• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > 猫の育て方資格取得講座 > 猫に与えるご飯の量について

猫に関するコラム

猫資格取得の通信教育講座

猫に与えるご飯の量は?適量の計算方法や与え方って?

猫に与えるご飯の量は?適量の計算方法や与え方って?

猫にご飯を与えるときは、適量を用意することが大切です。ご飯の量が適量でないと、猫の体調に変化が出てしまう恐れもあります。食事は毎日の積み重ねであるため、日常的に気を付ける必要があります。とはいえ、ポイントを押さえて食事を用意してあげれば、大きな問題につながることはありません。まずはポイントをしっかり押さえるようにしましょう。

今回は、猫に与えるご飯の量についての計算方法やご飯の与え方について説明します。猫のご飯の量に悩んでいる場合は、ぜひ参考にしてみてください。

猫のご飯を適量与えるべき理由

そもそもなぜ猫のご飯は、適量与えるべきなのでしょうか。猫のご飯の量について考えるためには、根本的な部分についても理解しておくことが大切です。ここでは、猫のご飯を適量与えるべき理由について説明するので、しっかり押さえておきましょう。

健康維持のため

猫のご飯を適量与えるべき理由としては、まず健康維持のためという理由があげられます。ご飯の量が少なければ、猫の体調を維持ことができない可能性があります。また、食べ過ぎになってしまった場合でも、猫の体には悪影響が出るでしょう。健康を維持するためには、適度な量の食事が必要不可欠です。人間も食事が健康の基本であるように、猫にとっても食事は重要です。ただし、健康維持のために必要な食事量は猫によって異なるため、それぞれに適した量を用意することが大切だといえます。

肥満防止のため

猫のご飯を適量にする必要があるのは、肥満を防ぐためでもあります。過度に大量の食事をとり続けていると、見た目にも分かるほど明らかな肥満になってしまうでしょう。猫の種類にもよりますが、あまり体が大きくなるとたくましい印象が強くなり、猫のかわいらしい見た目が損なわれてしまう恐れもあります。さらに、猫が肥満になってしまうと、さまざまな病気のリスクにつながる恐れがあります。見た目の問題以上に、病気のリスクは重大な問題です。猫自身がつらい思いをすることはもちろん、病気になればその分治療費もかかるためデメリットが大きいです。適量の食事を与えることで肥満を防げば、そういった危険を回避することができます。

猫に与えるご飯の量はどうやって決める?

では、猫に与えるご飯の量はどのようにして決めたらいいのでしょうか。適量と言われても、それを具体的に判断するのはなかなか難しいと思いますよね。そこでここでは、猫に与えるご飯の量について、適切な決め方を紹介します。猫に与えるご飯の量で悩んでいるなら、ここで紹介する方法を参考にしてご飯の量を決めてみてください。

まずは猫の理想体重を知ろう

ご飯の量を決めるときは、猫の理想体重を把握することが大切です。理想体重の算出方法は、少し複雑ですが、覚えておくと役に立ちます。理想体重を出すときには、ボディー・コンディション・スコア(BCS)を利用します。ボディー・コンディション・スコアは、体重によって数段階の指標に分かれています。

一般的なご飯の量の算出方法

一般的な猫のご飯の量を算出するときは、まず安静にしている状態で必要なエネルギー量を算出するところから始めます。そして、そのエネルギー量に対して決められた数値を掛ける合わせることで、猫のご飯の量を計算することができます。

猫のご飯を適量与える方法

猫のご飯を与えるときは、どのようにしたらいいのでしょうか。適量が把握できても、ご飯の与え方を間違ってしまうと、健康にいい状態を保ちにくくなってしまいます。ここでは、猫のご飯を適量与える方法について説明します。猫にご飯を与えるときはぜひ参考にしてみてください。

ご飯の回数

猫にご飯を与える場合、成猫なら1日2回を目安にしましょう。また、生後3ヶ月までの子猫については、1日5~6回程度に分けてご飯を与えたほうがいいです。その後、生後3ヶ月以上になったときには、1日2〜3回程度にしても構いません。なお、猫はもともと食事を少量ずつとる動物であるため、可能なら5~6回に分けて食事を与えても問題ないです。1日中猫の面倒を見ることができるようなら、1日5~6回程度に食事を分けてもよいでしょう。

ご飯の内容

猫にご飯を与えるときは、猫の年齢に応じたものを用意することが大切です。年齢によって食べられるものは異なるため、きちんと猫の体に合わせたものを用意してあげましょう。なお、大人になった猫でもあげてはいけないものがあります。たとえば、塩分の多いものやネギ類は、猫に与えてはいけません。そういったものを与えてしまうと、猫が体調を崩す原因になりうるので、十分に注意しましょう。

猫にご飯を与える時の注意点

猫にご飯を与える時は、いろいろと注意する必要があることがあります。猫にご飯を与える時はどのような点に注意すればいいのでしょうか。ここでは、猫にご飯を与える時の注意点について説明します。猫にご飯を与える時は、しっかりと気を付けるようにしましょう。

ご飯を変える場合は徐々に慣らしていく

猫に与えるご飯を変えるときは、いきなりまったく違うものにするのはやめましょう。基本的には、少しずつ与えて鳴らしていくことが大切です。そのため、猫のご飯を変えたい場合は、計画的に対応する必要があります。猫がスムーズに食事の変更に慣れることができるよう、飼い主も工夫するようにしましょう。

ボディー・コンディション・スコアを参考にする

猫の食事を決めるときは、ボディー・コンディション・スコアが重要です。ボディー・コンディション・スコアは、猫の体調を管理する上での重要な目安となります。そのため、ボディー・コンディション・スコアを参考にして、食事の回数や量の調整をするようにしましょう。ただし、数字だけにとらわれるのではなく、猫自身の様子にもしっかりと配慮することが大切です。

猫には適量のご飯を与えるようにしよう

猫には適量のご飯を与えるようにしよう

猫には適量のご飯を与えることが大切です。ご飯の量は、健康的な毎日を実現できるかどうかを大きく左右する要因になります。猫自身で食事の量を意図的に管理することはできないので、飼い主がしっかりと管理してあげるようにしてください。ご飯の適量には目安があるため、まずは体重や年齢などを参考にして適切なご飯の量や内容を用意しましょう。ご飯の量や内容がこれまでと変わる場合は、いきなり変更するのではなく、猫の様子に合わせて少しずつ変えていくことが求められます。いきなりご飯の様子が変わってしまうと、猫も驚いてしまうでしょう。それがストレスになってしまうこともあるので、十分注意が必要です。

確かに、猫がかわいいとついたくさんのご飯を与えがちになります。猫は日ごろの生活の中で動きまわるため、もちろんその中でカロリーは消費されていくでしょう。とはいえ、人間と同じで、あまり多過ぎる量の食事をとっていると、肥満になってしまう可能性があります。肥満になると見た目がたくましくなることはもちろん、猫の健康にも大きな害が及ぶ可能性が高いです。ご飯の量を調整するのは猫自身のために必要なことであると、きちんと理解しましょう。そうすれば、猫に適した食事量を用意することができるはずです。猫には適量のご飯を与えるようにし、猫が食事を通して健康になれるようサポートしていきましょう。

猫を学ぶなら

猫通信講座

SARA の猫資格講座は 2 種類の猫資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


猫の育て方に関する記事一覧

猫についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
猫の育て方基本コース
猫の育て方資格を目指すコース!!
猫の育て方人気講座
猫の育て方資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

猫の育て方プラチナコース
猫の育て方資格を楽に取得!!
簡単資格取得
猫の育て方資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

猫の育て方資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

猫資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座