パンに関する資格とは?種類やメリットを紹介

 

パンに関する資格とは?種類やメリットを紹介

 

パンが好きな方のなかには、パンの資格を取得したいと考える人も多いのではないでしょうか。パンの資格を取得すれば、パンについてこれまで以上に楽しめるようになります。パンに関する仕事を始める場合でも、パンに関する資格があるととても有利です。

パンに関する資格には、具体的にどのような種類があるのでしょうか。また、パンに関する資格を取得すると具体的にどのような知識が身に付くのか気になりますよね。今回は、パンに関する資格について詳しく紹介します。

パンに関する国家資格「パン製造技能士」

パンに関する国家資格としては、パン製造技能士があります。まずは、パンに関する国家資格について、詳しくみてみましょう。

唯一の国家検定制度

パン製造技能士は、パンの製造についての唯一の国家資格です。そのため、資格を取得しておけば、自分自身のスキルを示すのにおおいに役立ちます。

特級・1級・2級がある

パン製造技能士の資格には、特級・1級・2級の3つの種類があります。特級は管理者や監督者がもつべきスキルの証明となる、もっとも難易度の高い資格です。1級は上級技能者がもつべきスキルを確認する資格となっています。2級は中級技能者がもつべき程度のスキルを扱う資格です。

パン製造に必要な技術を身につける

パン製造技能士の資格は、パンの製造に欠かせない技術を身につけることによって取得できます。資格試験は誰でも受けられるわけでなく、一定期間以上パンの製造に携わっていることが受験資格となっています。

パン製造技能士の取得方法

パン製造技能士の資格を取得するには、具体的にどのようにすればよいのでしょうか。ここでは、それぞれの試験の概要や受験資格について紹介します。

学科と実技

パン製造技能士の試験では、学科や実技がおこなわれます。受験する級によって試験の実施方法はことなります。そのため、それぞれの資格に合った対策が必要です。

2級

パン製造技能士2級の試験を受験するには、2年以上の実務経験が必要です。ただし、職業訓練を受けた経歴があったり、特定の学歴があったりすると、この期間が免除や短縮になることもあります。2級の試験は実技でおこなわれます。具体的には、山形食パンを指定の型で3本作ります。

1級

パン製造技能士1級の試験を受験するには、7年以上の実務経験がないといけません。1級も2級と同じく、実技試験が課されます。1級では、山形食パンを指定の型で4本作ります。

特急

パン製造技能士の特級を受験するには、1級に合格してから5年以上の実務経験を経ていることが要件となります。試験は学科のペーパーテストです。工程管理や作業管理などに関する知識について回答します。

パンに関する資格

パンに関する資格としては、パン製造技能士のほかにもさまざまなものがあります。パンに関する国家資格はパン製造技能士のみですが、それ以外の資格にもいろいろなメリットがあります。パンの製造に関する実務経験がなくても受験できるので、まずはこれらの資格取得から目指してみるのもひとつの手だといえるでしょう。

パンコーディネーター

パンコーディネーターの資格は、パンを食べる際に必要な幅広い知識が問われます。専用の講座を受講することで受験資格を獲得できます。パンコーディネーターエキスパートやパンコーディネーターアドバンスに分かれています。パンコーディネーターアドバンスは、パンコーディネーターエキスパートの資格を取得すると受講や受験が可能になります。パンが好きでプライベートで楽しみたい場合だけでなく、仕事に活かすこともできる資格です。

パンシェルジュ検定

パンシェルジュ検定は、パンが好きな人やパンの専門家を目指している人に役立つ資格です。パンシェルジュ検定は、1~3級に分かれています。級が上がるごとにパンに関する専門的な知識が学べるようになっています。パンについての知識を深めていきたいなら、3級から順番に資格取得を目指していくといいでしょう。

パンマイスター

パンマイスターは、通信教育だけで取得可能な資格です。パンの作り方についての技能を基礎からしっかり学ぶことができます。具体的には、118種類ものパンのレシピを習得できます。また、レシピ以外にも経営スキルや開業ノウハウも学ぶことができるのが大きな魅力です。パン屋さんとして開業したい人にもおすすめの資格です。

パンアドバイザー

パンアドバイザーは、パンのある生活を楽しむことを目指した資格です。パンアドバイザーの資格を取得すれば、自分なりにパンのおいしさを知り、パンを生活のなかで活かすことができるようになります。パンを食べるのが好きな消費者、パン職人などさまざまな人の役に立つ資格です。

資格を持つメリット

パンに関する資格を取得すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。パン職人になるためには、必ず取らなければならない資格というものはありません。それでも資格取得をすることにはさまざまなメリットがあるのが事実です。ここでは、パンに関する資格を取得するメリットについて紹介します。

パン屋やパン教室を開くときに有利

パンの資格は、パン屋やパン教室を開くときにとても有利です。資格がなくてもパンに関する開業をすることは可能ですが、やはり資格があるとまわりからの信用を獲得しやすくなりますし、お客さんも呼びやすいです。パンの資格のなかには比較的簡単に取得できるものもあるので、そういったものから取得を目指してみるのがおすすめです。

就職に役立つ

パンに関する仕事に就きたいのであれば、パンの資格をもっているととても役に立ちます。採用の際もパンへの興味関心をアピールする材料となります。また、それだけでなく、実際に働き始めてからもパンに関する知識を仕事に役立てることができるでしょう。

パンのある生活を送れる

パンの資格を取得していれば、日常生活のなかで存分にパンを楽しむことが可能です。毎日なにげなく口にするパンでも、知識があればこれまでと違った視点で食べることができます。パンの資格を取得すれば、パンのよりおいしい食べ方を知ることもできるので、パンの魅力を最大限に活かすことができるようになります。パンを仕事にしようとしている人でなくても、パンが好きなら資格を取得するのがとてもおすすめです。

パンに関する資格はたくさんある!

パンに関する資格はたくさんある!

 

パンに関する資格には、さまざまな種類があります。 それぞれパンについての詳しい知識を学ぶことが可能です。パンのさまざまなレシピを知り、よりおいしいパンの食べ方を理解できるものもたくさんあります。パンに関する資格は仕事だけでなく、プライベートでパンを食べる場面でも役立てることが可能です。パンに関する資格には種類がたくさんあるので、まずは自分のレベルに合ったものを選んで知識を深めることをおすすめします。そうすれば、少しずつパンについて詳しくなっていくことができます。通信講座だけで資格取得を目指すことも可能なので、無理なく自分のペースで学ぶことが可能です。パンの資格の取得を目指し、たくさんのパンのおいしさを楽しんでみてはいかがでしょうか。パンの資格を取得すれば、パンの魅力を多くの人に伝える役割を担うことも可能です。パンの資格を取得して、おいしいパンとより親密な関係を築いていきましょう。

パンに関する記事一覧

 

パンについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ