• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > 猫の育て方資格取得講座 > 猫の留守番

猫に関するコラム

猫資格取得の通信教育講座

猫に留守番はできるの?ポイントや準備の仕方をマスターしよう

猫に留守番はできるの?ポイントや準備の仕方をマスターしよう

猫を飼っていても、ときには猫を家に残して出かけなければならないことがあります。猫はどの程度なら留守番することができるのでしょうか。何泊も家に猫を残すことになると、やはり不安が強くなりますよね。猫を家に残す場合は、しっかりポイントを押さえて準備をしなければなりません。

今回は、猫に留守番をさせたいときに押さえておきたいポイントや準備の仕方について説明します。猫に留守番をさせたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

猫は留守番ができるのか

「そもそも猫は留守番ができるのか?」と疑問に思っている人もいるかもしれません。とはいえ、成猫であれば、基本的には留守番をさせても問題はないです。もちろん、個々の性格によっては留守番が難しい場合もあります。猫に留守番をさせるときは、その子の性格もきちんと見極めたうえで、どの程度なら大丈夫そうかしっかり見極めることが大切です。猫にストレスや不安を与え過ぎないよう、しっかりと配慮してあげるようにしましょう。

猫は何日まで留守番ができる?

留守番ができる猫の場合、何日程度まで留守番ができるのでしょうか。猫が留守番できるといっても、基本的には短期間のみです。ここでは、猫が留守番できる日数について確認しておきましょう。

一般的な日数

猫に留守番をさせる日数は、基本的に一泊までです。一泊であればどのような猫でも留守番できる可能性が高いといえるでしょう。留守番を何度もさせている猫であれば、慣れると2泊3日ほど留守番できるようになる場合もあります。2泊3日の留守番をさせたい場合は少しずつ練習させながら、本当に留守番ができるかどうか見極めておくことが大切です。いきなり2泊も留守番をするとなると、猫は混乱してしまう恐れもあるので注意しましょう。

長期の場合

猫の留守番は、どんなに長くても2泊3日が限度です。それ以上長い期間家を空けるときには、ペットホテルやペットシッターを検討したほうがいいでしょう。猫に長く留守番をさせるとなると、さまざまな危険が起こる可能性も高くなります。すぐに飼い主が助けられない状況では、猫に重大な問題が生じる恐れもあるので注意が必要です。近くにペットホテルやペットシッターの施設がないか調べてみましょう。

留守番をさせるときの準備や注意点

猫に留守番をさせるときは、いろいろと準備が必要です。家を空ける間、猫が問題なく生活できるように環境を整えて揚げなければなりません。家を出てから気が付いても遅いので、必要なことを事前にしっかり確認して準備しておくようにしましょう。ここでは、猫に留守番をさせるときの準備や注意点について説明します。

部屋の室温

猫に留守番をさせるときは、部屋の室温に注意しましょう。特に真夏は熱中症に気を付けなければなりません。エアコンをしっかり効かせるようにしてください。猫がエアコンを踏んで運転をとめてしまうことがないよう、リモコンは猫が触れられないところへしまっておくことも大切です。また、冬もエアコンで暖房をつけるようにして、適切な温度を保つようにしましょう。飼い主が家にいない間にストーブをつけておくと危険なので、エアコンを利用するのがおすすめです。寒さがひどいときでも猫が安心して過ごせるよう、毛布や布団などを用意することも忘れないようにしてください。

準備すること

猫に留守番をさせるためには、他にも準備することがたくさんあります。まず、餌の用意は必須です。家を空ける日数に合わせて餌を用意しましょう。時間になると餌が自動で出る便利な餌台もあるため、何度も留守番をさせなければならないようなら、そういったものを用意すると便利です。水は必ず給水器で用意するようにしてください。また、トイレは複数用意するようにしましょう。

猫に留守番をさせるときの注意点

猫に留守番をさせるときには、注意しなければならないことがあります。必要な物だけをそろえても、注意点をしっかり理解して行動しなければ準備は不十分です。猫が留守番をしているときに何か問題が起きたりしないよう、細心の注意を払う必要があります。猫に留守番させるときの注意点を理解して、猫の安全を守れるようにしましょう。ここでは、猫に留守番をさせるときの注意点を説明します。

危険なものは届かない位置へ

猫にとって危険なものは、届かない位置に移動するようにしましょう。猫は飛び移ることもできるため、危険なものをテーブルの上に置いておくのもよくありません。戸棚や引き出しの中など、簡単に取り出せない場所に移動することをおすすめします。また、猫が飛び移ると倒れてしまうようなものも撤去しておきましょう。人がいない中では、猫はいつもと違った行動をとる可能性もゼロではありません。普段は大丈夫だからと過信せず、しっかりと家の中の様子を点検する必要があります。

戸締まりをしっかりする

当然のことですが、猫を留守番させるときはしっかりと戸締りを確認しましょう。人が出入りできないような小さな窓であれば、開いていても泥棒などに入られることはありません。しかし、猫ならそういった部分から外に出ていってしまう可能性があります。いつも家の中にいる猫の場合、誤って外に出てしまって帰ってこられなくなることもあります。小さな窓も含め、戸締りには十分に気を付けてください。

分離不安がある猫には少しずつ慣れさせる

猫によっては分離不安が見られることもあるでしょう。その場合は、少しずつ慣れさせたうえで留守番をさせることが大切です。短い外出時の留守番から始めて、少しずつ長い時間の留守番ができるようにさせましょう。飼い主と離れて過ごすことに慣れてくれば、1泊程度の留守番ならできるようになる可能性があります。もちろん、無理は禁物なので、ちょっとずつ様子を見るようにしてください。

猫に留守番をさせられるのは基本的に一泊!

猫に留守番をさせられるのは基本的に一泊!

猫が留守番できるのは、基本的に1泊だと思っておきましょう。猫によっては2泊3日まで留守番できる場合もありますが、最初は1泊が基本です。留守番は飼い主にとっても不安が大きいことですが、1匹だけで残された猫にとっても大変なものでしょう。特に最初のうちは、不安で辛く感じてしまうかもしれません。特に飼い主に甘えるのが好きな猫にとっては、大きなストレスとなります。猫に留守番をさせるときは、そういったことも理解しておきましょう。留守番の回数はなるべく少なくし、頻度も押さえるに越したことはありません。

そのうえで、どうしても留守番が必要なときは、万全の環境を整えてあげる必要があります。室温はもちろん、餌やトイレなど猫の生活に欠かせないものが不足しないようにしっかり準備をおこなってください。十分な量の飲み水の用意も重要です。きちんと生活に必要な環境が整っているのであれば、1泊くらいなら猫も乗り切ることができるでしょう。普段とは違うものを用意しなければならないときは、あらかじめに猫に教えてあげることも必要です。猫が困ってしまうことがないよう、細心の注意を払って猫のことを考えてあげなければなりません。また、家に帰ってきたときには、猫にしっかりと愛情を注ぎ、留守番してくれたお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。

猫を学ぶなら

猫通信講座

SARA の猫資格講座は 2 種類の猫資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


猫の育て方に関する記事一覧

猫についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
猫の育て方基本コース
猫の育て方資格を目指すコース!!
猫の育て方人気講座
猫の育て方資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

猫の育て方プラチナコース
猫の育て方資格を楽に取得!!
簡単資格取得
猫の育て方資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

猫の育て方資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

猫資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座