• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 食の知識の資格取得講座一覧 > 介護食資格取得講座 > 介護食の資格と勉強について

介護食に関するコラム

介護食資格取得の通信教育講座

介護食の資格って?自分に合う勉強方法を選ぼう

介護食の資格って?自分に合う勉強方法を選ぼう

介護食は、介護をするうえでとても重要なものです。介護食に関する資格としては、どのようなものがあるのでしょうか。介護食に関する資格としては複数のものがあります。そのため、介護食の概要をしっかり押さえたうえで、自分に合う資格を選ぶようにするといいでしょう。

今回は、介護食の資格についての情報をひっくるめて紹介します。まずは概要をしっかりと知ることが大切です。介護や介護食の資格に興味をもっている人は、ぜひ参考にしてください。

介護食とは?

介護食とは、そもそもどのような定義のあるものなのでしょうか。介護食の資格を取るのであれば、介護食の概要や種類についてもしっかりと理解しておいたほうがいいでしょう。ここでは、介護食の基本的な概要や種類について説明します。

概要

介護食とは、高齢者の状態に即して食べやすくした食事のことを意味します。高齢者になると、食事や食材によっては食べにくいと感じる部分が出てくるものです。食事が食べにくいと自然と栄養不足やエネルギー不足になる可能性があります。高齢化する社会において介護食は、どんどん需要が高まってきているといえるでしょう。

介護食の種類

介護食としては、さまざまな種類があります。高齢者の口腔機能の状態は、人によってもそれぞれ異なります。そういった状態に合わせたさまざまな介護食の種類があります。たとえば、食事を細かくきざんだ「きざみ食」、ミキサーで柔らかくした「ミキサー食」、本物の食事に似せつつ柔らかい素材で作った「ソフト食」などがあります。

介護食の需要と資格取得後の活躍の場

介護食は、どのようなところで需要があるのでしょうか。また、資格を取得した場合、どのような場面で活躍することができるのかについてもきになるところです。そこで、ここでは、介護食の需要や資格取得後の活躍の場について紹介します。

介護業界・福祉業界

介護食についての資格が役に立つ業界としては、介護業界・福祉業界があげられます。介護業界・福祉業界で介護食の資格を活かす場合、介護施設や訪問介護の食事を作る仕事をすることになるでしょう。また、病院に勤務するのであれば、管理栄養士の資格ももっていると役に立ちやすいです。介護業界・福祉業界では介護食の需要が高いため、さまざまな活躍をできる可能性が高いです。

飲食業界・食品業界

介護食は、飲食業界や食品業界でも需要があります。なぜなら、介護食の市場は高齢化とともにどんどん拡大しているからです。介護を受ける対象者が増えていけば、その分、介護食に対する需要はさらに増えていきます。よって、飲食業界や食品業界では、介護食は今後の注目株だということもできるでしょう。介護食についての資格をもっていると、介護食の商品開発の仕事でも役に立てることができます。直接高齢者と関わる機会が少なくても、そのようにして高齢者の介護に携わる事が可能です。

在宅介護

介護食の知識は在宅介護でも役立てることが可能です。最近では、介護を在宅でおこなう機会もどんどん増えてきました。そのため、在宅介護の支援制度の需要もどんどん高まっているところです。よって、在宅介護に関わる仕事をするなら、介護食の知識もあると重宝するでしょう。介護食の資格があれば、介護されている人はもちろん、在宅で介護している人に対しても役に立つ知識を提供することができるでしょう。

自分の老後や将来への備え

介護食に関する資格を取得して知識を身につけておけば、将来的に自分の家族に介護が必要になったときでもスムーズに対応することができます。寿命が長くなっている現代においては、いつ家族の介護が必要になるかはわかりません。そのため、介護についての備えがしっかり整っていることに越したことはありません。また、介護食についての知識があれば、自分自身が高齢になったときでも役に立つ可能性があります。人の手を借りて介護を受ける必要はない段階でも、食事が食べにくいと感じるようになるケースはあるでしょう。そういったときに介護食についての知識があると、スムーズに自分のペースでの暮らしを継続できます。

介護食の資格の種類

介護食に関連する資格としては、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。介護食に関する資格としては、複数のものが存在します。そのため、介護食の資格を取るなら、それぞれを比較して自分に合うものを選ぶことが大切です。ここでは、介護食の資格の種類について説明するので、しっかり見てみてください。

介護食アドバイザー

介護食アドバイザーは、一般社団法人日本能力開発推進協会が認定している資格です。通信講座を受講すると、試験の受験資格を得られます。そのため、すでに自宅で介護をおこなっている人でも資格取得を目指すことが可能です。また、働いている人でも資格取得のために勉強しやすいでしょう。しっかり通信講座で学習すれば資格を取得できる可能性が高いため、まずは挑戦してみるといいです。

介護食士(1~3級)

介護食士は、全国調理職業訓練協会が認定している資格です。この資格を取得することにより、要介護者のための介護食に関する専門知識や調理の技術を身につけていることを証明できます。管理栄養士や調理師の資格をもっている人も取得を目指すことが多くある資格です。

介護食のいろいろな勉強方法

介護食について勉強する方法としては、さまざまなものがあります。介護食の勉強をするなら、自分に合った勉強方法を選んでスムーズに勉強を進めましょう。基本的な勉強方法をここで紹介しておきます。

教室

教室へ通えば、その道のプロからしっかりと知識や実技を学ぶことが可能です。ただし、通学のための交通費もかかります。また、安くはない授業代もかかるので、かかる費用の総額は高めです。そのため、しっかりとした目標に向かって勉強したいという人に向いているでしょう。

通信講座

通信講座を選べば、自分のペースながら一定のカリキュラムに従った勉強ができます。通学も必要ないため、日常生活の隙間時間を活用して勉強できるのがいいところです。

独学

介護食についての勉強は独学でもできないことはありません。しかしながら、独学するとなると、わからないこともすべて自分で答えを導き出す必要があります。まったくの素人の状態から独学するとなると、正しい知識を身につけられるかどうか不安な部分もあるでしょう。介護食はときに人の命にも関わるものなので、できればきちんとした知識を身につけられる勉強方法を選んだほうが安心です。

介護食の資格取得のための勉強を始めよう

介護食の資格取得のための勉強を始めよう

介護食の資格としては複数のものがあります。そのため、まずは自分にどの資格が合うのかについてよく考えてみることが大切です。介護食の知識は、さまざまな業界のいろいろな場面で活かすことが可能です。人によって、資格の活かし方は多種多様となります。介護食の資格はたくさんの場面で役立つ可能性が高いので、資格取得を決めたらしっかりと勉強して知識を身につけるようにしてください。勉強方法としても複数の選択肢があるので、生活スタイルや自分の性格に合わせて選ぶといいです。介護食の資格取得のために、まずは勉強を始めてみましょう。学んだ知識を活かせるかどうかは、勉強をどれだけしっかりするかどうかにも関係しているので頑張ってください。

介護食を学ぶなら

介護食通信講座

SARA の介護食資格講座は 2 種類の介護食資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


介護食に関する記事一覧

介護食についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
介護食基本コース
資格を目指すコース!!
介護食
人気講座

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

介護食プラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

介護食資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

介護食資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座