• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > 犬猫ストレスケア資格取得講座 > 猫のストレスサインについて

犬猫ストレスケアに関するコラム

犬猫ストレスケア資格取得の通信教育講座

猫のストレスサインって?ストレスの原因をしっかり見極めよう

猫のストレスサインって?ストレスの原因をしっかり見極めよう

猫がストレスを感じた場合、どのような反応を示すのでしょうか。猫は意外とデリケートなので、さまざまな場面でストレスを感じる可能性があります。ストレスを感じる場面を完全に防ぐのは難しいですが、ある程度なら対処することが可能です。

今回は、猫のストレスサインについて、さまざまなものを説明します。猫がストレスを感じてしまったときに対処法についても触れるので、猫のストレスについて知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

猫のストレス

猫はのんびりとしている印象がありますが、猫も人間のようにストレスを感じることがあります。そのため、猫を飼うときはそのストレスについても基本的なところを理解しておくことが大切です。猫がストレスを感じてしまうと、情緒不安定になってしまいます。また、場合によっては生活習慣が変わることもあるでしょう。さらに、病気になってしまうこともあるので注意が必要です。

猫がストレスを感じる原因

猫がストレスを感じる原因としては、具体的にどのようなことがあげられるのでしょうか。猫がストレスを感じる原因は、ひとつではなく複数が考えられます。ここでは、猫がストレスを感じる原因について、具体例をみてみましょう。

知らない動物や人間との距離が近い

猫は知らない動物や人間との距離が近いとストレスを感じてしまいます。たとえば、来客の頻度が多い場合は猫がストレスを感じやすいです。さらに、家に新しい動物が増えたタイミングでも、猫はストレスを感じることがあります。加えて、子供が産まれて家族が増えたときにも、猫はそれまでとの違いに不安を感じることがあります。

大きな音や甲高い音が頻繁に鳴る

猫は音によってもストレスを感じることがあります。大きな音や甲高い音が頻繁に鳴る場面には注意が必要です。特に雷や花火のような音には注意しましょう。また、工事の音にも猫は驚いてしまうことがあります。加えて、子供の遊び声や家族の喧嘩の物音にストレスを感じてしまう場合もあるでしょう。日常的なチャイムや掃除機などの大きな音にも注意が必要です。猫は、大きな音や耳につく音には敏感に反応するので、普段から気を使ってあげましょう。

いつもと生活環境が違う

猫はいつもと生活環境が違う場合にもストレスを感じます。たとえば、いつもよりも留守番が長いと、不安からストレスを感じることがあります。ペットホテルに預ける期間が長い場合も同じようにストレスを感じる可能性があります。また、動物病院を受信する際も、猫は大きなストレスを感じやすいです。加えて、車や電車での長時間の移動にも注意しなければなりません。引っ越しをして環境が変化した場合も、しばらくの間はストレスがたまりやすい状況となります。

生活環境がよくない

猫は生活環境がよくないと、ストレスを感じやすくなります。たとえば、トイレが清潔でなかったり、食事の量が少なかったりすると、猫はそれらのことをストレスに感じてしまうでしょう。また、飼い主が必要以上に起こると怖いと感じてストレスになってしまいます。さらに、他にも同居動物がいる場合、仲が良くないとストレスの原因となります。

猫がストレスを感じている時の行動・サイン

猫がストレスを感じているかどうかは、どのようにして見極めたらいいのでしょうか。猫のストレスは行動やサインから読み取ることが可能です。ここでは、猫がストレスを感じている時に行動やサインについて紹介します。

顔の変化

猫はストレスを感じると顔つきが変化することがあります。たとえば、耳を伏せていたり、瞳孔が開いたりしている場合、ストレスを感じている可能性があります。呼吸が早い場合もストレスがある可能性があります。

行動の変化

猫はストレスによって行動を変化させることも多いです。 その場で固まってしまったり、隠れて出てこなかったりする場合は、ストレスを抱えている可能性があります。加えて、爪とぎの回数が多かったり、おこなう範囲が幅広かったりする場合もストレスが原因となっている恐れがあるので注意が必要です。

食欲や排せつの変化

猫はストレスによって食欲が落ちることも珍しくはありません。異物を食べてしまうこともあるので要注意です。他にも、排せつ回数が減ったり、尿マーキングが増えたりすることがあります。

ストレスが関連している可能性のある症状

猫のストレスは病気にも関係することがあります。たとえば、頻尿や膀胱炎など泌尿器系の症状があげられます。さらに、嘔吐や下痢などの消化器系の症状も関係しているといえます。他にも心因性脱毛症や免疫力の低下が関係することもあるので、注意が必要です。病気が疑われる場合には、直ちに動物病院へ相談するようにしましょう。

猫にストレスを与えないためにできること

猫にストレスを与えないようにするには、具体的にどうすればいいのでしょうか。猫によってもストレスの感じやすさは異なりますが、いろいろとできることがあります。ここでは、猫にストレスを与えないためにできることを紹介します。

生活環境を整える

猫のストレスを減らすためには、トイレを清潔にするところから始めましょう。猫はきれい好きなので、トイレが汚いと大きなストレスにつながりやすくなります。さらに、キャットタワーを設置して高い場所を用意するのもおすすめです。キャットタワーでなくても、棚などがあれば猫が自分で登ることができます。また、休息場所は適度に狭くしたほうが、猫が落ち着きやすいです。

良好な関係を築く

猫にストレスを与えないようにするためには、良好な関係を築くことが大切です。同居家族や動物たちと仲良く暮らすことで、猫のストレスの原因を減らせます。一緒に遊ぶ時間を充実させたり、人と触れ合う時間を意識的に確保したりするとよいでしょう。

ストレスサインが強く出ている場合は?

気を付けていても、猫はストレスを感じてしまうことがあります・その場合は、迷わず獣医師に相談して行動治療を始めることが大切です。猫のストレスを放っておくと、治療がより難しくなってしまう恐れもあるので注意が必要です。専門家の判断に従い、適切な対処をしてあげましょう。

猫のストレスサインをしっかり察知しよう

猫が留守番で感じるストレスって?対策を詳しく紹介!

猫にストレスがたまると、さまざまなかたちでストレスサインが表れます。猫にストレスがたまってしまったときには、なるべく早めに適切な対処をすることが大切です。環境を整え、猫がストレスなく暮らせるようにしてあげましょう。加えて、猫が抱えるストレスの度合いが激しい場合は、獣医師に相談することも必要です。動物は自分自身の体調不良を上手く表現できるわけではありません。そのため、万が一のことも考えて慎重に対処してあげたほうがよいでしょう。

また、猫のストレスは日常的に発生するものなので、日常的にストレスを防ぐ対策も重要となります。猫のストレスを防ぐには、日々しっかりと対策してあげることが求められます。人にとっては些細な違いでも、猫にとっては決定的な違いとなることもあるので注意が必要です。猫に対するちょっとした気遣いが猫のストレスを軽減することにつながります。猫のストレスサインをしっかりと察知してあげられるように、飼い主側も準備を整えておきましょう。

犬猫ストレスケアを学ぶなら

犬猫ストレスケア通信講座

SARA の犬猫ストレスケア資格講座は 2 種類の犬猫ストレスケア資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


犬猫ストレスケアに関する記事一覧

犬猫ストレスケアについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
犬猫ストレスケア基本コース
犬猫ストレスケア資格を目指す!
犬猫ストレスケア人気講座
犬猫ストレスケア資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

犬猫ストレスケアプラチナコース
犬猫ストレスケア資格を楽に取得!!
簡単資格取得
犬猫ストレスケア資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

犬猫ストレスケア資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

犬猫ストレスケア資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座