• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > 猫の育て方資格取得講座 > 猫の餌入れや餌台の高さについて

猫に関するコラム

猫資格取得の通信教育講座

猫の餌入れはどうやって選ぶ?餌台の高さをチェック!

猫の餌入れはどうやって選ぶ?餌台の高さをチェック!

猫の餌入れを選ぶときは、どのような基準で選ぶのがいいのでしょうか。猫の餌入れを選ぶときは、いろいろと気を付けたいポイントがあります。特に、猫の餌入れを選ぶときは高さが重要な基準となります。猫は毎日複数回食事をとるので、それぞれの猫に適した餌入れを用意してあげることはとても重要なことです。

今回は、猫の餌入れの選び方について説明します。高さについても具体的な目安を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

猫の餌入れ(餌皿)に高さは必要?

そもそも猫の餌入れには高さが必要なのでしょうか。猫の餌入れについて考えるなら、まずは高さの重要性について理解しておきましょう。ここでは、猫の餌入れに高さが必要なのかどうか説明します。

猫の食べる時の姿勢

当然ですが、猫が餌を食べるときは、皿に顔を近づけます。その場合、皿が床に置いてある状態であれば、猫は顔を下げて皿に顔を近づけなければなりません。その姿勢は飼い主から見ても、少し辛そうな体制に見えます。実際、猫が床の皿に顔を近づけているときは、少し辛いと感じているようです。猫に餌を与えるときは、高さを意識することで辛さを軽減してあげたほうがいいでしょう。

猫の餌入れ(餌皿)に高さが必要な理由

猫の餌入れに高さが必要な理由はいろいろとあります。たとえば、猫の餌入れにある程度きちんと高さがあれば、吐き戻ししにくくなるというメリットが得られるのです。また、猫の餌入れに高さがあると、関節への負担が軽減されます。これは見た目にも分かることです。加えて、猫の餌入れに高さを出すことができれば、猫は餌をこぼしにくくなります。無理のない姿勢で餌を食べられるので、猫にとっても負担が少なく感じられるでしょう。

猫の食事には餌台があると便利

ここで紹介したとおり、猫が食事をするときには餌入れにある程度の高さがあったほうがいいです。餌入れに高さを出すためには、餌台があったほうが便利です。猫に餌を与えるときは餌台を用意して、猫の負担を軽減してあげましょう。そうすれば、猫はスムーズに食事できます。

猫の餌台の高さはどうやって決める?

猫の餌台の高さはどのようにして決めればいいのでしょうか。猫の餌台の高さを決めるときは、ちょっとしたポイントがあります。ここでは、猫の餌台の高さの決め方について説明するので、餌台を選ぶときの参考にしてください。

理想的な高さは?

猫の餌台の理想的な高さはどれくらいなのでしょうか。猫の餌台は、首を曲げすぎない高さになるのが理想です。それは、猫が餌を食べやすい高さでもあります。平均的な餌台の高さは5〜8cm程度といわれています。平均値を参考にしつつ、猫の体の状態に合わせて餌台の高さを考慮するようにしましょう。

餌台の高さの決め方

猫の餌台の高さを決めるときは、最初に猫の餌の食べ方を観察しましょう。そして、実際に食べやすそうな高さを考えて調整することが大切です。実際に猫の食事のスタイルに合わせて微調整することで、その猫にとってベストな高さにすることができます。

高さ以外の猫の餌台を選ぶときのポイント

猫の餌台を選ぶときは、高さ以外にもポイントがあります。猫が餌をより食べやすいと感じられるようにするには、高さ以外の細かなポイントも網羅することが大切です。ここでは、高さ以外の猫の餌台を選ぶときのポイントについて紹介します。

餌台の素材の特徴を知る

猫の餌台には、さまざまな素材のものがあります。たとえば、ステンレス製やプラスチック製、陶器製などさまざまなものがあります。ステンレス製は壊れにくいですが、金属の独特の臭いやキラッとした反射が気になる猫もいるかもしれません。プラスチック製は軽く値段も安いですが、餌の臭いや汚れがとれにくいという部分もあります。加えて、陶器製は汚れも落ちやすく、安定感があります。ただし、陶器製は壊れると危険な面もあるので注意が必要です。

猫の顔より大きいものを選ぶ

猫の餌入れは、猫の顔よりも大きいものを選ぶようにしましょう。餌を食べるとき、猫は餌入れをのぞき込むような形になります。そのため、猫の顔よりも餌入れが小さいと、餌を上手く食べることができません。餌をすべてきちんと食べることができるよう、大きめの餌入れを用意しておきましょう。もちろん、大きすぎると猫にとって不便になるので、猫の顔の大きさを考慮して少し大きいくらいのものを選ぶことをおすすめします。

深さは3~5cm程度を目安に選ぶ

猫の餌入れの深さは3~5cmを目安にするのが基本です。あまり深さがあり過ぎると、猫が餌を上手に食べられなくなります。反対に餌入れが浅すぎると、猫が餌を周囲に落としてしまう可能性が出てきます。猫が食べやすく、周囲も汚れにくい餌入れを選びましょう。そうすれば、猫も飼い主にとっても、状況がスムーズになります。

できるだけ無地のものを選ぶ

猫の餌入れはできるだけ無地のものを選んだほうがいいです。特に猫の餌を入れる内側に模様がついていると、猫が餌を食べるときに気になってしまいます。模様が気になり過ぎて餌を食べるのを中断してしまうケースもあるため、要注意です。餌を食べているときに餌に集中できないとなると、猫にとってもストレスになります。十分な量の餌を食べられなければ、成長や健康にも影響する可能性があるため、十分気を付けましょう。そのためには、無地の餌入れを選び、猫が食事に集中できるようにしてあげたほうが安心です。

猫の餌入れや餌台はどこに売っている?

猫の餌入れや餌台はどこで売っているのでしょうか。猫の餌入れは、さまざまなところで販売されています。たとえば、ホームセンターやペットショップには、必ず餌入れや餌台があるでしょう。また、店頭でちょうどいいものが見つけられない場合は、ネット通販を利用するという手もあります。加えて、大きな100円ショップではペットコーナーがあり、猫の餌入れなどを購入できる場合もあります。猫に適した餌入れを選び、猫がスムーズに食事できるようにしてあげましょう。

猫の餌入れや餌台は高さに注意して選ぼう

猫の餌入れや餌台は高さに注意して選ぼう

猫の餌入れや餌台を選ぶときは、高さに注意が必要です。高さが合っていないと、猫は食事がしにくいと感じてしまいます。猫が餌をスムーズに食べるためにも、猫に適した餌入れや餌台を用意してあげるようにしましょう。そうすれば、猫は目の前の餌に集中し、無理のない姿勢で食事をとることができるでしょう。猫は毎日何度も食事をとるため、餌入れや餌台の高さに配慮してあげることはとても重要です。食事は猫にとっても健康の基本ですから、健康的な食事を継続できるように飼い主が意識してください。

なお、猫の餌入れや餌台の高さは、猫の成長に合わせて変える必要があります。大きくなればその分必要な高さは変わるため、猫にとっても最適な高さをいつも考慮してあげましょう。猫が成長したと感じるときは、しっかり猫の食事の様子を観察することが大切です。また、猫の餌入れや餌台の素材によっては、その猫に合わないこともあります。猫はそれぞれ性格が違うので、他の猫には問題ない餌入れでも、他の猫にとっては気になる場合もあります。それぞれの猫に適した餌入れや餌台を使用し、猫がスムーズに餌を食べられるようにしましょう。

猫を学ぶなら

猫通信講座

SARA の猫資格講座は 2 種類の猫資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


猫の育て方に関する記事一覧

猫についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
猫の育て方基本コース
猫の育て方資格を目指すコース!!
猫の育て方人気講座
猫の育て方資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

猫の育て方プラチナコース
猫の育て方資格を楽に取得!!
簡単資格取得
猫の育て方資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

猫の育て方資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

猫資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座