• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 食の知識の資格取得講座一覧 > お菓子作り資格取得講座 > お菓子作りの基本用語

お菓子作りに関するコラム

お菓子作り資格取得の通信教育講座

お菓子作りの基礎!覚えておきたい基本用語について紹介

お菓子作りの基礎!覚えておきたい基本用語について紹介

お菓子作りついては、さまざまな用語があります。お菓子作り以外ではあまり使用しないものも多いので、お菓子作りを始める段階では、用語がよく分からないという人も多いのではないでしょうか。しかし、お菓子作りの用語をきちんと覚えることは、お菓子作りをスムーズに進めるためにとても重要なことです。

そこで今回はお菓子作りの基本用語について紹介します。お菓子作りをおこなうのであれば、お菓子作りの基本用語についてしっかりと理解するようにしましょう。

お菓子作りの用語の種類

お菓子作りの用語にはさまざまなものがあります。お菓子作りをおこなうなら、お菓子作りの用語にはどのようなものがあるのか知っておいたほうが、スムーズに作業することができるでしょう。お菓子作りの用語には、さまざまな種類分けがあります。まずはお菓子作りの用語の種類について確認しておきましょう。

一般的な基本用語

お菓子作りには、一般的に広く使われている基本の用語があります。基本用語はお菓子の種類に限らず広く使われているので、どのようなお菓子を作る場合にもぜひ覚えておきたいところです。基本用語を理解していれば、お菓子作りの手順についての理解も早くなるでしょう。お菓子作りを始めるなら、最初に基本の用語を覚えるようにしてみてください。

パティシエ・製菓用語

お菓子作りの用語としては、パティシエが使う専門的な用語もあります。一般的な基本用語に比べると、難しいものも多いです。ただし、お菓子作りに慣れてくれば、パティシエが使う製菓用語も十分理解して使えるようになるでしょう。専門的な用語を覚えておけば、さまざまな場面で便利に活用できるはずです。基本用語をだいたい把握することができたら、パティシエが使うような製菓用語についても覚えるとよいでしょう。

和菓子用語

お菓子作りの用語としては、和菓子用語もあります。お菓子作りといえば洋菓子のイメージが強いかもしれませんが、和菓子も手作りすることが可能です。和菓子を手作りしたいという場合は、和菓子についての用語もしっかり押さえておいたほうがいいでしょう。和菓子用語には洋菓子用語にはないようなものもあるので、作り方に迷うことがないように理解しておきたいところです。

お菓子作りの用語の対象になるのは?

お菓子作りの用語とは、どのような場面で使うのでしょうか。お菓子作りにはさまざまな工程があるため、それぞれについて用語があります。お菓子作りの独特な工程を説明するためにも、お菓子作りの用語はとても重要な役割を果たします。料理ではおこなわないような工程についても、お菓子用語を使うことで分かりやすく説明することができます。ここでは、お菓子作りの用語がどのような工程を対象としているのかについて説明します。

動作

お菓子作りの用語の対象となるものとしては、動作があげられます。お菓子作りにおいては、さまざまな動作がおこなわれます。料理などではおこなわない独特な動作もあるので、お菓子作りの用語をしっかりと覚えておかないと何をしたらいいのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。お菓子作りをおこなうなら、お菓子作りの動作についての用語をまずはきちんと押さえることが重要です。

材料

お菓子作りにおいては、材料についての用語も理解しておきましょう。お菓子作りにしか使わない材料も少なくないため、材料についての用語もきちんと押さえておかなければなりません。材料はお菓子作りを始める前の段階で用意しなければならないので、最初の段階で用語をしっかり知っておく必要があります。材料についての用語をしっかり押さえておけば、スムーズにお菓子作りをスタートさせることができるでしょう。

技法

お菓子作りでは、技法に関する用語もとても重要です。細かい手の動かし方の違いによって、仕上がりに差が出ることもあります。お菓子作りにおける失敗を避けるためには、お菓子作りの技法についての用語をしっかり理解しておくようにしましょう。用語の意味を理解したうえで、実際のやり方についても把握しておくことが大切です。

製法

お菓子作りには、製法に関する用語もあります。同じお菓子でも、製法によって味や風味に変化が出ます。複数の製法で作ることができるお菓子もあるので、製法の違いについて用語とともに理解しておくことはとても重要です。いろいろな製法について把握するようにしましょう。

お菓子作りの基本用語

お菓子作りの基本用語としては、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、お菓子作り教室や書籍でも使用される一般的な用語について紹介します。まずは紹介する用語についてしっかり理解し、お菓子作りの用語を覚えるきっかけとしてみてください。

泡立てる

泡だて器やハンドミキサーなどを使用して、材料に空気を含ませる作業のことをさしています。空気を取り入れることで、ふんわりとした仕上がりにすることができます。お菓子の中には、泡立てる工程が使われることが多いです。特に卵や生クリームを使用するお菓子であれば、泡立てる工程が含まれるケースがとても多いといえるでしょう。

あら熱をとる

熱を加えた材料を冷まし、熱すぎない温度になるまで熱をとることを「あら熱をとる」といいます。お菓子作りにおいては、材料を少しの間放置してあら熱をとることが多いです。もしくは氷水を使うことで、熱を一気にとる方法もあります。レシピを参考にして適した方法であら熱をとるようにしましょう。

打ち粉(うちこ)

素材どうしがくっつくのを防ぐために小麦粉を振ることを「打ち粉」といいます。たとえば、クッキーの生地は他のものにあたると生地がくっついてしまうことがあります。そういったときは生地や使用する道具に打ち粉をして、くっつくのを防ぎながら作業します。基本的に、強力粉を使うことが多いです。

裏ごし

「裏ごし」とは網目状の器具に材料を通すことで、滑らかにする作業のことです。加熱するなどしてやわらかくしたものを使います。裏ごしすることで味だけでなく、舌触りもよいお菓子を作ることができます。裏ごしの作業は面倒にも思えますが、ひと手間加えることで段違いにおいしいお菓子を作ることができるので、きちんと作業するようにしましょう。

お菓子作りをするなら基本用語をしっかり覚えよう!

お菓子作りをするなら基本用語をしっかり覚えよう!

お菓子作りには、たくさんの独特な言い回しがあります。それぞれに重要な意味があるので、お菓子作りをおこなうならしっかりと理解しておいたほうがいいでしょう。お菓子作りをするとなると、レシピや先生もお菓子作りの用語を使って説明をします。そのため、お菓子作りの用語をきちんと覚えていないと、スムーズにお菓子作りを進めることができなくなってしまいます。せっかくお菓子作りをするなら、きちんとしたお菓子を作りたいですよね。お菓子作りの用語を覚えることは、お菓子作りを上達させるためにも重要なことです。もちろん、たくさんの用語があるのですべてを一気に覚えるのは大変かもしれません。とはいえ、よく使うものだけに絞ると数は少なくなるので、まずは基本用語からマスターするようにしましょう。そうすれば、自然と難しい用語も理解できるようになっていくはずです。お菓子作りをするなら基本用語をしっかり覚えましょう。

お菓子作りを学ぶなら

お菓子作り通信講座

SARA のお菓子作り資格講座は 2 種類のお菓子作り資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


お菓子作りに関する記事一覧

お菓子についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
お菓子作り基本コース
お菓子作り資格を目指すコース!!
お菓子作り人気講座
お菓子作り資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

お菓子作りプラチナコース
お菓子作り資格を楽に取得!!
簡単資格取得
お菓子作り資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

お菓子作り資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

お菓子作り資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座