講座で学ぶ知識~犬猫ストレスケアとは~

犬猫ストレスケア 基本コース / プラチナコース

講座で学ぶ知識

無駄吠えの原因は不安、恐怖、緊張


犬は本来意味もなく吠えたてることはありません。犬が吠えるという事は都度何等かの欲求があるからです。子犬の頃は空腹、不安、寂しさ、遊びの催促など自身の欲求の度に鳴き、飼い主を呼び寄せます。しかし成長と共に生活リズムを覚え、多少の事では鳴くこともなくなっていきます。このような習性をもつはずの犬ですが、中には飼い主不在の自宅で長時間鳴き続け、近隣トラブルを引き起こすことがあります。飼い主が不在のため、鳴き止ませる手段がない上に、飼い主自身が状況を把握できていない場合が多く、問題が発覚した時点で近隣との関係性は深刻な状態になりがちです。このような問題が起こる背景には「不安」「恐怖」「飼い主の呼び寄せ」「警戒」「攻撃」があります。いずれも犬にとってマイナス要素ばかりです。このような状態が飼い主不在の状況で毎日、数時間続くのですから犬のストレスも相当なものだと想像できます。この問題を解決するには飼い主不在中の犬の過ごし方を改善する必要があります。多くの家庭では留守中の犬を室内で自由に行動させています。広い自宅で自由気ままに過ごすことが犬にとって快適だと誤解しているためです。しかしこの配慮がかえって犬の精神状態を追い詰めています。犬が安心して留守番をして静かに飼い主の帰宅を待つためには、サークルやケージを使い行動範囲を制限することが適しています。この誤解を解消することで犬の問題行動を解決できます。


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ