• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > ペットシッター資格取得講座 > ペットシッターの仕事内容について

ペットシッターに関するコラム

ペットシッター資格取得の通信教育講座

ペットシッターの仕事内容は?やりがいや大変さとともにチェック!

ペットシッターの仕事内容は?やりがいや大変さとともにチェック!

ペットシッターとは、具体的にどのような仕事をしている人のことを言うのでしょうか。ペットシッターはやりがいのある仕事ですが、大変な部分もあります。とはいえ、魅力もたくさんあるため、ペットが好きな人にはおすすめの仕事です。

今回は、ペットシッターの仕事内容について詳しく説明します。ペットシッターとして働く場合のやりがいや大変さについても紹介するので、ペットシッターに興味をもっている人は、ぜひ参考にしてください。

ペットシッターとは?

そもそもペットシッターとは、どのような仕事のことを意味するのでしょうか。ペットシッターに興味をもっているなら、まずはペットシッターの基本的な仕事の定義について見ておきましょう。他の仕事との違いについても触れるので、しっかりチェックしてみてください。

基本的な仕事の定義

ペットシッターは、飼い主が不在になるときにその人の自宅へ行ってペットを預かる仕事です。ペットが不自由なく暮らせるようにするため、食事やトイレなどのお世話をします。また、散歩をしたり、室内遊びをしたりして、運動の手助けをおこなうことも多いです。

ペットホテルとの違い

ペットシッターは、ペットホテルに似た役割を果たします。ただし、ペットが過ごす環境が異なるという点にポイントがあります。ペットホテルの場合、ペットはいつも暮らしている家ではなく、ペットホテルという慣れない環境で過ごすことになります。そのため、ストレスが溜まってしまうことも珍しくはありません。一方、ペットシッターの場合は、シッターが自宅に行ってペットのケアをするため、ペットは普段どおりの生活をすることが可能です。ペットシッターのほうがペットにとっての負担が少ないと言えるでしょう。

ドッグシッター・ドッグトレーナーとの違い

ペットシッターにさらに似た仕事として、ドッグシッターやドッグトレーナーがあります。これらの仕事は、いずれも犬を専門にする仕事です。一方、ペットシッターはさまざまな動物を対象としています。そのため、うさぎ、熱帯魚、爬虫類、両生類などさまざまなペットの世話を頼まれることがあります。その分、さまざまな知識やスキルが必要になると言えるでしょう。

ペットシッターの仕事に必要なこと

ペットシッターの仕事をする場合、どのようなことが必要になるのでしょうか。ペットシッターは、さまざまなことをおこなう必要があります。ここでは、ペットシッターの仕事に必要なことについて詳しく説明します。

ヒアリング

ペットシッターになる場合、ペットについてさまざまなヒアリングをおこないます。まず、ペットの種類や大きさなどの基本に加え、性格や世話の時間や範囲についてもヒアリングをおこないます。ヒアリングの方法もそれぞれの場合によってさまざまです。電話やメールでだいたいの内容を聞きいておき、当日に詳しい打ち合わせをすることもあります。また、事前に一度面会をしておくケースもあります。

環境の把握

ペットシッターをおこなう場合、ペットが自宅で過ごす際の環境についても把握する必要があります。餌やトイレの決まりや普段の遊び方についても理解しておかなければなりません。さらに、住宅の間取りやカギの開け方に加えて、電気の付け方や空調機器の操作方法などもきちんと聞いておく必要があります。

その他

ペットシッターはほかにも業務を依頼されることがあります。たとえば、健康管理やしつけのトレーニングをお願いされることもあるでしょう。加えて、可能な場合はトリミングをおこなうこともあります。ペットの体調が悪い場合は、病院へ連れて行ったり、看病したりする可能性もあるでしょう。

ペットシッターの魅力・やりがい

ペットシッターには、具体的にどのような魅力ややりがいがあるのでしょうか。ペットシッターにはさまざまな魅力ややりがいがあるので、ここではそれぞれの基本的な部分について説明します。

魅力

ペットシッターの魅力は、なんと言ってもたくさんの動物に触れ合えることです。種類を問わず動物が好きだという人であれば、さまざまな動物と一緒に過ごす時間をもてます。また、ペットシッターは勤務時間もバラバラである事が多いため、自分のペースでのびのびと働けるのも魅力的です。

やりがい

ペットシッターは命を預かる仕事であり、責任が大きいです。とはいえ、だからこそ預かったペットと心を通わせられるという大きなやりがいもあります。困っている飼い主を助けられるというのも、やりがいとして捉えられる部分のひとつです。

ペットシッターの仕事の大変なところ

ペットシッターには大変な部分もあります。ペットシッターの大変なところとは、具体的にどのような点があげられるのでしょうか。ここでは、ペットシッターの大変さについて説明します。

飼い主との信頼関係が難しい

ペットシッターとして働く場合、飼い主とのコミュニケーションが必要不可欠です。というのも、ペットシッターは飼い主の家に入ることになるため、セキュリティ面について不安をもたれることも少なくないからです。ペットの世話に関係ない家の中の余計なものを見られるのではないかと心配している人もいるでしょう。また、ペットをきちんと世話してくれているのかどうか心配に思う人も少なくありません。そういった事情をよく理解して飼い主に向き合い、信頼関係をしっかりと構築することが大切です。そのためにも、事前のヒアリングのときから真摯な態度をとったほうがいいでしょう。

ケガの危険がある

ペットの世話をする場合、自分自身がケガをする恐れもあります。威嚇されたり、なかなかなついてくれなかったりする場合は、注意が必要です。噛み癖があるペットや、暴れるペットの場合は気をつけましょう。

忙しくなることもある

ペットシッターの需要は偏っていることもあります。たとえば、早朝や夕方に多く呼ばれたり、場合によっては長時間の依頼をされたりするケースもあるでしょう。特に土日や大型連休は依頼が入りやすいため、空けておく必要があります。

ペットシッターの働き方

ペットシッターとして働く場合、どのような働き方をすることが多いのでしょうか。ペットシッターの働き方はさまざまです。たとえば、派遣会社に登録する場合もあれば、企業・店舗に就職する場合もあります。雇用形態は正社員やアルバイトなどさまざまです。さらに、自分で開業してペットシッターの事業をおこなうこともできます。

仕事内容を理解してペットシッターを目指そう

仕事内容を理解してペットシッターを目指そう

ペットシッターになれば、さまざまなペットと触れ合う機会をもてます。ペットが好きな人にとっては、とても素敵な仕事だと言えるでしょう。もちろん、ペットを預かるということは、大きな責任もあることを理解しておかなければなりません。ペットのことをしっかりと理解して、短期間でも信頼してもらえるように務める必要があります。もちろん、飼い主との関係をしっかりと構築することも重要です。そのためにも、事前のヒアリングをしっかりとおこない、不安や疑問を解消してもらうようにしましょう。また、自分自身もその家の様子やペットについての情報をしっかり確認することが大切です。ペットシッターに興味があるなら、仕事内容を理解してペットシッターを目指しましょう。

ペットシッターを学ぶなら

ペットシッター通信講座

SARA のペットシッター資格講座は 2 種類のペットシッター資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


ペットシッターに関する記事一覧

ペットシッターについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ペットシッター基本コース
資格を目指すコース!!
ペットシッター
人気講座

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ペットシッタープラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ペットシッター資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ペットシッター資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座