現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 食の知識の資格取得講座一覧 > 手作りパン資格取得講座 > パンの焼き時間と上手に焼くコツ

に関するコラム

資格取得の通信教育講座

パンの焼く時間の長さは?と上手に焼くコツを伝授!

 

パンの焼く時間の長さは?と上手に焼くコツを伝授!

パン作りといえば、パンを焼くシーンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実際、パン作りにおいてパンの焼成はとても重要な工程です。おいしいパンを仕上げるためにも、パンの焼き方にはしっかりとしたこだわりをもちたいところです。

パンを焼くときはどのような点に気を付けたらいいのでしょうか。パンを焼くときは焼く時間の長さが重要です。そこで今回は、パンを焼く時間について説明します。あわせてパンを上手に焼くコツについても伝授するので、ぜひ参考にしてみてください。

パンの焼成

パン作りにおいては、焼成はパンの出来具合を決める重要な工程です。パンの焼成にはどのような意味があるのでしょうか。まずは、パンの焼成についての概要を押さえておきましょう。

パンを焼く工程を「焼成」という

焼成とは、パンを焼く工程を表しています。パンをこねて発酵させ、成形した後に焼成をおこないます。パンの焼き方は、パンの見た目だけでなく食感も左右する大切な工程です。焼き方のコツを押さえてしっかりと焼成をおこなう必要があります。

火を通して食べられる状態にする

焼成をおこなう意味としては、生の生地に火を通して食べられる状態にするという意味合いもあります。パンの生地を焼く前は、柔らかい状態でそのまま食べることはできません。しっかり火を通すので中に具材を入れたパンなども作ることができます。

焼成のステップ

焼成では、具体的にどのようなステップを踏んでパンを焼いていくのでしょうか。パン作りの焼成をしっかりとおこなうためには、焼成のそれぞれのステップをしっかり理解しておくことが大切です。ここでは、各ステップについてのポイントを説明します。

窯伸び

窯伸びとは、パンを焼く工程で生地が伸びることを表しています。窯伸びは、オーブンスプリングともよばれています。具体的には生地の温度が上昇し、炭酸ガスが膨張することで窯伸びが起きています。約60度でイースト菌が死滅するので、その温度になるまで窯伸びし続けるといわれています。

色付き

パンを焼くと、見た目の色も大きく変化します。きつね色の焦げ目がつくことでおいしそうな雰囲気が出ます。そのため、パンの色は出来栄えを左右する重要な要素となります。しっかりとパンが焼けることにより、パンらしいよい香りを放つようになります。

焼き時間の設定方法は?

パンは種類がたくさんあり、種類によって焼き時間の目安は異なります。パンの焼き時間はどのように設定すればよいのでしょうか。パンをおいしく焼きたいなら、どのような要素がパンの焼き時間に関係しているのかしっかり押さえておいたほうがよいでしょう。ここでは、パンの焼き時間の設定方法について説明します。

焼き時間を決める要素

パンの焼き時間は、ある程度の決め方があります。パンを焼くための時間は、分割したサイズやパンの種類のほか、オーブンの特性も大きく関係しています。一般的には、「焼減率=(生地重量-焼成後重量)÷生地重量」という計算式により、パンの焼く時間が決定されています。

糖分の量による焦げやすさの違い

パンは、生地に含まれる糖分の量によって焦げやすさが異なります。たとえば、副材料を多く含んでいるリッチなパンは焦げやすいです。そのため、低めの温度でじっくり焼く方法が適しています。また、主材料だけで作られたリーンなパンは、焦げ目はつきにくいです。そのため、高温でしっかり焼いても大丈夫です。

分類別の焼き時間目安

では、具体的にはパンを焼く時間はどの程度を目安にしたらいいのでしょうか。パンの種類によって、必要な焼き時間は大きく異なります。そのため、焼き時間を間違うとパンのおいしさがイマイチになってしまう恐れもあるので注意が必要です。ここでは、代表的なパンの分類ごとにパンの焼き時間の目安について説明します。目安を押さえて、それぞれのパンに適した焼き時間を確保しましょう。

ハード系

バゲットなどハード系のパンは、高温で一気に焼き上げることが多いです。具体的には、250℃の温度を維持できる場合はそのまま15~18分かけて焼き上げます。温度を保つのが難しい場合は、空焚きしてしっかりオーブンを温めたり、少し温度を下げた状態で長めに焼いたりして調整をおこないましょう。

ソフト系

丸パンなどソフト系のパンは、190~210℃程度で15分くらい焼くとちょうどよいです。ただし、ソフト系のパンは種類によって焼く時間は変化します。また、オーブンのタイプによっても、焼く時間は調整する必要があります。なお、白いパンはより短い焼き時間で焼き上げる必要があります。

パンをおいしく焼成するためのコツ

パンをおいしく焼き上げるためには、どのようなところに気を付けたらいいのでしょうか。せっかく自分でパンを焼くなら、なるべくおいしく仕上げたいですよね。パンをおいしく焼成するには、いろいろとコツがあります。ここでは、パンをおいしく焼成するためのコツについて説明します。

家庭のオーブンの特性をしっかり知っておくこと

家庭用のオーブンは、種類によって大きく性能が異なることが多いです。そのため、自分の家のオーブンがどのような特性をもっているのかについて、あらかじめきちんと理解しておくことが大切です。家庭用のオーブンのなかには、レシピに書いてあるような高い温度が出ないものもあります。その場合は、焼く時間やオーブンの使い方の工夫などで調整して対応するしかありません。

なるべく温度で調整する

パンを焼くときの調整は、できる限り温度でおこなうようにしましょう。焼く時間を長くするのもひとつの方法ではありますが、時間で調整するとパンがうまく焼けないこともあるので注意が必要です。そういった意味でいえば、新しくオーブンを買う場合はどの程度の温度が出るかしっかり確認しておく必要があるでしょう。

パンの焼き時間にはしっかりこだわりをもとう

パンの焼き時間にはしっかりこだわりをもとう

パンをおいしく仕上げるためには、パンの焼き時間にもしっかりとこだわりをもつことが大切です。パンの焼き時間は、パンの総合的な出来栄えに大きく影響を与えます。パンの焼き時間はパンの種類によっても違うので、状況に合わせて適切な焼き方をしなければなりません。慣れないうちはパンの焼き加減を調整するのが難しく思えますが、慣れてくるとそれぞれの焼き方のコツがつかめてきます。パンの焼き具合はオーブンそのものの性能や特徴にもかなり左右されます。そのため、まずは何回もパンを焼いてみて、いろいろな確認をおこなったほうがよいでしょう。

パン作りにおいては、焼成だけでなく発酵やベンチタイムなどもとても重要です。とはいえ、そういった工程がいくらうまくいっても、焼成を失敗するとおいしいパンを作ることはできなくなってしまいます。そのため、焼成にこだわることはとても重要です。焼成はパンの見た目も決定づけるため、パンの完成度を決めるといっても過言ではありません。パン作りをするなら、やはりきれいにパンを焼き上げたいと考える方が多いはずです。焼成ではパンに合わせた焼成をおこなって、しっかりパンを焼き上げるようにしましょう。そうすれば、プロのようにおいしそうなパンを作ることも可能です。少しずつコツを押さえて、見た目も味もおいしいパンを作りましょう。



手作りパンに関する記事一覧

パンについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
手作りパン基本コース
手作りパン資格を目指すコース!!
手作りパン人気講座
手作りパン資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

手作りパンプラチナコース
手作りパン資格を楽に取得!!
簡単資格取得
手作りパン資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

手作りパン資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

手作りパン講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座