メディカルハーブとは?薬との違いやメリットを紹介

 

メディカルハーブとは?薬との違いやメリットを紹介

 

「メディカルハーブ」という名前を聞いたことがあるでしょうか。メディカルハーブは体に作用する高い効果をもっており、古くから活用されてきました。現代では薬とは別のものとして分類されています。とはいえ、気軽に使いやすいものとして注目され続けています。

メディカルハーブには、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。ただ、イメージするだけでは実際の利便性はよく分からないですよね。今回は、メディカルハーブの基本的な部分について見てみましょう。

メディカルハーブとは?

メディカルハーブとはどのようなものなのでしょうか。メディカルハーブは私たちの健康をサポートできるような高い効果をもっています。まずはメディカルハーブの基本的について、メディカルハーブの使われ方や歴史的背景にスポットを当てて見てみましょう。

自然療法のひとつ

メディカルハーブは、自然療法の一種です。自然療法はナチュロジーと呼ばれることもあり、人の体に備わっている自然治癒力を高めることで健康管理や病気の予防をおこないます。自然療法は、近代医学以外の伝統的な療法です。メディカルハーブはかなり古い時代から人々の生活に密接にかかわってきました。そのため、メディカルハーブは最も歴史がある自然療法のひとつともいえるでしょう。

薬効性が高くて治療としても用いられる植物

メディカルハーブとして利用される植物は、いずれも薬効力が高くて治療にも用いられるものです。メディカルハーブにはさまざまな成分が含まれており、それが全身に作用することで高い効果を発揮します。メディカルハーブはただ香りがいいといった特徴があるだけではないのです。そういった意味でいえば、非常に有用性の高い植物だといえます。

近代医学の基礎

メディカルハーブは、近代医学で用いられる薬とは異なるものです。しかしながら、メディカルハーブは近代医学を支える医薬品のルーツとなったものです。現代でよく利用されている医薬品は、薬用の植物に含まれる成分を研究して作られています。効果が高いものだけを抽出して人工的のその成分を合成することで、医薬品として販売されています。そのため、近代医学とメディカルハーブは異なるとは言いながらも、密接な関係があることが分かります。

メディカルハーブとハーブとの違い

メディカルハーブとハーブにはどのような違いがあるのでしょうか。同じもののように思えますが、それぞれ定義づけがされています。それぞれの違いを見てみましょう。

ハーブは香りやスパイスとして活用される

ハーブは、一般的に嗜好品として知られているものを指します。たとえば、料理のアクセントとなるスパイスや香りを楽しむハーブティーは嗜好品です。これらに使用されているのは、メディカルハーブではなく一般的なハーブです。一般的なハーブは、料理や飲み物に使用することが多いでしょう。また、アロマとして香りを楽しむこともあります。ハーブのよい香りは人の心を癒す効果などもあります。

メディカルハーブは健康増進や治療に活用される

メディカルハーブは、健康を増進したり病気を治したりするための使用するものです。メディカルハーブは医薬品とは違いますが、体の機能を向上させることで効果を発揮します。そのため、一般的なハーブとは違った使い方をすることが多いです。メディカルハーブにもさまざまな種類があり、その中から体調に合わせたものを選ぶことができます。

メディカルハーブと薬の違い

メディカルハーブには健康を支える力があります。それは薬と非常に似た力です。メディカルハーブと薬には具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

薬は単一の有効成分がピンポイントで働きかける

薬は体調不良の原因にピンポイントで働きかけをおこないます。何かの病気になれば、その病気にのみ効果を発揮する薬を選ぶことで効果的に原因を解消します。これは、薬は人の手によって人工的に作られたものだからです。錠剤や粉末状にして、ピンポイントに働きかけをおこなえる成分を体内に取り入れます。塗り薬なども同様です。ピンポイントな働きかけをおこなうことで、効率的に症状の原因を改善することを目指します。

メディカルハーブはさまざまな薬効が複合して多方面に働きかける

メディカルハーブにも薬のように体調不良に働きかける力があります。しかしながら、メディカルハーブは1つの病気に対してピンポイントに作用するということはありません。メディカルハーブは自然の植物ですから、必ずしも画一的な効果をもっているというわけではないのです。メディカルハーブを活用するときは、その症状に合わせて効果能のあるものをいくつか合わせることで症状の改善を目指します。

メディカルハーブのメリット

メディカルハーブにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ピンポイントで作用するわけではないメディカルハーブにも、薬とは違ったメリットがあります。最後にメディカルハーブのメリットについて確認してみましょう。

効果が穏やかで副作用を起こしにくい

メディカルハーブは薬に比べて効果が穏やかだという特徴があります。そのため、副作用を起こしにくいです。何か困った症状が起きた場合でも、メディカルハーブを活用すれば治療による弊害を心配することなく、症状の改善を目指すことが可能です。薬に頼りたくないという思いがあるなら、メディカルハーブを利用することでさまざまな不安を解消できます。

日常的に取り入れやすく心身を守る

メディカルハーブは、日常的に取り入れやすいというのが大きな魅力です。健康維持のために使用することができるので、日常生活で使用しても問題はありません。薬は病気になってはじめて使用することができますが、メディカルハーブならちょっと体調が悪いと感じたときでも気軽に使用できます。そうすることで大病に至るのを防いだり、病院に行かなくても済んだりする可能性があります。

メディカルハーブとは気軽に取り入れられる健康法

メディカルハーブとは気軽に取り入れられる健康法

 

メディカルハーブは、古い時代から人々に重宝されてきたものです。そのため、その確かな効果が認められています。現代で使用されている薬ももともとは、メディカルハーブを使用して作られています。そういった点から考えると、メディカルハーブは人々にとって無くてはならない大切な存在です。メディカルハーブが昔から使われてきたからこそ、現代でさまざまな医薬品が販売されています。メディカルハーブをうまく活用できれば、自分の健康をしっかりと維持したり管理したりするのに役立ちます。日常的に使用できるというのがメディカルハーブの嬉しいポイントです。

メディカルハーブを上手に活用すれば、私たちの健康をしっかりサポートしてくれる存在になります。日常的に取り入れることができるので、薬を使用するのに抵抗がある場合でも使うことが可能です。より気軽に使用できるのがメディカルハーブの大きな魅力だといえるでしょう。もちろん、薬のようにピンポイントな効果があるわけではないですが、メディカルハーブの種類を覚えておけばいざというときに重宝すること間違いなしです。自分自身の体に合ったメディカルハーブを見つけて、健康維持や病気の予防などのために活用してみてはいかがでしょうか。

ハーブに関する記事一覧

 

 

ハーブについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ