お菓子作りについて

お菓子作り 基本コース / プラチナコース

お菓子作りについて

バターができるまで

バターは牛乳から分離したフレッシュクリームから作られます。乳脂肪率を調整したクリームを殺菌し熟成させた後、機械的に撹拌・振動させてクリーム内に分散している脂肪粒からバター粒を形成させます。このクリームをかき混ぜてバターを取りだす作業をチャー二ングと呼びます。できたバターは冷水で洗い、分離したバターミルクを洗い流します。このバターミルクはパンケーキを作る際に加えることで独特のミルキーな香りを生み出すことができます。バターを練り合わせることによってバターがしっかり乳化してなめらかな締まった状態になれば完成です。水分量を16%程度に調整して型に入れて成形し、包装して出荷します。

バターの栄養分と組成

バターにはパルミチン酸やリノール酸、オレイン酸などの脂肪酸など数多くの種類の脂肪酸が含まれています。融点は31~36℃なのでひと肌で溶けます。バタークリームなどのなめらかな口どけはこの融点を利用して生まれたものです。一度溶けたバターは組成が変わってしまうため、風味が劣化しないように取り扱いや保存には充分注意が必要です。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ