• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > 犬猫ストレスケア資格取得講座 > 犬のストレスサインの原因と対策について

犬猫ストレスケアに関するコラム

犬猫ストレスケア資格取得の通信教育講座

犬のストレスサインって?原因と対策を理解しよう

犬のストレスサインって原因と対策を理解しよう

犬がストレスを抱えると、ストレスサインを示すことがあります。犬は意外と繊細な面があるため、ストレスサインにいち早く気づいてあげることが大切です。そのためには、あらかじめ犬のストレスサインについて理解しておく必要があります。ストレスを放っておくと大きな問題につながる場合もあるので注意しましょう。

今回は、犬のストレスサインについて説明します。原因と対策を細かく説明するので、犬のストレスサインが見られるときには早めに対処するようにしてください。

犬のストレスサインとは?

そもそも犬のストレスサインとは、どのようなものなのでしょうか。ここでは、犬のストレスサインの基本的な概要について押さえておきましょう。

犬がストレスを感じたときに出すサイン

犬のストレスサインとは、その名のとおり犬がストレスを感じたときに出すサインのことです。犬は環境やその他の理由により、ストレスを感じることがあります。その点は人間と変わりありません。犬のストレスサインをしっかり見極めることは、犬のためにとても重要なことです。

何気ないしぐさの中にあらわれる

犬のストレスサインは、日常の何気ないしぐさの中に表れることも少なくありません。犬は些細なことをストレスに感じる場面もあります。そのため、日常においてもしっかり犬の様子をチェックしておいたほうがよいでしょう。

治療が必要な場合もあるので要注意!

犬がストレスサインを出している場合、治療が必要なこともあります。特に原因が痛みなら治療は必要不可欠です。ただし、欲求不満によってストレスサインが出ている場合は生活改善が必要となります。いずれにせよ、早い段階での対処が有効なので、きちんと犬の様子に配慮しましょう。

犬が感じるストレスの種類と原因

犬が感じるストレスとしては、具体的にどのような種類があるのでしょうか。種類とともに原因についてもしっかり理解しておくことが大切です。ここでは、犬が感じるストレスの種類と原因について説明します。

心理的ストレス

犬は心理的にさまざまなストレスを抱えることがあります。たとえば、不安・緊張・孤独といったネガティブな感情からストレスを感じることも少なくありません。また、家族が増える場合にもストレスを感じることがあります。家族とは、人だけでなく新しい犬が仲間入りすることも含みます。加えて、飼い主である家族の仲が悪い場合も、犬はストレスを感じることがあります。さらに、犬にとっては、暮らす環境が変わったり引っ越ししたりすることもストレスの原因となることを押さえておきましょう。犬は意外と繊細な一面も持っているため、心理的な負担を与えないようにすることを意識してください。

身体的ストレス

犬は身体的なストレスを感じることも多いです。たとえば、暑さや寒さも度が過ぎるとストレスになります。犬を外で飼っている場合は特に注意が必要です。さらに、空腹を感じる際にもストレスが発生します。加えて、犬にとっては運動不足も大きなストレスです。ただし、過度な運動をした場合には疲労によるストレスも発生します。体の不調がストレスとなることもあるため、きちんと定期的に犬の様子をチェックするようにしてください。

犬のストレスサイン

犬はストレスを抱えると、さまざまなサインを発します。そのサインとしては、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。犬のストレスサインは多種多様です。ここでは、犬のストレスサインの具体例について紹介します。基本的なものを紹介するので、まずはこれらをしっかり把握するようにしましょう。

震える

寒い気温ではないのにも関わらず犬が体を震わせる場合、恐怖や不安を感じています。特に体を縮めながら震えている場合は、強い恐怖を感じている証拠といえます。安全な状況であれば、優しく声をかけて安心できるようにしてあげましょう。安全な状況だと犬自身が理解できれば、ストレスサインは自然と消えるはずです。

尻尾を下げる

尻尾を下げる行動も、震えと同じく恐怖や不安を示すストレスサインです。他にも犬が固まって動かない場合は、恐怖を感じている可能性があります。優しく接することで安心できる環境を整えてあげるとよいでしょう。

あくびをする

犬があくびをする場合、退屈であったり眠かったりすることも多いです。ただし、犬は興奮しているときにあくびをすることもあります。相手に対して敵意を感じているケースもあります。退屈さや眠さがあるには不自然と考えられる場合、このようなストレスを犬が感じている可能性があります。あくびが多い場合は、気持ちを落ち着かせるための対策が必要でしょう。

舌を出してハアハアしている

犬は舌を出してハアハアと呼吸する場合があります。これをパンティングとよびます。パンティングをしている場合、ストレスを感じて葛藤している可能性があります。リラックスできる環境を整えてあげるようにしましょう。

何度も行ったり来たりを繰り返す

犬は何度も同じ場所を行ったり来たりすることもあります。これもストレスサインのひとつです。うろうろして落ち着きのない様子が感じられるので、ストレスサインとして気が付きやすいでしょう。無理に辞めさせようとすると、かえってストレスが増える可能性があるので注意が必要です。根本的な理由を探し、それを解消することでストレスサインを消すほうがよいでしょう。

ストレスが及ぼす犬への悪影響

犬にとってのストレスは、どのように悪影響となるのでしょうか。ここでは、ストレスが及ぼす犬への悪影響について説明します。

ストレスを放っておくことで悪影響を及ぼす

犬のストレスは、日常的に少なからず発生するものです。人も完全にストレスをゼロにするのは難しいですよね。ただし、犬のストレスを放っておくことはとても危険です。犬のストレスを放置すると悪い影響につながる恐れがあるので注意しましょう。

具体例

犬のストレスは、具体的にどのように悪影響となるのでしょうか。たとえば、犬のストレスを放っておくと、攻撃行動をとることもあるので注意が必要です。ひどい場合には人がケガをする危険性もあるでしょう。また、犬のストレスは、犬自身の食欲不振や下痢・嘔吐などの体調不良につながるケースもあります。さらには、脱毛が起こることもあるので要注意です。

犬のストレスサインを見逃さないようにしよう

犬のストレスサインを見逃さないようにしよう

犬のストレスサインは日常的に表れることがあります。何気ないしぐさのようにも思えますが、場合によっては犬にとっての問題を示しているケースもあります。犬のストレスを放置していると、大きな問題につながる恐れがあるので要注意です。犬のストレスの原因を早めに改善できれば、トラブルを防ぐことにもつながるでしょう。犬のストレスサインとしてはたくさんの種類があります。そのため、すべてを事前に覚えるのは難しいかもしれません。しかし、ある程度の意味を知っておけば、何か気になる行動が見られるときにチェックしやすくなります。犬は些細なことにも敏感に反応する可能性があるので、油断は禁物です。とはいえ、普段から犬とコミュニケーションをしっかり取っていれば、異常にもすぐに気が付けるはずです。日ごろから犬の様子に気を配り、ストレスサインを見逃さないように気を付けましょう。

犬猫ストレスケアを学ぶなら

犬猫ストレスケア通信講座

SARA の犬猫ストレスケア資格講座は 2 種類の犬猫ストレスケア資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


犬猫ストレスケアに関する記事一覧

犬猫ストレスケアについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
犬猫ストレスケア基本コース
犬猫ストレスケア資格を目指す!
犬猫ストレスケア人気講座
犬猫ストレスケア資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

犬猫ストレスケアプラチナコース
犬猫ストレスケア資格を楽に取得!!
簡単資格取得
犬猫ストレスケア資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

犬猫ストレスケア資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

犬猫ストレスケア資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座