スタイリストになるには?勉強しておくべきこと

 

スタイリストになるには?勉強しておくべきこと

 

ファッション業界で活躍するスタイリストは、とても憧れの強い仕事ですよね。自分もスタイリストとして働いてみたいという方も多いのではないでしょうか。とはいえ、スタイリストになるためにはどのような勉強をすべきか具体的に知っているという人は少ないはずです。

そこで今回は、ファッション業界のスタイリストになるために勉強しておくべきことを紹介します。スタイリストに必要な能力についても紹介するので、スタイリストを目指すなら目を通してみてください。

スタイリストとは?

ファッションのスタイリストとは、どのような仕事をする人のことでしょうか。まずはスタイリストの仕事内容について、基本的なところをおさえておきましょう。

俳優やモデルの衣装をコーディネートする

スタイリストの主な仕事は、俳優やモデルの衣装をコーディネートすることです。俳優やモデルは仕事によってさまざまな衣装を着るため、それぞれの場面に合わせた服を用意しなければなりません。そのため、スタイリストは実際に着る衣装の準備からコーディネートまでの全てを担当します。俳優やモデルに似合う衣装を考えることで、それぞれの魅力を最大限に引き出す役割を担います。

企業の指示に合わせてスタイリングする

スタイリストは単に俳優やモデルに似合う服を用意すればいいわけではありません。たとえば雑誌や広告の撮影の際は、それを運営する企業の指示に合ったスタイリングをしなければなりません。企業の企画のイメージに合った衣装を用意できなければ、その企画自体がパッとしないものになってしまう恐れもあります。そのため、スタイリストの仕事は責任重大です。ほかにもドラマの撮影の場合は、それぞれのシーンに合った衣装を用意します。

スタイリストへの道

スタイリストになれば、多くの人に注目される服をスタイリングすることができます。そんなスタイリストになるためには、どのような方法をとればいいのでしょうか。ここでは、スタイリストになるための道筋について見てみましょう。

服飾系の学校に入学する

スタイリストになるためには、服飾系の学校に入学するとよいでしょう。服飾を専門に扱う学部やコースでファッションを学べば、業界で働くために必要な最低限の知識を学べます。同じ目標を持つ仲間にも出会えるので、スタイリストを目指すモチベーションもアップするはずです。

スタイリスト事務所に所属する

学校を卒業した後に実際にスタイリストを目指すには、スタイリスト事務所に所属するのがおすすめです。ここで先輩スタイリストのアシスタントとして腕を磨き、少しずつ1人前になっていくというのがスタイリストの王道です。最初のうちは忙しくても給料が低く、大変かもしれません。給料の体系は事務所によっても異なるので、よく調べたうえで所属先を探すとよいでしょう。

フリースタイリストになる

スタイリストとして働く方法としては、フリーで活動するというのも1つの手です。ただし、実際にフリースタイリストとして活躍している人は、スタイリスト事務所などで実績を積んだうえで独立している場合がほとんどです。将来的にフリースタイリストになりたいという場合でも、まずはしっかりとした実績やスキルを積むことが前提となります。売れっ子のフリースタイリストになれば、高収入を獲得することも夢ではないので、目標としてかかげておくとよいでしょう。

アパレルブランドに就職する

スタイリストになりたいなら、アパレルブランドに就職するという手段もあります。アパレルブランドのデザイナーが作る服を使い、おしゃれな着こなしを作り上げるのが主な仕事です。会社員として働くことになるため、収入が安定しやすいというメリットがあります。

スタイリストになるために勉強すべきこと

スタイリストになるためには、具体的にどのようなことを勉強すればよいのでしょうか。ここでは、スタイリストになるために勉強すべきことを紹介します。

表現力・コーディネート力

スタイリストになるためには、表現力やコーディネート力が必要です。素敵なスタイリングを作り上げるためにはセンスも大切ですが、ある程度はテクニックも重要になります。ファッションの基礎を学び、さらに実際の現場での経験を積むことで、そういった力は少しずつ身につけていくことができます。短期間で劇的に力を身につけるのは難しいので、長い目でしっかり勉強していく姿勢をもつべきだといえます。

ニーズに合わせたコーディネート

スタイリストは、自分の好みに合わせた好き勝手なコーディネートをすることはできません。クライアントの要望やニーズに合わせ、最適なコーディネートを提案する必要があります。そのためにはファッションに関する知識やセンスだけでなく、相手の意図をしっかりと読み取れる力も大切です。この力は実際に経験を積むことで少しずつ形成されていきます。

ファッションビジネスの成り立ち

スタイリストを仕事にするなら、ファッションに関するビジネスの成り立ちもしっかりと理解しておく必要がります。フスタイリストを目指す理由はファッションが好きだからという人が多いはずです。とはいえ、仕事としてファッションに携わる以上は、ビジネスとしての目線を大切にしなければなりません。ファッションビジネスがどのように動いているのか常に意識し、それに合わせた対応がとれるようなスタイリストを目指すべきです。

スタイリストになるために必要な能力

スタイリストになりたいなら、知識やスキル以外にも人間としての基本的な能力が重要になります。スタイリストを目指すなら、何気ない日常からそういった力を磨いておくとよいでしょう。

体力・精神力

意外に思う人も多いかもしれませんが、スタイリストは体力や精神力が重要です。スタイリストは朝早くから夜遅くまで働くことも少なくありません。特にアシスタントのうちは、大量の服を運ぶことも多いです。また、クライアントや先輩から叱責されることもないとはいえません。そのため、どんな場面にも食らいついていけるような体力と精神力がスタイリストには必要だといえます。

コミュニケーション能力

スタイリストはさまざまな相手と対話する機会が多いです。クライアントはもちろん、実際に服を着てもらう俳優やモデルともやり取りをします。また、使用する服の手配をおこなうときも、交渉が必要です。いろいろな場面でスムーズに相手とコミュニケーションをとる力を磨いておくと、スタイリストとして働く際にも役に立つでしょう。

人脈

スタイリストとして活躍するには人脈が重要です。人脈によって新しい仕事が決まることも多いです。そのため、普段から人付き合いをしっかりとして人脈を築いておくことが、スタイリストとして成功するためのカギになります。

スタイリストになるならしっかり勉強してスキルを身につけて

スタイリストになるならしっかり勉強してスキルを身につけて

 

スタイリストを目指すなら、必要なスキルや知識をしっかりと学びましょう。基本的な能力は、スタイリストとして働き始めてからもとても重要です。学生時代の縁が仕事につながることもないとはいえないため、常に周りとの人脈をしっかりと築いておくことも大切なポイントです。スタイリストになるなら、少しずつ勉強を重ねて他の人に負けないような高い能力やセンスを身につけましょう。

スタイリストに関する記事一覧

 

 

スタイリストについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

TOPへ