような原因があるのでしょうか。トイレトレーニングを失敗するのには、必ず理由があります。最後に、トイレトレーニングを失敗する理由について説明します。

トイレの場所を違うところで覚えている

トイレのしつけがうまくいかない場合、犬はトイレの場所をきちんと覚えていない可能性があります。犬はトイレの場所を匂いや足の裏の感覚で認識しています。そのため、トイレの場所の雰囲気が他と似ていると、なかなかトイレの場所をうまく覚えることができません。

トイレスペースがきれいではない

犬がトイレを覚えるには、トイレスペースをきれいにしておくことも大切です。トイレスペースがきれいでないと、犬はトイレの場所をきちんと覚えられません。こまめな掃除を心がけるようにしましょう。

トイレのスペース内で怒られたことがある

トイレトレーニングでは、トイレのスペース内で犬を怒ってはいけません。怒ってしまうと、そこでトイレをすることがいけないことだと犬が勘違いしてしまいます。そうなると、トイレとして定めた場所で犬がトイレをしなくなる原因となるでしょう。

犬のトイレのしつけは必ずおこなうようにしよう!

犬のトイレのしつけは必ずおこなうようにしよう!

犬を飼うなら、トイレトレーニングはとても重要です。トイレの場所をしっかりと犬に教えれば、犬は同じ場所でトイレができるようになります。もちろん、一度ですぐに覚えられるわけではないので、じっくりと時間をかけてトイレを教えることが必要です。最初はなかなかトイレの場所を覚えてくれなくて大変かもしれませんが、根気よく取り組んで確実にトイレの場所を教えるようにしましょう。段階を踏んで丁寧に教えると、犬もきちんとトイレの場所を認識することができるはずです。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座