ショップ店員になるには?仕事内容やキャリアアップについて紹介

 

憧れのブランドを身にまとい、接客を行うショップ店員は、ファッション好きな人にとって憧れの強い職業ですよね。ところで、ショップ店員は具体的にどのような仕事をしているかご存知でしょうか。ショップ店員の仕事は服や小物を販売することだけではありません。

せっかくショップ店員を目指すなら、そういったこともあらかじめしっかり把握しておきたいものです。今回はショップ店員になる方法とともに、仕事内容について紹介します。

ショップ店員の仕事内容

ショップ店員になるには?仕事内容やキャリアアップについて紹介

 

ショップ店員の仕事内容としては、具体的にどういったことがあげられるのでしょうか。1つずつ確認していきましょう。

接客

ショップ店員の仕事といえば、多くの人が接客を思い浮かべるのではないでしょうか。たしかに接客はショップ店員の重要な仕事の1つです。服が店頭に並ぶまでにはデザイナーやパタンナー、バイヤーなどたくさんの人が関わっていますが、実際にそれを購入するお客様と顔を合わせることができるのはショップ店員だけです。そのため、ショップ店員はそのブランドの顔ともいえる重要な存在となります。商品の知識をしっかり頭に入れておくことはもちろん、お客様が気分よく買い物できるような態度やあいさつのしかたを身に付けておく必要があります。

品出し

新しく入荷した商品を店頭に並べるのもショップ店員の大事な仕事です。お客様が広げた商品をたたみ直す作業も重要です。商品が売れたら在庫の補充を行いますが、これはショップ店員としてのスキルを磨くためにはとても大切な仕事だといえます。商品の売れ行きを把握することができれば、お客様の求めるものを紹介しやすくなるでしょう。そういった取り組みは、店の売上に貢献することが求められるショップ店員にとって必要不可欠なことです。

商品管理

ショップ店員はお店にある商品の在庫管理や返品作業など、商品の管理業務も担います。なかには、ほかの店舗と商品のやり取りを行うこともあります。いずれの場合も、商品の個数や金額などの数字を正確に把握したうえで処理することが必要です。責任感を強くもち、きちんと対応できる人ほど評価されます。

ショップ店員になるには?

ショップ店員になるためには、何か特別な資格などは必要ありません。本人のやる気さえあれば、誰でもショップ店員として活躍できる可能性があります。

アルバイトから始める

ショップ店員の求人はアルバイトとして出されていることが多いです。まずはそれに応募してみるということが、ショップ店員になるための近道だといえます。アルバイトとして働き続け、その努力や実績が認められると、正社員として採用になることもあります。

服飾の学校に通う

ショップ店員になるだけでなく、その後は店長や個人経営者になりたいといった大きな目標がある場合は、ファッションについて学ぶことができる学校に通うことも有効です。そういった学校では、ファッション業界全般について学ぶことができ、流通のしくみや店舗のレイアウト方法、接客などまでしっかり学ぶことができます。

ショップ店員のキャリアアップは?

ショップ店員としてのキャリアアップにはどういった道があるのでしょうか。さまざまな可能性があるので、自分のイメージに合致する目標を定めることが重要です。

店長

ショップ店員として働くなら、まずは店長になることを目標にする人が多いです。店長になると接客や品出しといった基本的な業務のほかにも、スタッフの管理をしたり、お客様とのトラブルに対応したりするなど、さまざまな責任ある業務を任せられることになります。大変なことも増えますが、その分やりがいも大きくなるでしょう。給料もアップするというメリットもあります。

店長になるためには、実力をつけてしっかり自分の実力をアピールすることが必要です。店舗を統括するマネージャーなどに認めてもらうことができれば、店長として昇格することができます。店長になりたいと思うなら、人一倍ショップ店員の業務に熱心に取り組むことが重要だといえるでしょう。

プレス

プレスとは、広報担当者のことをさします。ブランドのコンセプトを宣伝することで、ブランドの認知度や人気を高めるのが主な仕事です。カタログを作ったり、展示会などの企画を行ったりします。テレビや雑誌の撮影に商品を貸し出すのもプレスが担当します。ショップ店員としてブランドについての知識を深めたうえで、プレスとして活躍する人も多いです。華やかで楽しそうなイメージが強いかもしれませんが、実際にはしっかり戦略を練ることが重要な、責任ある仕事です。

セレクトショップの経営者

ファッションが好きでショップ店員になるのであれば、将来的には自分で個人のセレクトショップを開くという未来もあります。もちろん、お店を経営して商売として成り立たせていくということは、簡単なことではありません。接客方法だけでなく、経営戦略の立て方についてもきちんと学んでおくことが大切です。

求められる人材

最後にショップ店員としてはどんな人物が求められているのか確認しましょう。自分が苦手とすることがあげられている場合でも、日ごろから努力すれば身に付けられる素質ばかりです。あきらめずに努力してみてください。

コミュニケーション能力が高い

ショップ店員はお客様と直接やり取りをする仕事です。お店にやってくる人の中には常連さんもいますが、ほとんどは初対面のお客様ばかりです。そういった方でもうまくコミュニケーションをはかることで、相手の好みをしっかり引き出すことが求められています。お客様と仲良くなろうとしてフランク過ぎる対応をしてしまうと、それを不快に感じる方もいるので注意しましょう。ショップ店員はブランドやお店の顔です。自分自身の行いがどんな影響を及ぼすのか常に考えながら適切な対応を心掛けましょう。

細やかな気遣いが出来る

ショップ店員を目指すなら、細やかな気遣いができるとなおよいです。お客様に気持ちよくお買い物をしてもらうということはとても重要なことだといえます。お客様は質やデザインで服を選ぶことも多いですが、接客のよさでお店を選んでくれるということもあります。気遣いが売上につながることも珍しくはないので、普段から気を付けるようにしましょう。

ショップ店員になるにはやる気と努力が重要!

ショップ店員になるにはやる気と努力が重要!

 

「洋服が好きだ」「ショップ店員になりたい」という気持ちさえあれば、誰でもショップ店員として働くことが可能です。ただし、ショップ店員としてしっかり活躍するためには、それなりに努力することが必要不可欠だといえます。ブランドや商品に関する知識を頭に入れることはもちろん、接客やコミュニケーションについても実践的に工夫を重ねていくことが大切です。ショップ店員1人の対応の差によって売上は大きく変わることもあります。ショップ店員になるなら、お客様が求めるものを正確に把握して提案することができなければなりません。

とはいえ、ショップ店員の仕事はお客様に商品をすすめることだけではないということも忘れないようにしましょう。品出しや商品管理など、お客様と直接関わらない部分にも仕事はたくさんあります。お客様はショップ店員の対応だけでなく、そういった細かいところも意外と見ているのでいつもきちんとしておくことが重要です。ショップ店員は、その後の展望としてもファッションに関するさまざまなキャリアを描くことができる魅力的な仕事です。やる気と努力を大切にして、憧れのショップ店員として働いてみませんか。

スタイリストに関する記事一覧

 

 

スタイリストについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ