• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > 犬猫ストレスケア資格取得講座 > 犬のストレス解消法について

犬猫ストレスケアに関するコラム

犬猫ストレスケア資格取得の通信教育講座

犬もストレスがたまる!犬のためのストレス解消法を紹介

犬もストレスがたまる!犬のためのストレス解消法を紹介

自由に過ごしているように見える犬も、実はストレスがたまることがあるのを知っていますか。犬はさまざまなニーズをもっており、最低限のニーズを満たせないと大きなストレスを感じてしまいます。愛犬がストレスを抱えてしまうのは、なるべく避けたいですよね。犬のストレスを解消するには、どうしたらいいのでしょうか。

今回は、犬のためのストレス解消法を紹介します。知らず知らずのうちに犬にストレスがたまってしまうこともあるので、犬のストレスの状況にはこまめに配慮しましょう。

犬が求める基本ニーズ

犬は、そもそもどのようなニーズをもっているのでしょうか。犬は話すことこそできませんが、それぞれさまざまなニーズをもっています。ここでは、犬が求めている基本ニーズについて確認します。犬のストレスを知るために理解しておいたほうがよい部分なので、しっかり確認しておきましょう。

安全な生活

犬は、基本的に安全な生活をしたいと考えています。具体的には、生命を維持するため、安眠や休息をとることができ、十分な食事を得られる状態です。安全な生活を維持できるということは、犬にとって大きな安心感となります。

遊び

犬は安全に生きること以外にも、遊びたいという気持ちをもっています。犬は、本能的に体を動かすことを求めています。また、探究心ももっており、さまざまなことに興味をもつのです。そのため、単に生命に危険がないだけではなく、いろいろな楽しみを求めているといえます。犬がストレスなく過ごすためには、適度な遊びを取り入れることもとても重要です。

犬がストレスを感じること

では、犬はどのようなときにストレスを感じるのでしょうか。犬がストレスを感じる状況はいろいろあります。ここでは、犬がストレスを感じる場面について説明します。犬のストレスを少しでも回避してあげられるよう、犬のストレスの原因をしっかり理解しておきましょう。

犬の基本ニーズを満たしていない

犬がストレスを感じるのは、犬の基本ニーズを満たしていないときです。たとえば、空腹や運動不足になっていると、犬はそれだけでストレスを感じてしまいます。犬にストレスを与えないためには、犬の基本ニーズをしっかりと満たしてあげなければなりません。

生活環境が犬にとって最適ではない

犬は生活環境によってもストレスを感じるケースがあります。生活環境は、犬にとってとても重要です。たとえば、過ごす場所の明るさや音に加え、気温なども重要な要素となります。これらが犬にとって心地よい状態でなければ、犬はストレスを感じてしまいます。犬が落ち着いて過ごせるような環境を整えてあげる必要があります。

スキンシップが不足している

犬がストレスを感じることとしては、スキンシップ不足もあげられます。犬はコミュニケーションを大切にしているので、一緒に暮らす家族との触れ合いが少ないと、それだけでストレスを抱えてしまいます。家族が不仲であれば、そのことが犬のストレスにつながってしまうこともあるでしょう。さらに、犬を留守番させることが多かったり、留守番あたりの留守番の時間が長かったりすると、犬はスキンシップ不足を感じてしまいます。

犬のストレス解消法

犬がストレスを抱えてしまった場合、どのようにしてストレスを解消すればいいのでしょうか。犬のストレスを解消するためには、いくつか方法が考えられます。犬にストレスがたまっていそうなときには、それぞれに合った方法でストレスを解消してあげましょう。ここでは、犬のストレス解消法について説明します。

プライベートスペースを作る

犬のストレスを解消するためには、犬にとって快適な場所を提供することが大切です。犬が落ち着けるようなプライベートスペースを作ってあげるとよいでしょう。犬には安心できる場所や逃げ場所も必要です。環境はとても大切なので、犬が求める環境をしっかり整えてあげるようにしてください。

飼い主からのスキンシップを増やす

犬のストレス解消を促すには、飼い主からのスキンシップを増やすことも大切です。飼い主が構ってあげることは、犬にとってとても嬉しいことです。忙しくても時間を確保し、犬と触れ合う時間を作るようにしましょう。さらに、犬とスキンシップをとりながら、犬の変化や行動を観察することも重要です。そうすれば、いざというときにも、普段の様子との違いをすぐに察知できます。

運動させる

犬は運動不足のときもストレスを感じます。そのため、そのようなときには適度な運動をさせることも大切です。普段の散歩で十分な運動量を確保できていないような場合には、散歩の工夫もしてみたほうがよいです。たとえば、コースや時間をかえてみるとよいでしょう。また、新しいおもちゃを与えるのも効果的です。犬に対して刺激を与えることで、ストレスを和らげることができます。

実はストレスになるかもしれない注意行為

犬のストレスの原因としては、他にもいろいろなことが考えられます。犬はそれぞれ個性があるので、犬によって何をストレスと感じるかは異なる場合があります。そのため、犬のストレスを防ぐためには、犬の個体差を見極めることが大切です。ここでは、犬によってはストレスになる可能性がある行為について説明します。

放し飼い

犬は放し飼いにすることも珍しくはありません。しかし、犬によっては、放し飼いがストレスになることもあります。これは犬によっても異なることなので、犬の様子を見て判断する必要があるでしょう。放し飼いがストレスになるようであれば、他の飼育方法を検討する必要があります。

運動しすぎ

犬は運動が大好きです。散歩を心待ちにしている犬も多いでしょう。しかしながら、運動もやりすぎると犬にとってストレスとなる可能性があります。あまりにも運動量が多くなると、犬の体力がもたず疲れすぎてしまう場合もあります。犬に合った運動量を考え、運動しすぎにならないように注意したほうがよいでしょう。

世話の時間がいつも決まっている

犬の世話を毎日のルーティンに組み込んでいる人もいるかもしれません。しかし、犬によっては、世話の時間がいつも決まっているとストレスを感じてしまうことがあります。時間があるときはゆっくり犬のケアをしてあげるなどすれば、犬もストレスを感じにくくなるはずです。

犬のストレス解消法を実践しよう

犬のストレス解消法を実践しよう

犬がストレスをため込んでしまったときには、早めにストレス解消のための行動を起こしましょう。毎日の生活の中では、多少のストレスがたまってしまうのは仕方がないことでもあります。大切なのは、たまったストレスを早い段階で解消することです。ストレスがたまったままになってしまうと、ストレスを発散できず、深刻な問題につながる恐れもあるので注意が必要です。ストレス解消法といっても、今回紹介したように、特別なことを始める必要はありません。普段犬と接する中で、ちょっとしたことに気を付ければ、十分犬のストレスを解消するのに役立ちます。愛犬にストレスをためないようにするためには、飼い主の協力が必要不可欠です。ちょっとした心がけ次第で、犬のストレスを抑えることもできます。犬のストレスについて理解を深め、犬が快適に過ごせるような環境や状況を整えてあげましょう。

犬猫ストレスケアを学ぶなら

犬猫ストレスケア通信講座

SARA の犬猫ストレスケア資格講座は 2 種類の犬猫ストレスケア資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


犬猫ストレスケアに関する記事一覧

犬猫ストレスケアについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
犬猫ストレスケア基本コース
犬猫ストレスケア資格を目指す!
犬猫ストレスケア人気講座
犬猫ストレスケア資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

犬猫ストレスケアプラチナコース
犬猫ストレスケア資格を楽に取得!!
簡単資格取得
犬猫ストレスケア資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

犬猫ストレスケア資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

犬猫ストレスケア資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座