に関するコラム

資格取得の通信教育講座

犬のサマーカットって?メリットや注意点をチェックしよう!

 

犬のサマーカットって?メリットや注意点をチェックしよう!

夏を迎える前には、犬のサマーカットをおこなうとよいです。とはいえ、犬のサマーカットとはどのようなカット方法なのかよく分からないという人もいるのではないでしょうか。サマーカットをおこなうことで、犬は暑い季節も不快感なく過ごすことができます。ただし、サマーカットはやり過ぎると危険な場合もあるので、十分な注意が必要です。

今回は犬のサマーカットのメリットとともに、注意点について説明します。これから犬のサマーカットを考えている方はぜひ参考にしてください。

犬のサマーカットとは?

犬のサマーカットとは、どのようなカット方法なのでしょうか。犬のサマーカットは夏にはぜひ取り入れたいカット方法です。サマーカットをおこなうことにより、犬は夏を快適に過ごすことができます。まずは、犬のサマーカットの概要について基本的なところを押さえておきましょう。

夏に適したカットの方法

犬のサマーカットとは、夏に適した毛のカットの方法のことです。夏に合わせて風通しをよくするように毛を短く整えてカットします。サマーカットをすることで、犬は暑い夏を快適に過ごすことができるようになります。サマーカットは4~6月くらいにおこなうとよいと言われています。

基本のカット

サマーカットは単に丸刈りするだけではありません。サマーカットの中には部分的に短くするカット方法もあります。サマーカットの形としてはさまざまな形があるので、ペットサロンでカットを依頼するときはイメージを伝えると、犬に適したカットをしてもらえます。同じ犬種のカット方法を調べてみるとさまざまなカット方法を見つけることができるでしょう。

犬の被毛の役割

そもそも犬の被毛はどのような役割をもっているのでしょうか。犬の被毛にはいろいろな意味があり、犬の体を守るためにとても重要なものです。ここでは犬の被毛の役割について紹介します。犬のサマーカットをおこなう場合は、犬の被毛の役割についてもきちんと理解しておくことが大切なので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

さまざまな役割がある

犬の被毛には、さまざまな役割があります。たとえば、代表的な役割としては体温調整があげられます。たくさんの被毛の間に空気の層を作ることができるため、断熱材のような役割になります。また、他にも害虫から皮膚を守ったり、紫外線から皮膚を守ったりする効果もあります。さらには、水などで濡れるのを防ぐ効果もあります。このように犬の被毛には、犬の体を守るためのさまざまな役割があります。

短すぎは危険!

犬の被毛はたくさんの役割をもっているため、あまり短くし過ぎるのはよくありません。サマーカットというとつい短くカットしたくなりますが、犬の毛の役割をきちんと理解したうえでカットすることが大切です。特に夏は毛が直射日光から犬の体を守る役割も果たします。あまり毛が短すぎると、かえって夏の暑さで犬が危険な目に遭う可能性があるため、十分に注意しましょう。

サマーカットのメリット

犬のサマーカットにはさまざまなメリットが期待できます。サマーカットをすることで、犬にとっての夏の暑さを軽減してあげることが可能です。暑さを軽減すると、その分、体調にもよい影響を与えられます。サマーカットのメリットとは、具体的にはどのようなことがあげられるのでしょうか。ここでは、サマーカットのメリットについて紹介します。

皮膚病を防ぐ

犬のサマーカットをおこなうと、皮膚病を防ぐ効果を発揮します。なぜなら、サマーカットを施すことで皮膚の表面に熱がこもらず、蒸れを防ぐことができるからです。夏は体に熱くなりやすいため、サマーカットで風通しを良くするのはとても大切なことだといえます。

汚れがたまりにくくなる

夏は暑さで汗をかきやすく、汚れもたまりやすいです。しかし、犬のサマーカットを施して被毛が短くなっていれば、お手入れも簡単です。そのため、暑い夏でも犬の体を清潔に保ちやすいでしょう。お手入れがしやすいというのは犬の健康を守ることはもちろんですが、飼い主にとっても手間が省けるというメリットがあります。

サマーカットの注意点

犬のサマーカットをおこなうときは、注意したい点もあります。すでに触れた部分もありますが、他にもいろいろな注意点があります。サマーカットで毛を短くし過ぎなければそこまで大きな問題になることはありませんが、危険性をしっかり理解しておくことは大切です。サマーカットの注意点を紹介するので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

皮膚病を起こす危険性

犬の毛を短くしすぎると、日光や紫外線から体を守ることができず、皮膚病を起こす可能性があります。また、外気の影響も皮膚病の原因のひとつとなります。皮膚の状態を良好に保つために毛は重要な役割を果たしているため、サマーカットをするときは毛の切り過ぎに気を付けましょう。

ホルモンバランスへの影響

犬の毛が短すぎることは、犬のホルモンバランスへも影響を及ぼします。なぜなら、犬は皮膚が薄いためです。被毛を短くしすぎると紫外線によってホルモンバランスへ深刻な影響が出る可能性があります。犬の毛を短くしたいときは、皮膚やその内部の体の機能への影響もしっかり考慮しなければなりません。

皮膚炎

犬の毛は皮膚を守る役割をもっています。そのため、犬の毛を短くし過ぎると、害虫などによって炎症を起こし、皮膚炎につながる恐れがあります。軽い皮膚炎であればすぐに治る場合もありますが、皮膚の表面の問題は飼い主も気付きにくいため注意が必要です。そういった状況にならないようにするためにも、カットのし過ぎには気を付ける必要があります。

毛質の変化

犬の毛をカットすると、毛質にも影響が出る恐れがあります。毛が伸びたときにまだらになってしまう可能性もないとは言えないため、注意しましょう。

犬の毛をサマーカットでさっぱりさせよう!

犬の毛をサマーカットでさっぱりさせよう!

サマーカットは、犬が夏を快適に過ごすためにぜひおこないたいカット方法です。毛を短めにカットすることにより、犬は暑い季節も涼しく快適に過ごすことができます。犬のサマーカットには方法がいろいろあり、部分的なカットでサマーカットをおこなうことも可能です。犬の種類などに合わせて適切なカットをおこなうようにしましょう。適切にサマーカットをおこなうことができれば、犬だけでなく飼い主も夏のお手入れが楽になるでしょう。夏は汚れが気になる季節でもあるので、早めにサマーカットをおこなって準備を整えることをおすすめします。

ただし、犬のサマーカットをするときは注意点にも気を付けなければなりません。犬の毛にはさまざまな役割があるため、毛を短くカットしすぎると問題が起きることもあります。特に体調にもさまざまな影響を及ぼす可能性があるので、軽く考えていると重大な問題につながる恐れがあります。犬のサマーカットをおこなうときは十分注意しましょう。心配な場合、サマーカットはプロのトリマーなどに任せるのがおすすめです。飼い主が自分で犬の毛をカットすることもできますが、要領がつかめていないと短くし過ぎてしまう恐れがあります。犬のためにおこなうサマーカットなので、犬の体調に影響を与えないように注意しながらカットをしてあげましょう。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座