講座で学ぶ知識~果物の語源~

チョコレート 基本コース / プラチナコース

講座で学ぶ知識

チョコレートの栄養成分


チョコレートに含まれる代表的な栄養成分には、ポリフェノール、テオブロミン、ビタミン、ミネラルなどがあります。いずれも人間に不可欠な成分ばかりですが、特に注目すべきはポリフェノールとテオブロミンです。ポリフェノールには抗酸化作用(アンチエイジング)や免疫調整機能など驚くほど多くの健康効果があります。テオブロミンは自然界ではほぼカカオにのみ含まれる成分で、リラックス作用や脳を活性化させる効果があります。ミネラルにも注目です。カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛などが含まれています。特に骨を作るのに重要なマグネシウムが豊富に含まれているのは見逃せないところです。カルシウムはマグネシウムと一緒に摂取しないと効果が半減してしまいますが、チョコレートにはこの2つがバランスよく含まれています。そのほか、便通を改善し肌荒れを防いでくれる食物繊維や、脳にとってのエネルギー源になるブドウ糖なども入っています。以上のようにチョコレートには身体に嬉しい成分が多く含まれています。人間の健康を助ける優れた栄養食品と言えるでしょう。


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ