• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > 犬猫ストレスケア資格取得講座 > 犬がブルブルする理由とは?原因と対処法

犬猫ストレスケアに関するコラム

犬猫ストレスケア資格取得の通信教育講座

犬がブルブル震える理由とは?原因と対処法を解説

犬がブルブル震える理由とは?原因と対処法を解説

犬は、時と場合によっては体をブルブルと震わせることもあります。この震えにはどのような意味があるのでしょうか。犬がブルブルと震える場合、さまざまな原因が考えられます。いずれにせよ、何かしらのサインであるので、しっかりそのサインを見極めることが大切です。

今回は、犬がブルブルと震える理由について説明します。犬がブルブルと震える原因や対処法についても解説するので、犬の震えが気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

犬がブルブル震える原因とは?

犬がブルブルと震えている場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。犬が震えているときは、いろいろな原因が考えられます。ここでは、犬がブルブルと震えている場合に考えられる原因について、代表的なものを紹介します。

寒い

犬が震えている場合、寒そうに見えることも多いのではないでしょうか。実際、犬がブルブルと震えているときは、寒さが原因となっていることも多いです。ブルブルと体を震わすことにより、犬は低体温にならないようにしています。犬が震えているということは、寒さに耐えようとしている証拠ともいえるでしょう。あまりにも寒い環境に長く犬を放置してしまうと、体に悪影響が及ぶ可能性もあるので、暖かくしてあげたほうがよいです。

感情のあらわれ

犬は震えによって感情を表している場合もあります。たとえば、犬が不安や恐怖を感じている場合、ブルブルと震えることがあります。強いストレスを感じているときにも犬は震えることがあります。犬がさらされている環境も考慮しながら震えの原因を考えると、どのようなことが不安やストレスの原因になっているか理解できるかもしれません。

体の異変・病気

犬が震えているときに考えられる原因としては、体の異変や病気もあります。その場合、痛みやかゆみを紛らわす方法として震えている可能性があります。震えることで体の違和感を払拭しようとしているのです。体の異変や病気が原因で犬が震えているのであれば、飼い主が適切な対処をして原因を取り除く必要があるでしょう。

その他の原因

犬がブルブル震えている原因は、他にもいくつか考えられます。たとえば、犬の体が水に濡れている場合も、犬は体をブルブルと振って水分を飛ばそうとします。この姿は、犬を飼ったことがない人でも想像できる姿ではないでしょうか。環境がそうさせるので、あまり気にする必要がありません。また、犬は嬉しいときや感情を爆発させたいときにも震えることがあります。状況を見て、犬が震えている理由を検討するとよいでしょう。

寒さで震えるときの対処法

犬が寒さで震えている場合、どのような対処法ができるのでしょうか。犬が寒さを感じている場合は、温度を調整してあげる必要があります。犬が過ごしている環境が寒いのであれば、防寒をしてあげるとよいでしょう。また、移動後にいつも震えているような場合には、移動空間の温度差をなくすことも大切です。具体的には、散歩の場所や時間を工夫するとよいでしょう。

ストレスで震えるときの対処法

犬がストレスによって震えている場合は、どのような対処が必要なのでしょうか。犬がストレスを感じているのであれば、まずは原因を特定するところから始めなければなりません。ここでは、犬がストレスで震えるようなときに想定されるストレスの種類や、ストレスを取り除く方法について確認しましょう。

想定されるストレス

犬がストレスを感じる原因としては、環境の変化があげられます。たとえば、引越しをしたばかりであれば、犬がストレスを感じてしまうこともあるでしょう。さらに、よく知らない他人が頻繁に自分のまわりを訪れる場合に警戒してしまい、ストレスとなることがあります。また、犬は大きな音を聞いたときもストレスを感じる可能性があります。たとえば、雷や救急車などの音に驚いてストレスを感じてしまうことがあります。加えて、怒られていると感じることが多いと、犬はそのことをストレスにしてしまいます。

ストレス要因を取り除くには?

犬のストレスの要因を取り除くためには、どうしたらいいのでしょうか。まずは、犬と一緒に行動をするときは犬の様子に注意するところから始めることをおすすめします。また、長いこと目を見たり、叱ったりしないことも大切です。

ブルブル震える場合の体の異変・病気とは?

犬が震えている場合に考えられる異変や病気としては、どのようなことがあるのでしょうか。特に頻繁にブルブル震えている場合は、犬は病気である可能性もあるので注意が必要です。震えている場合に考えられる病気としては、耳の病気や神経系の病気が考えられます。尿毒症の恐れもあるでしょう。いずれも獣医に相談が必要です。早めに受診して、犬が抱えている問題を突き止めることをおすすめします。

飼い主の対策

犬が震えることに対して、飼い主はどのような対策をすればいいのでしょうか。犬が震えていても、実際にどのようなことをすればいいのかよく分からないという人が多いはずです。しかし、飼い主はしっかりと犬の震えに対処する義務があります。ここでは、飼い主ができる犬の震えに対する対策を紹介します。できることからでもよいので、きちんと対策できるようにしましょう。

何に対してブルブル震えているのか見極める

犬が震えたときは、まずは何に対してブルブルと震えているのかを見極めるようにしましょう。そのためにはブルブルと震えたときの状況を正しく把握することが大切です。特に何かニオイはないかチェックしたり、行動に変化はないか確認したりするとよいでしょう。ささいなことでもいいので、何かいつもと違うことはないかよく見てみてください。

犬の原産国や特徴を理解する

犬がブルブル震えている状況に対処するためには、犬の原産国や特徴を理解することも意外と必要です。地域の気候や長毛・短毛などの違いによって、そのとき住んでいる環境で震えが出やすいということも考えられます。犬にもいろいろな種類がいるため、犬種によって適応できる環境が異なります。そういった点も踏まえて震えの原因を考えてあげるようにしましょう。

犬がブルブル震えるときは理由をしっかり見極めて!

犬がブルブル震えるときは理由をしっかり見極めて!

犬がブルブル震える理由は、そのときどきによって違います。そのため、犬がブルブル震えているときは、冷静に状態を見極めることが大切です。そうしなければ、犬が震えている原因を正しく見極めることができません。犬種によるもともとの素質によっても、犬の震えやすさは異なります。犬が震えているということは、何かがいつもと違うということです。そのため、そのまま放っておくとトラブルになってしまうこともあります。もちろん、あまり気にしなくてもよいケースもありますが、万が一のことを考えるのであれば、犬がブルブルと震えているときはしっかりと様子を見たほうが安心です。犬の様子を普段からしっかりチェックしておくことも、犬の震えの原因を特定するのに役立ちます。いつもとの違いを考慮し、どうして震えているのかを考えてみましょう。犬の震えの原因を早い段階で理解できれば、必要な対処をスムーズに進めることが可能です。犬のことを大切にして、震えが生じたときには適切に対応してあげるようにしてください。

犬猫ストレスケアを学ぶなら

犬猫ストレスケア通信講座

SARA の犬猫ストレスケア資格講座は 2 種類の犬猫ストレスケア資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


犬猫ストレスケアに関する記事一覧

犬猫ストレスケアについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
犬猫ストレスケア基本コース
犬猫ストレスケア資格を目指す!
犬猫ストレスケア人気講座
犬猫ストレスケア資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

犬猫ストレスケアプラチナコース
犬猫ストレスケア資格を楽に取得!!
簡単資格取得
犬猫ストレスケア資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

犬猫ストレスケア資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

犬猫ストレスケア資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座