ヘアメイクとスタイリストの関係とは?

 

ヘアメイクとスタイリストの関係とは?

 

ファッションに関わる現場では、ヘアメイクやスタイリストがともに働いています。それぞれの仕事にはどのような違いがあるのでしょうか。またヘアメイクについては関連する職種が多いため、違いがよく分かりにくいという人も多いです。ファッションやヘアの仕事を目指すなら、細かい職種までおさえておくべきです。

そこで今回はヘアメイクとスタイリストの関係について見ていくとともに、ヘアメイクに関連する職種の紹介をおこないます。ファッションやヘアメイクの仕事に興味があるなら、ぜひこれらの職種の違いを把握しておきましょう。

ヘアメイクとスタイリストの関係

ヘアメイクとスタイリストはどのような関係で仕事をしているのでしょうか。それぞれの仕事はまったく違うように見えますが、実際にはかなり深い関係があります。ファッションの現場においては、この両者の関係がとても重要です。ここでは、それぞれの仕事の関係性を確認しておきましょう。どちらの職種を目指す場合でも、両者の仕事のかかわりについて理解しておくことはとても大切です。

ニーズに合わせて協力して仕事をする

ヘアメイクとスタイリストは、仕事上とても関係が深いです。そのため、顧客のニーズに合わせて協力して仕事を進める必要があります。日ごろからお互いにコミュニケーションをとっておき、お互いのことを理解しておくと仕事もスムーズに進めることができるでしょう。

活動の場はほぼ一緒

ヘアメイクとスタイリストは、活動する場所がほとんど同じです。女優やモデルの撮影の際に同行します。スタイリストはメイクまで含めてコーディネートをおこなうので、ヘアメイクとの連携はとても重要です。一緒に過ごす時間も多いため、休憩中などにもしっかりとコミュニケーションをとるようにしておくとよりスムーズな連携ができるようになるでしょう。

ヘアメイクとスタイリストの違い

ヘアメイクは、髪型やメイクを整えるのが主な仕事です。それに対してスタイリストは、服やアクセサリーなどのコーディネートをおこないます。スタイリストはコーディネートに合わせたイメージのメイクをしてもらうように、ヘアメイクへ依頼しなければなりません。そのため、ヘアメイクとスタイリストの人間関係がうまくいっていないと、よいコーディネートを仕上げるのが難しくなってしまいます。

ヘアスタイリストとは?

ヘアメイクやスタイリストと関連する職種として、「ヘアスタイリスト」があります。これはどういった職種なのでしょうか。スタイリストとして活躍したり、ヘアメイクとして活動したりするなら、しっかり把握しておいたほうがよいです。ヘアスタイリストもまたファッションの現場では、かなり活躍しています。他の職種として働く場合も、関りをもつ機会は多いといえるでしょう。せっかくなので、ここであわせて確認しておきましょう。

顧客のニーズに合わせてヘアをスタイリングする

ヘアスタイリストは、顧客のニーズに合わせて髪型をスタイリングする仕事です。企業や女優・モデルの意向に沿ったスタイリングをおこなっていきます。どちらかというと、ヘアに的を絞って仕事をするのがヘアスタイリストです。その分、髪に対する深い知識をもっており、トレンドとニーズの両方をそなえたヘアスタイルを作るのに長けている人が多いです。

雑誌・広告などのメディアの場で活躍

ヘアスタイリストは、雑誌や広告などの撮影の現場で主に活躍します。撮影のカットに合わせて髪型を素早くチェンジする必要がある場面も多いです。求められていることに応じてテキパキと仕事をこなせる力が必要になります。短時間で準備を済ませるために、メイクをする職種の人と連動して作業をおこなうことも多いです。

似ているようで違うヘア関係の仕事内容

ヘアスタイルに関する仕事については、似ているようで違う職種がたくさんあります。いずれもヘアスタイルに関わる仕事である点は同じですが、ちょっとしたニュアンスの違いがあります。そのため、これらの違いもしっかり把握しておきたいところです。それぞれの違いをしっかりと押さえておけば、実際に働き始めた後でもそれぞれの役割をしっかりと把握できて心強いです。ここではヘアに関わるさまざまな職種の仕事内容について、詳しく見ていきましょう。

ヘアスタイリスト

ヘアスタイリストは、顧客からの依頼に応えてイメージ通りのスタイリングをするのが仕事です。ただし顧客はヘアのプロではないため、自分のイメージをうまく表現できていない場合もあります。そういった部分も考慮して、しっかりとイメージに近い姿を作り上げるようにするのがヘアスタイリストの使命だといえます。そのため、自分の勝手なイメージでヘアスタイルを作るのではなく、顧客からしっかりとヒアリングをおこなってニーズを把握することが必要不可欠だといえるでしょう。そういった意味では高いコミュニケーション能力が必要です。

ヘアメイクアーティスト

ヘアメイクアーティストは、自分の感性で全身をプロデュースする仕事です。髪型やメイクだけでなく、ネイルやファッションまでトータルでコーディネートをおこないます。ヘアメイクに関する正しい知識やスキルはもちろん、豊かな感性や想像力が必要な仕事です。モデルを1つの作品としてとらえ、さまざまな表現をおこないます。ファッション的なセンスも大切ですが、芸術的な感覚もとても大切だといえるでしょう。

ブライダルヘアメイクスタイリスト

ブライダルヘアメイクスタイリストは、ブライダルの際にヘアメイクを担当します。ドレスだけでなく、和装でのヘアアレンジにも対応できる技術力が必要です。花嫁との打ち合わせを重ねて、本人の希望をしっかりと叶えられるような提案をすることが大切です。花嫁にとっては一生に一度の経験となる日のヘアメイクですから、要望をしっかりと受け止めてできる限り素敵な印象にしあげることが求められます。そういったところから考えると、とても責任のある仕事だといえるでしょう。

ヘアメイクとスタイリストは連携して仕事をしている

ヘアメイクとスタイリストは連携して仕事をしている

 

もスタイリストも、ファッション業界を支える重要な仕事です。それぞれの職種は互いに連携しながら、よりよいコーディネートになることを目指しています。特にスタイリストはヘアメイクに対して依頼をすることになるので、日常的に自分からコミュニケーションをとるようにしておくと仕事がスムーズに進んでいくでしょう。ファッションの現場ではさまざまな職種の連携が大切なので、そういったところはおろそかにしてはいけません。それぞれの職種の役割をよく理解しておくことも、円滑なコミュニケーションのためにはとても大切です。

ヘアメイクやスタイリストを目指すなら、まずはしっかりとした専門知識を身につけて経験を積んでいくことが必要不可欠です。すぐに一人前になれるというわけではないですが、少しずつ実績を積み上げていけばきっと大きな仕事につながっていくことでしょう。本気でヘアメイクやスタイリストを目指すなら、まずは勉強して資格をとるとよりその夢を実現しやすくなります。努力を大切にして、しっかりと技術を修得していくことが大切です。1つ1つの学びを大切にしながら、目標に向かって頑張りましょう。

スタイリストに関する記事一覧

 

 

スタイリストについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ