• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > ペットシッター資格取得講座 > ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブルについて

ペットシッターに関するコラム

ペットシッター資格取得の通信教育講座

ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブルって?

ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブルって?

ペットシッターとして働く場合、飼い主との関係の築き方が重要です。きちんとしておかないと、飼い主との間で大きなトラブルを引き起こす可能性もあります。ペットが好きでペットシッターになるなら、そういったトラブルはなるべく回避したいですよね。

今回は、ペットシッターと飼い主の間で起こりやすいトラブルについて説明します。ペットシッターとしてのトラブルを回避しながら働きたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ペットシッターを利用するメリット

ペットを飼っている人がペットシッターを利用するメリットとしては、どのようなことをあげられるのでしょうか。ペットシッターを利用すれば、他の方法に比べてもさまざまなメリットがあるとされています。ここでは、ペットシッターを利用するメリットについて、みてみましょう。

ペットホテルよりも安心できる

ペットシッターと似たサービスとしてよく比較されるものとして、ペットホテルがあります。ペットホテルは、専用の施設でペットを預かるためのサービスです。それに対してペットシッターは、シッターが直接自宅に出向きます。そのため、ペットシッターのほうがペットのストレスは少ないといわれています。いつもと同じ環境で過ごせることは、ペットにとっては安心するための重要なことなのです。

また、ペットホテルは他のペットとともに時間を過ごすことになるため、場合によっては他のペットからの病気感染の恐れもあります。ペットシッターであれば、そういった心配はないため、飼い主も安心してペットの世話を任せることができるでしょう。

さらに、ペットシッターなら飼い主がホテルまでペットの送り迎えをする必要もありません。店舗の営業時間に縛られずサービスを利用できるため、忙しい飼い主でも自分のペースに合わせて利用できます。

サービス内容が柔軟

ペットシッターはペットホテルに比べてサービスが柔軟だというメリットもあります。ペットシッターはそれぞれの飼い主のニーズに合わせてさまざまな対応ができます。たとえば、時間帯の融通がきくのはもちろん、老犬介護や子犬・子猫の預かりにも対応しています。さらに、緊急の対応も可能で、必要なときにすぐにサービスの提供を受けられます。加えて、病気やケガをしているペットに対して投薬や通院などの対応をおこなうことも可能です。

ペットシッター利用時の飼い主の不安

ペットシッターにはさまざまなメリットがありますが、その一方でペットシッターの利用に不安を感じている飼い主がいるのも事実です。ペットシッターに対しては、具体的にどのような不安を感じる飼い主が多いのでしょうか。

ペットシッターに対する不安としては、まずどのような人が来るのか不安だという飼い主が多いです。まったく知らない人を家の中に入れることになるため、セキュリティ面が心配になるというのは当然のことでしょう。ペットの世話に関係ない部分まで見られてしまったり、大切なものを盗られたりすることを気にする人もいます。また、そもそもきちんとペットの世話をしてもらえるのかどうかという点を疑問に感じる飼い主もいます。このような飼い主の不安を解消するためには、最初の打ち合わせの段階から誠実な態度を見せることが重要です。ペットのことをしっかり考えていることや、社会人としての常識が身についていることをきちんと示さなければなりません。それができれば、飼い主もシッターのことを少しずつ信用してくれるようになるでしょう。

ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブル

ペットシッターになった場合、飼い主とはどのようなトラブルが起こりやすいのでしょうか。ペットシッターと飼い主の間では、起こりやすいトラブルがある程度限定されています。そのため、ペットシッターになるなら、よく起こりやすいトラブルについてあらかじめ知っておいたほうが安心でしょう。ここでは、ペットシッターと飼い主の間で起こりやすいトラブルについて説明します。

主なトラブル

ペットシッターと飼い主の間に起こりやすいトラブルとしては、まず世話が不十分だということがあげられます。これは、ペットシッターと飼い主の認識の差によることも多いです。ペットシッターは真面目に世話をしたつもりでも、飼い主から見れば足りないと思えることもあります。こういった認識の差を生まないようにするためには、事前にしっかりと話し合いをすることが重要です。どのようなニーズがあるのかを詳しく理解するようにしましょう。

ペットシッターは、ペットのケガによってトラブルになることもあります。もちろん、ペットは常に動き回っているため、たまたまペットシッターが世話をしている最中にケガが起きてしまうこともあります。しかしながら、ペットシッターの世話によってケガが引き起こされたと感じてしまうため、大きな問題となることが多いです。

さらに、ペットシッターが不要なところまでの立ち入ってしまうことにより、トラブルにつながる場合もあります。たとえば、床に物が散乱している状況でそれをよかれと思って片付けた場合でも、飼い主にとっては他人に触られたくないものであるケースもあります。加えて、ペットシッターが来た後で物がなくなった場合、ペットシッターが盗難を疑われます。飼い主の勘違いによってトラブルが起こることもあるため、日頃から飼い主との信頼関係を大切にしたほうがよいでしょう。

トラブルを回避するにはどうしたらいい?

ペットシッターが飼い主とのトラブルを回避するためには、具体的にどのような対策をとったらいいのでしょうか。基本的には、まず信頼関係をしっかりと築くことが大切です。信頼関係ができていれば、大半のトラブルは回避できることも多いです。仮に問題が発生した場合でも、信頼関係がきちんとできていれば、大きないざこざに発展する可能性は低いです。

飼い主との信頼関係を築くためには、飼い主との事前打ち合わせやまめな報告が大切になります。また、実際にペットシッターの仕事に取り組むなかでも、細心の注意を払って業務をこなすことが求められます。たとえば、鍵の掛け忘れがないように徹底したり、散歩中にリードを離さないようにしたりなど、慎重な作業が必要になるでしょう。ちょっとした心がけにより、トラブルを防ぐことにつながるのです。

ペットシッターとしてのトラブルを回避して仕事に励もう!

ペットシッターとしてのトラブルを回避して仕事に励もう!

ペットシッターとして仕事をしていくのであれば、飼い主とのトラブルを防ぐ方法についてしっかりと理解しておく必要があります。そのためには、ペットシッターと飼い主の間で具体的にどのようなトラブルが起きているのか知ることが重要です。ペットシッターと飼い主の間に起こるトラブルは、信頼関係の問題により起きていることも少なくありません。そのため、まずはしっかりと飼い主とコミュニケーションをとることを重視してください。そのうえで、飼い主のニーズや要望をしっかりと汲み取ることが大切です。単に言葉をそのまま受け取るのではなく、言葉の裏側にある要望なども理解できるようになると、さらにコミュニケーションはとりやすくなるでしょう。ペットシッターとしてトラブルを回避しつつ、ペットの世話をしっかりと見られるようにすることが大切です。

ペットシッターを学ぶなら

ペットシッター通信講座

SARA のペットシッター資格講座は 2 種類のペットシッター資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


ペットシッターに関する記事一覧

ペットシッターについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ペットシッター基本コース
資格を目指すコース!!
ペットシッター
人気講座

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ペットシッタープラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ペットシッター資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ペットシッター資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座