• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > ペットシッター資格取得講座 > ペットホテルの経営資格と開業資金について

ペットシッターに関するコラム

ペットシッター資格取得の通信教育講座

ペットホテルの経営資格は?開業資金について理解しよう

ペットホテルの経営資格は?開業資金について理解しよう

ペットが好きな人にとって、ペットに関わる仕事は憧れですよね。特にペットと1日中過ごすことになるペットホテルの開業は、それを自分の大きな目標としている人もいるでしょう。

ペットホテルを始めるには、どのような準備が必要なのでしょうか。今回は、ペットホテルを始めるために必要な準備について詳しく説明します。資金についても言及するので、ペットホテルを始めたいと思っている人は準備のための情報収集に役立ててください。

ペットホテルの開業に必要な準備

ペットホテルを開業する場合、さまざまな準備が必要です。ペットホテルでは一度にたくさんのペットを預かることになるため、準備が不十分であれば、大きな問題に発展することもあるでしょう。ここでは、ペットホテルの開業に必要な準備について網羅的に説明します。ペットホテルの開業を目指している人は、ひとつひとつしっかりと確認してください。

必要な資格の取得

ペットホテルを開業して始めるためには、動物取扱業の届出が必要となります。届け出をしていないと、大きな問題となってしまうため、事前にしっかりと準備を整えるようにしましょう。

資金の準備

ペットホテルを始めるなら、資金の準備も必要です。施設を用意したり、従業員を雇ったりする必要があるため、ある程度まとまった資金が必要になるでしょう。貯金が少ないのであれば、まずは貯金をしてお金を貯めることにより、資金を確保しなければなりません。

スタイルやサービス形態の決定

ペットホテルを運営するためには、スタイルやサービス形態も決定する必要があります。たとえば、ペットホテルの中には、トリミングやしつけのサービスをおこなっているところもあります。そういったサービスをおこなうかどうかも、事前にきちんと決めておかなければなりません。さらに、ケージでの管理が必要なのか、ケージレスにするのかについても考えておいたほうがいいです。加えて、ペットサロンやペットショップにペットホテルを併設するケースもあるため、そういった点を検討することも重要です。

経営形態

ペットホテルを開業する場合、経営の方法はさまざまです。たとえば、個人かフランチャイズかによっても、必要な準備や資金は変化します。さらに、ペットホテルを運営する場所が自宅なのかテナント物件なのかによっても、細かい手続きは変化するでしょう。これらについては、早い段階で決めておいたほうが準備をスムーズに進めやすいです。

マーケティング

ペットホテルを始めるなら、集客のためのマーケティングも欠かせません。まず、立地によって集客しやすさは変化します。さらに、近隣に飲食店がないことも重要で、それは鳴き声や臭いで迷惑にならないためです。ペットホテルならではの事情や条件を検討したうえで、どのような経営が望ましいのかについてもしっかりと検討を進める必要があるでしょう。

集客準備

ペットホテルの運営においては、いかに集客をおこなうかが重要な鍵となります。集客をするためには、入念な集客準備が必要不可欠です。たとえば、WebサイトやSNSなどを活用して集客をおこなうのも一般的になっています。また、地域にダイレクトに宣伝をおこないたいのであれば、チラシによる宣伝にも一定の効果が期待できるでしょう。そのようにして見込み客を確実に確保できれば、安定的に経営を維持できるはずです。なお、しっかりとした運営をおこない、飼い主にも満足してもらうことで、リピーターを獲得するのも重要な戦略のひとつだといえます。

料金設定

ペットホテルの運営では、料金設定も重要です。リピートしてもらうためには、高すぎるとよくありません。利益を出すことを意識しつつも、顧客にとって無理なく支払える程度の金額を意識する必要があるでしょう。

運営書類の準備

ペットホテルを運営するためには、さまざまな書類を用意しなければなりません。ペットを預かるたびに契約を結ぶことになるので、書類は日常的に使用します。書類に不備があると、後からトラブルにつながるので注意が必要です。事前にしっかりと準備を整えておくことをおすすめします。

動物病院との提携

ペットホテルを運営するのであれば、動物病院と提携することも重要です。なぜなら、預かっている最中にペットの体調が悪くなった場合、迅速に対応してもらえるようにする必要があるからです。信頼できる病院と提携しておけば、ペットホテルを飼い主が選ぶ際の決め手になることもあります。

ペットホテルの開業手続き

ペットホテルの開業手続きをするには、どのようにしたらいいのでしょうか。まず、自治体に「動物取扱業」の申請をおこない、動物取扱業者の登録を済ませる必要があります。事業所ごとに専属の動物取扱責任者を置くことが求められています。この場合、常勤職員の中から1名以上を配置しなければならないとされています。

動物取扱責任者の要件は3つありますが、いずれか満たしていれば動物取扱責任者になる事が可能です。まず、動物取扱業の種別ごとに半年以上の実務経験があることがあげられます。さらに、学歴要件として、所定の条件を満たす学校を卒業していることも要件となっています。加えて、所定の条件を満たす資格を取得している場合も要件として認められます。

なお、ペットホテルとしてしっかりと売り上げが見込めるのであれば、青色申告をするために税務署へ開業届を提出しておいたほうがいいでしょう。

ペットホテル開業に必要な資金

ペットホテルを開業する場合、具体的にどれくらいの資金を用意しておく必要があるのでしょうか。基本的に、800~1,000万円程度は必要だといわれています。ただし、自宅で開業するのか、テナントで開業するのかによっても、必要な資金は大きく変わるでしょう。

資金は金融機関から借りることも可能です。ただし、その場合でも自己資金はいくらか必要になります。すべてを金融機関に頼るのではなく、ある程度は自分で支払えるようにしておきましょう。また、最初から集客できる保証はないため、最低でも3カ月程度の運転資金は用意しておいたほうが無難です。

加えて、ペットホテルを運営するために必要な備品の購入費も考慮する必要があります。これについては、ペットホテルの形態によって必要な内容は変化します。開業後の運営経費も考慮しておき、適切に準備できるようにしましょう。

ペットホテルの開業を目指そう!

ペットホテルの開業を目指そう!

ペットホテルを開業するためには、さまざまな準備が必要です。そのためには、かなりまとまった資金が必要になります。ペットホテルは、動物たちの命を預かる事業であるため、万全の準備を整えたうえで始めなければなりません。ペットホテルを始めるためには、さまざまなことを考えて事前に決定しておく必要もあります。事業として成り立たせるためには、集客にも力を入れなければなりません。お客様にとって自然と魅力を感じてもらえるようにするには、さまざまなことを意識して宣伝していく必要があるでしょう。しつこい勧誘だけでなく、サービス内容を充実させることが求められます。ペットホテルの経営が軌道に乗れば、ペットに囲まれた環境で充実した仕事をすることができるでしょう。しっかりと準備を整えたうえで、ペットホテルの開業を目指してみてください。

ペットシッターを学ぶなら

ペットシッター通信講座

SARA のペットシッター資格講座は 2 種類のペットシッター資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


ペットシッターに関する記事一覧

ペットシッターについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ペットシッター基本コース
資格を目指すコース!!
ペットシッター
人気講座

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ペットシッタープラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ペットシッター資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ペットシッター資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座