アパレルの仕事に就きたい!必要な資格の種類とは?

 

アパレルの仕事に就きたい!必要な資格の種類とは?

 

アパレル業は華やかなイメージがあり、憧れをもつ人も多いのではないでしょうか。素敵な服を多くの人に届けることができれば、その分やりがいも大きそうですよね。アパレル業界で働くためには、服に関する知識だけでなく、さまざまなスキルが必要になります。そんなアパレル業界で働くためにはどのような資格を取得すればよいのでしょうか。

今回はアパレルの仕事に役立つ資格の種類について紹介します。アパレル業を目指すなら、ぜひチェックしてみてください。

アパレル業とは?

アパレル業とは、具体的にどのような仕事なのでしょうか。まずは、アパレル業の全体像について確認しておきましょう。

おもにファッションに携わる仕事

アパレル業というのは、おもにファッションに携わる仕事全般をさしています。一口にアパレル業といっても、その仕事の種類はさまざまです。お客さんと直接やり取りをする仕事もあれば、仕事仲間との連携が中心になっている仕事もあります。それぞれ必要なスキルや適性は大きく違います。そのため、ファッションに携わるアパレル業に就きたいなら、自分はどの職種に向いているのか最初にしっかりと見極めをおこなうことが大切です。

アパレル販売

アパレル販売の仕事は、服や小物を購入するお客様と接する仕事です。仕事の内容は接客だけにとどまらず、店内の整備や商品の管理など多岐にわたります。どんな人ともうまくやり取りができるコミュニケーション能力はもちろん、きめ細かく物事を見る力も必要です。アパレル販売の仕事はアルバイトとして就くことも可能で、アパレル業界の中では比較的始めやすい仕事だといえます。

バイヤー

バイヤーは店舗に置く商品の買い付けをおこなう仕事です。世の中にはさまざまな服が作られているため、お店に置く商品をどれにするか選ぶ作業はとても重要だといえます。売れる商品を選ぶことができなければ、どんなにお店の立地がよくても売り上げは上がらないでしょう。バイヤーの使命は売れる服を見極めて、それを仕入れることです。所属する会社によっては、海外に出てさまざまな商品の買い付けをすることもあります。どんな相手に対しても対等なやり取りができる、高い交渉力も必要です。

デザイナー

デザイナーは服や小物などのデザインを決める仕事です。服のイメージや形を考え、色や素材などを選びます。デザイナーになるためには服飾に関する専門知識が必要です。また、デザインのセンスも必要不可欠だといえます。ただし服を作るときは自分の好みに合わせて作るのではなく、世の中の流行をおさえて売れる服を作らなければなりません。そのためには、常に世の中の様子に対してアンテナを張り、流行をとらえるようにする必要があります。

アパレル業に必要な資格

アパレル業に就くためには、どのような準備が必要なのでしょうか。専門的な仕事につくとなると、どのような資格をとるべきか気になりますよね。アパレル業に必要な資格に対しての考え方を紹介します。

アパレルで働くために必須の資格はない

基本的には、アパレル業に就くために必ずとらなければならない資格はないです。法律的に見ても、とくに資格がない人がアパレル業に就くことに問題はありません。そのため、誰でもアパレル業に就くことは可能です。ただし、アパレルの仕事の中には、専門的な知識が必要なものも少なくないのが現実です。

なりたい職種に合わせてとる

アパレル業に就きたいなら、自分が実際に就きたい仕事に合わせて資格を取ることが大切です。職種によって必要な資格は全くと言っていいほど異なります。アパレル業に就きたいなら、自分が具体的にどのような仕事をしたいのかイメージしたうえで、必要な資格を取得するようにしましょう。

アパレル業に役立つ資格

アパレル業に就く場合、どのような資格を取ると役に立つのでしょうか。ここではアパレル業に就くなら積極的に取得したい資格について紹介します。

販売士検定

販売士検定は、ビジネスや接客に関する知識を学べる資格です。アパレル業界だけでなく、さまざまなサービス業や製造業でも役に立つ資格だといわれています。販売士検定の資格には1級から3級までがあります。1級または2級を取ることができれば、高い販売スキルやマーケティングの知識があることをアピールできるはずです。まずは基本的なスキルを学ぶことができる3級の取得を目指すとよいでしょう。

パーソナルカラー検定

パーソナルカラー検定は、それぞれの人に合う色を判断する方法を学ぶことができます。パーソナルカラーを導き出すことができれば、ファッションのコーディネートにも大きく役立つはずです。パーソナルカラー検定は複数の団体が試験をおこなっているため、それぞれの団体によって問題の形式や試験の実施方法は異なります。ほとんどのパーソナルカラー検定は1~3級に分かれており、上級の資格を取得できれば、高い知識を証明することができます。

色彩検定

色彩検定は、色に関するさまざまな知識を学べる資格です。色の組み合わせの方法を理論的に学ぶことができ、確かな根拠をもってコーディネートの提案ができます。デザインの知識がないアパレル店員でも、色彩検定を取得すれば、センスのいいコーディネートを作ることができるでしょう。色彩検定も階級が分かれているため、まずは3級の知識から学んでいくのがおすすめです。

ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定は、ファッションとビジネスを結び付けて考える能力を養うための検定です。マーケティングの知識をしっかりと習得したい人におすすめの資格です。店のオーナーや店長を目指すなら、ぜひ学んでおきたいスキルが詰まっています。

テクスタイルアドバイザー

テクスタイルアドバイザーとは衣料管理士ともよばれる資格で、服の企画から顧客対応までの全てに対して精通した知識が得られます。定められた大学で所定の単位を履修し、試験に合格することで資格を取得できます。

一緒にとると有利な資格

アパレル業界で働くなら、他にも取得しておけば役に立つ資格があります。他の業界にも精通する資格であるため、取得しておくと将来的にも役に立つ可能性が高いです。

TOEIC

アパレル業界では、英語が話せると仕事の幅が広がります。たとえばアパレル販売の仕事をする場合でも、外国人のお客様の対応をするには英語のコミュニケーション能力が必要不可欠です。バイヤーやデザイナーも外国とのやり取りをする機会は少なくないので、早いうちから英語力を磨いてTOEICを受験しておくとよいでしょう。

簿記検定

簿記は服や小物の売上などを計上するために必要な知識です。ゆくゆくは店の経営に携わりたいという思いがあるなら、取得しておくととても便利でしょう。

パソコン関連の資格

アパレル業界でもパソコンのスキルは必須です。在庫の管理や企画資料作りなど、さまざまな場面でパソコンを使用しています。ホームページがある場合はその管理も必要になるので、webに関する知識も持ち合わせていると役に立つでしょう。

アパレル業に携わるなら資格取得をしておこう

アパレル業に携わるなら資格取得をしておこう

 

アパレル業に携わりたいのであれば、役に立つ資格を取得しておくことをおすすめします。資格がなければ就職できないというわけではありません。しかし資格があったほうが有利であることに変わりはないため、できる限り取得することをおすすめします。資格を取得して、憧れのアパレル業界でしっかり働きましょう。

スタイリストに関する記事一覧

 

 

スタイリストについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ