スタイリストとは?仕事の流れややりがいを知ろう

 

スタイリストの仕事はファッションと深く関わることができます。そのため、ファッションが好きでファッションに関わる仕事がしたいと思っている人には、とてもおすすめできる仕事です。ただし、一人前のスタイリストとして働くためには、しっかり実力を積むことが必要不可欠であるといえます。たくさんの仕事を経験することで、着実に成長していこうという気持ちが大切です。

スタイリストは、具体的にどのような流れで仕事を行っているのでしょうか。スタイリストの仕事のやりがいとともにみてみましょう。

スタイリストとは?

スタイリストとは?仕事の流れややりがいを知ろう

 

スタイリストとは、モデルや俳優などのファッションをスタイリングする人のことです。合わせる洋服や小物の準備と返却を行うのもスタイリストの仕事です。顧客のイメージに合う服装をヒアリングし、それをもとにスタイリングを考えていきます。自分のセンスを活かして働くことができるので、ファッションが好きな人にとってはとても魅力的な仕事であるといえます。ただし、一人前のスタイリストとして活躍するためには、経験や実力を磨かなければなりません。最初のうちはアシスタントとして先輩スタイリストのお手伝いをするというのが一般的です。

スタイリストの仕事の流れ

スタイリストの仕事はどのように進めていくものなのでしょうか。大まかな流れについて紹介します。

打ち合わせ

スタイリストとしての仕事を受けたら、必ず事前の打ち合わせを行います。顧客がどのような衣装を求めているのかを正確に把握することが主な目的です。ここできちんと相手の考えや企画のコンセプトなどを把握しておかないと、のちのち大きなトラブルにつながりかねません。細かい情報は衣装を用意したりアレンジしたりするための材料となるので、しっかり確認する必要があります。

衣装の準備

スタイリングに使用する衣装や小物は、協力してくれるブランドやメーカーなどから借りることが多いです。交渉して実際に衣装の手配をするという作業もスタイリストが行います。ときには、使用する衣装や小物をスタイリストが制作することもあります。また、スタイリストの私物を使用する場合もあります。さまざまな方法を駆使してイメージにぴったり合うスタイルを作るのがスタイリストの仕事です。

組み合わせやアレンジを考える

必要な衣装や小物がそろったら、撮影本番に向けてスタイリング方法を考えます。着る人の魅力を引き出しつつ企画に合ったベストな服装を考えるため、かなり時間を要する部分です。撮影本番は時間がないことも多いので、事前にしっかり準備を整えておきます。

撮影本番

撮影の様子を見守り、カメラマンなどと一緒に実際に撮影した画像や映像の様子を確認します。問題がなければそのまま撮影終了です。ただし、イメージと少し違うなど何かトラブルがあれば、撮影が難航することもあります。その場合はスタイルを作り直す必要が出ることもあります。撮影している間は何かと慌ただしく動き回るため、常に立ちっぱなしの状態が長く続くことも多いです。

衣装の返却

撮影が全て終了したら、衣装の返却をします。借りたものが全てそろっているか確認し、きちんと返却するところまでをスタイリストの責任としてきちんと行います。

スタイリストのやりがい

スタイリストのやりがい

 

ファッションに深くかかわることができるスタイリストの仕事はとても魅力的ですよね。スタイリストのやりがいを具体的に考えてみると、以下の項目をあげることができます。

最先端のファッション情報を得られる

スタイリストは常に最先端のファッション情報を得られる環境に身を置くことができます。展示会などに参加することで、さまざまなブランドの最新の洋服や小物をチェックすることが可能です。日本では知られていないブランドに出会えたり、なかなか手に入らないアイテムをGETしたりするチャンスを得られることもあります。

また、周りにもファッションに精通した仲間がたくさんいるので、人との関りの中から新しい情報が得られることも多いです。1日中ファッションについて考えることができるため、ファッション好きな人にとっては天職ともいえる職業ではないでしょうか。

自分のスタイリングを評価してもらえる

スタイリストは、自分のセンスや感覚を活かしてスタイリングを考えます。何通りも考え、その中から選び抜いたものが高く評価されたときは、この上ないうれしさがこみあげてくるでしょう。もちろん、イメージに合わなかったり、他人からイマイチだと判断されたりすれば、評価してもらうことはできません。そういった厳しさもありますが、だからこそ本気になって向き合うことができる仕事でもあります。

多くの人と関りをもちながら働くことができる

スタイリストは仕事をする中でとてもたくさんの関係者と交流する機会があります。スタイリングを行う相手や衣装を借りるブランドやメーカーの担当者、カメラマンなど、たくさんの人と連携しながら仕事を進めていきます。多くの人と関わることが好きな人にとっては、とても楽しく仕事ができる環境が整っているといえます。

とくにアシスタントのうちは先輩スタイリストのサポートにつくため、ファッションや仕事についてさまざまなことを学ぶことができます。学校で教わったり、テキストで学んだりするだけでは得られないたくさんの知識や技能を現場から吸収することが可能です。スタイリストではなくても同じファッションに関わる仕事をしている人と関わるということは、何かしらの学びを得られる確率が高いといえます。

有名人と一緒に仕事ができる

実力が認められれば、誰もが知るような有名人のスタイリングを担当することも不可能ではありません。自分が用意した衣装を有名人が着てテレビや雑誌に出るというのは、とてもうれしいですよね。もちろん、スタイリストになれば必ずそういったチャンスがあるというわけではないです。しっかり経験を積み、評価されることで機会が巡ってくる可能性が高くなります。スタイリストは少しずつ着実に努力を重ねることで、さまざまな経験ができる仕事です。

スタイリストとはファッションに全力で向き合える仕事

スタイリストとはファッションに全力で向き合える仕事

 

スタイリストになれば、朝から晩までファッション漬けの毎日を送ることになります。どうしたらよりよいスタイリングに仕上がるかを試行錯誤し、スタイリングに必要なものを手配するという作業は、ファッションが好きな人であればとても強い憧れを感じるのではないでしょうか。もちろん、仕事として取り組んでいくと、大変なことやうまくいかないこともあります。ときにはきつい口調で怒られたり、文句を言われたりすることもあるかもしれません。また、仕事がもらえるかどうかは人脈の広さや実績によるところも大きいです。

とはいえ、それでも多くのスタイリストは自分の仕事に全力で向き合い、よりよいスタイリングを提案するために努力を重ねています。実力が重視される仕事であるからこそ、本気になって取り組むことができるというのもまた事実です。ファッションについてストイックに考えたいという人であれば、スタイリストとしてしっかり活躍することができるでしょう。スタイリストになれば、自分の好きなことや得意なことを活かした仕事に取り組むことができるという大きな魅力があります。

スタイリストに関する記事一覧

 

 

スタイリストについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ