• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > ペットシッター資格取得講座 > ペットシッターの需要について

ペットシッターに関するコラム

ペットシッター資格取得の通信教育講座

ペットシッターの需要は?さまざまなニーズについてチェックしよう

ペットシッターの需要は?さまざまなニーズについてチェックしよう

ペットシッターに対するニーズは高くなっていると言われています。それはなぜなのでしょうか。ペットを飼っている人はかなりたくさんいるため、ペットシッターの需要にも期待をもてるはずです。ペットシッターを目指すなら、ペットシッターの需要についてしっかりと確認しておきたいところです。

今回は、ペットシッターの需要について説明します。ペットシッターのニーズとともに説明するため、ペットシッターについて理解を深めたい人は参考にしてください。

ペットシッターの需要

ペットシッターには、どれほどの需要があるのでしょうか。ペットシッターになりたいという希望がある人にとって、ペットシッターの需要はとても気になることですよね。そのため、ここではペットシッターの需要について詳しく説明します。ペットシッターの需要がどの程度あるのかよく分からないという人は、ぜひここでペットシッターの需要について理解しておきましょう。

ペットの飼育数

ペットの飼育数は、とても多いのが現状です。具体的には、ペットの飼育数は20歳未満の人口を超えていると言われています。このように聞くと、かなりの数のペットが飼育されていることが分かるでしょう。もちろん、ペットをまったく飼っていない人や家庭も少なくありません。しかし、その一方でなかには1つの家庭で何匹ものペットを飼っている人もいます。高齢になり、ペットを生きがいにために飼っている人もいるでしょう。そのことを考えれば、ペットの飼育数は今後も増えていく可能性があると言えます。ペットに対する需要は今後も大きく見込むことができるため、ペット業界もさらに盛り上がっていくはずだと予測できます。

ペットシッターの需要増加の背景

ペットの飼育数が多いということは、その分、ペットシッターの需要も高いということにつながります。特に現代では一人暮らしをしている人も増加しています。核家族化が進んでいる中では、その人自身がペットの面倒を見ることができなくなると、他にペットの世話をしてくれる人がなかなか見つかりません。そのようなときは、まさにペットシッターが活躍する場面だと言えるでしょう。加えて、高齢になった人は、自分だけの力でペットの世話ができなくなってしまうこともあります。そのようなときには、ペットシッターが飼育のサポートを依頼されることも多いです。さらに、ペット自身が老齢化すると、世話が大変になることもあります。最近では、老犬ホームもできてはいますが、ペットと一緒に過ごすためにペットシッターに世話を依頼するケースもあります。

ペットの世話を依頼する場所としては、ペットホテルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかしながら、ペットホテルを利用する人は減少しているとも言われています。その理由としては、ペットホテルの減少が大きいと言えるでしょう。ペットホテルの減少については、次の段落で詳しく説明します。

ペットホテル減少の背景

最近では、ペットホテルが減少していると言われています。それはなぜなのでしょうか。ペットホテルの減少は、ペットシッターの需要の増加にも大きな影響をもたらしているといえるでしょう。ここでは、ペットが減少している背景について説明します。

トリミングサロンと併設のホテルが減少

ペットホテルは、トリミングサロンと併設されているケースが多いです。しかしながら、最近ではトリミングサロンにホテルが併設されるケースが少なくなっています。トリミングに特化したトリミング専門店が増加しているため、ホテルとして利用できる施設が減っているのです。その理由は、経営上の都合によるものである場合も多いです。ペットホテルの利用者が少なければ、ホテルを用意してもイメージ通りの利益を稼ぐことができません。そのため、ペットホテルの機能をなくしてトリミングサロンのみの運営をおこなうケースもあります。

ペットホテル利用者の減少

では、なぜペットホテルの利用者が減少しているのでしょうか。 ペットホテルは、ペットを預かってくれる施設なので、飼い主にとっては便利なサービスです。とはいえ、ペット自身にとっては、なかなかハードな場所ともいえます。ペットがペットホテルに預けられた場合、ペットは普段とは異なる環境で過ごすことになります。そのことが大きなストレスとなり、ペットが体調を壊すケースも珍しくはありません。そうなると、通院して診察を受けなければならなくなり、ペット自身にも大きな負担がかかってしまいます。大切なペットにそのような負担をかけるのは、飼い主としては避けたいと感じますよね。

また、ペットホテルを利用するとなると、飼い主にとっても少なからずデメリットがあります。まず、ペットホテルまでの送迎の面倒さがあげられます。ペットホテルが自宅から離れている場合、送迎に余計な時間がかかることになるでしょう。さらに、ペットホテルは開店・閉店の時間がそれぞれ決まっています。そのため、開店時間や閉店時間に間に合わないと、ペットホテルを余計に多くの時間利用しなければならなくなります。その結果、ペットの負担が増えるだけでなく、ペットホテルの利用料金もかさんでしまうでしょう。

ペットシッターのニーズの多様化

ペットシッターのニーズは多様化していると言われています。それば、さまざまな事情が発生しているからです。ここでは、ペットシッターのニーズの多様化について具体的に紹介するので、ぜひ参考にしてください。

旅行中の留守番サポート

ペットシッターは、飼い主の旅行中にペットの留守番をサポートすることが多いです。ペットシッターがいるおかげで、飼い主はペットのことを心配せずに旅行を楽しむことができます。ペットシッターは普段の環境を保ったままペットを預かることができるため、ペットに余計なストレスを与えることがありません。旅行に出かけることが多い人は、何度も同じペットシッターに依頼する可能性があります。

残業・出張による長時間留守番

仕事が忙しくてペットの世話ができない場合も、ペットシッターが利用されるケースがあります。残業や出張が多い人でも、ペットシッターを利用することで無理なくペットを飼うことができるのです。長時間家を空けることが多くても、日常的にペットシッターを利用していれば、ペットにも不便をかけなくて済みます。

飼い主の入院や通院による散歩代行

ペットシッターは、飼い主の入院や通院時にも活躍します。飼い主が自由に動けない場合でも、ペットシッターが世話や散歩を代行することが可能です。

ペットシッターには高い需要がある!

ペットシッターには高い需要がある!

ペットシッターは、高い需要がある仕事です。今後もペットシッターの需要は維持される可能性高いと言えるでしょう。さらには、今後はますますペットシッターに対する需要が増える予測をおこなうこともできます。ペットシッターの仕事に興味があるなら、いまのうちにペットシッターに必要な知識やスキルを身につけておいたほうがいいでしょう。そうすれば、ペットシッターとしてしっかりと活躍することができます。ペットシッターになれば、たくさんのペットとの触れ合いをもてるため、ペット好きな人には天職になる可能性も高いでしょう。ペットシッターの将来性を感じたら、ペットシッターを目指してみてはいかがでしょうか。

ペットシッターを学ぶなら

ペットシッター通信講座

SARA のペットシッター資格講座は 2 種類のペットシッター資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


ペットシッターに関する記事一覧

ペットシッターについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ペットシッター基本コース
資格を目指すコース!!
ペットシッター
人気講座

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ペットシッタープラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ペットシッター資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ペットシッター資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座