ファッションを仕事に!スタイリストの年収はどのくらい?

 

ファッションのスタイリングを行うスタイリストの仕事はとても魅力的だと思う人も多いはずです。スタイリストになって毎日ファッションについてあれこれ考えるのは、とても楽しそうですよね。ところで、スタイリストとして働く場合、年収はどの程度になるのでしょうか。スタイリストと一口にいっても、その働き方はさまざまあるため、年収は人によってばらつきがあるというのが本当のところです。

好きなことを仕事にする場合でも、収入はしっかり確保したいですよね。今回は、スタイリストの年収について詳しくみていきましょう。

スタイリストの標準な給料は?

ファッションを仕事に!スタイリストの年収はどのくらい?

 

まずはスタイリストの標準的な年収について紹介します。スタイリストは、平均で200~300万円程度の年収を得ているといわれています。もちろん、ファッション業界で働いているスタイリストと一括りにいっても、働き方によってその年収は大きく異なります。スタイリストの年収は実績に比例することが多いです。スタイリストになりたての頃は、平均以下の年収しか得られないということも少なくありません。ただし、そういった厳しい時期を耐えて実力を身に付けていけば、人によっては平均以上の年収を得ることも十分可能です。

スタイリストとして働いている人は、収入に対して仕事のやりがいを感じていることは少ないです。それ以上に、自分が好きなファッションを仕事にしているということに大きな魅力を感じています。スタイリストの仕事はお金でははかることのできない充実感を得られる仕事です。

スタイリストアシスタントの給料は?

一人前のスタイリストとしてデビューする前のアシスタント時代は、給料がかなり少ないことも多いです。アシスタントとしてスタイリストを目指す方法としては、スタイリスト事務所に入るという方法とフリーランスとして活動するという方法の2つがあります。スタイリスト事務所に所属する場合は、アシスタントであってもある程度の給料を得られる可能性があるでしょう。しかし、フリーランスの場合はかなり少額の報酬しか得られないことも多いです。アシスタントの1年目の給料の平均は100万円程度ともいわれています。そのため、アシスタント時代は睡眠時間を削ってアルバイトもこなしていたというスタイリストもたくさんいるようです。ファッション業界などでは、一人前になるためには3年以上のキャリアが必要といわれる場合もあります。そういったことを考えると、少なくとも3年程度はアシスタントとして修業が必要だというイメージをもっておいたほうが無難です。

スタイリストの仕事は立ちっぱなしでいることが多かったり、早朝や深夜に撮影が入ったりすることから体力勝負だといわれています。しかしながら、このように生活するためのお金を確保するという面でも、とくに若いうちは苦労することが多いでしょう。とはいえ、そういった苦しい状態を乗り越えられるほどの決意があるかどうかということも、スタイリストになるためにはとても重要な課題だといえます。

フリーランスの給料は?

フリーランスは仕事をした分だけそれが収入になります。実績がないうちにフリーランスとなってしまうと、なかなか仕事を得ることができなくて困るので要注意です。フリーランスのスタイリストの平均年収は、約400~600万円だといわれています。活躍しているフリーランスのスタイリストの中には、年収1000万円を超えている人もいるようです。そのため、フリーランスは、実力によってかなりの金額を稼ぐことができる可能性も秘めています。ただし、成功するのは決して簡単なことではないので、誰よりも努力するという強い意思が必要です。

スタイリストで高収入を得るには?

スタイリストは実力次第で高収入を得ることもできる仕事です。スタイリストになってバリバリ働き、高い年収を確保するためにはどうしたらよいのでしょうか。スタイリストとしてのキャリアを考えるうえでも、そういった視点はとても重要です。

まずは実績を積むことが重要

スタイリストとしてたくさん仕事をこなして高収入を得るには、本人に実績があるかということがもっとも大きなポイントとなります。これはどの働き方を選ぶ場合でも基本的には同じです。そのため、何か小手先の方法で高収入を目指そうとするよりも、地道にしっかりと努力を重ねることが大切だといえます。とくにアシスタント時代などはきついと感じることも多くある可能性がありますが、そこを頑張って乗り越えてこそ大きな未来につながるチャンスを得ることができます。

昇給制度のある事務所で働く

スタイリストとして働く方法の1つとして、スタイリスト事務所で働くという方法があります。それを選ぶ場合は、昇給制度がある事務所を選ぶとよいでしょう。昇給制度があれば実力をしっかり考慮してもらうことができ、それが年収にも反映されます。昇給制度がない場合、自ら昇給を願い出て交渉しても、その意見が認められることはなかなか難しいです。スタイリストの仕事でしっかり稼ぎたいと思うのであれば、そういった会社の制度にも着目することが重要です。

フリーランスになる

スタイリストとして活躍する方法としては、フリーランスになるという方法もあります。フリーランスになるということは、会社に所属せずに自分の名前で仕事をとるということです。仕事に対する対価がそのまま自分自身の収入となります。そのため、ある程度実績を積んでいるということが必要になります。仮にしっかりとした経験や実力がある場合は、事務所に所属するよりも高収入を確保しやすくなるでしょう。事務所に所属していて収入面に不満を感じるようになり、フリーランスとして活動し始める人もいるようです。実力がないうちにフリーランスのスタイリストとして活動を始めても、全く仕事が得られない可能性が高いので、その点には注意しましょう。フリーランスを目指す場合は、ある程度計画的に自分のキャリアをイメージして仕事の経験を増やしていくべきです。

事務所を立ち上げる

スタイリストとして活躍し、ある程度高い収入が得られるようになったら、自分の事務所を立ち上げるということも可能です。複数人のスタイリストを雇い、本格的に会社として経営していくということもできます。自分自身がスタイリストとして活動を続けることもできるので、より多くのお金を稼ぐことにつながるはずです。ただし、自分の事務所を作るとなれば、それだけ責任も大きくなります。自信があっても軽はずみな気持ちで実現できることではないので、慎重に検討することが大切です。

スタイリストの年収は本人の努力次第で大きく変わる

スタイリストの年収は本人の努力次第で大きく変わる

 

スタイリストになれば、ファッションを仕事にすることができます。ファッションについて常に新しい情報に触れることができますし、いつでもファッションについて思いを巡らせることが可能になります。そのため、ファッション好きな人は収入よりもそういったやりがいに魅力を感じ、スタイリストの仕事を選んでいることが大半です。とはいえ、スタイリストの仕事は実力によるところが大きいため、しっかりと実力を積めばかなりの金額を稼ぐこともできるでしょう。年収の高いスタイリストを目指すなら、アシスタント時代から気合を入れて人一倍努力を重ねることが必要です。ファッションを仕事にして、しっかり稼げるスタイリストになりましょう。

スタイリストに関する記事一覧

 

 

スタイリストについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ