パン生地がベタベタになる理由は?まとまらない原因と対処法

 

パン生地がベタベタになる理由は?まとまらない原因と対処法

パンの生地を捏ねていると、べたつきが気になることもあります。パン生地がベタベタする原因はどのようなことがあるのでしょうか。パン生地のべたつきを抑えるには、原因もしっかり把握することが大切です。原因をしっかり理解すれば、パンがべたついてしまったときにも効果的な対処法を選ぶことができます。

今回は、パン生地がベタベタする理由について説明します。あわせてパン生地がまとまらない原因と対処法についても紹介するので、パン生地のべたつきが気になる人はぜひ参考にしてみてください。

パン生地がまとまらない原因

パン生地がまとまらないのは、どのような原因があるからなのでしょうか。パン作りで生地がまとまらないときは、必ず何らかの理由があります。そのため、まずはどのような原因があるのかしっかり把握しておくことが大切です。ここでは、パン生地がまとまらない原因を説明します。

グルテンがしっかりと形成されていないから

パン生地がまとまらない理由をひとことで説明すると、グルテンがしっかりと形成されていないことがあげられます。グルテンの形成がうまくいかないと、イースト菌によって発生した炭酸ガスをきちんとパン生地内にとどまらせておくのが難しくなります。そのため、グルテンはパンを膨らませたり均一なふわふわ感を出したりなど、さまざまなパンの特徴に大きく影響を与えています。グルテンをしっかり形成することが、まとまりのあるパンを作るための第一歩です。

捏ねの正解とは?

パン生地を捏ねていると、最初は手にまとわりついてくる感じがします。しかし、捏ね続けていると生地は徐々にまとまってきて手から離れるようになります。そして、グルテンがしっかり形成されると、生地を伸ばしたときに薄い膜ができるようになります。薄い膜ができるようになるまでには、かなりしっかりと生地をこねなければなりません。十分に記事を捏ねることができるようにしましょう。

ベタベタになる理由

では、生地がベタベタになってしまう理由としては、どのようなことがあげられるのでしょうか。生地がベタベタになる理由についても、さまざまなことが考えられます。ここでは、生地がベタベタになってしまう理由について確認しましょう。

捏ね上げ温度が高い

生地がベタベタしてしまうときは、捏ね上げの温度が高い可能性があります。特に糖分が多い生地は温度が高くなりがちです。また、手の温度が高い場合も、知らず知らずのうちに生地の温度が上がってしまう恐れがあるので注意が必要です。生地を捏ね上げるときは、水や材料の温度を調節して必要以上に生地全体の温度が上がらないように気を付けましょう。

水の量が多い

パンがベタベタになる理由は、他にもあります。それは、パンの水の量が多い場合です。パン生地の水分が多いと、生地がまとまりにくくなりベタベタした状態になります。パンには水分も必要ですが、多すぎる水分はおいしいパン作りに支障をきたすことになるので注意しましょう。

油脂が多い

生地に油脂が多い場合も、パン生地がベタベタする原因のひとつとなります。なぜなら、生地に油脂が多いと、グルテンを阻害する要因となってしまうからです。生地に適量の油脂を含ませると、風味などを足すこともできます。また、滑りをよくしてまとまりをよくする効果も期待できます。とはいえ、入れ過ぎるとべたつきの原因となるため、油脂についても入れ過ぎには気を付けましょう。

パン生地がべたついてしまうときの対処法

いろいろなポイントに気を付けてはいても、どうしてもパン生地がべたついてしまうという人もいるかもしれません。パンの生地のべたつきが気になるときは、どのようなことをすればべたつきを改善することができるのでしょうか。ここでは、パン生地がべたついてしまうときの効果的な対処法について説明します。

水分量が少ないパンから始める

パン作りの初心者であれば、水分量の少ないパンから作り始めたほうがべたつきを気にせずにおいしいパンを作りやすいです。水分量の多いパンは難易度が高いため、初心者向きではありません。まずは水分量が少ないパンから作り始め、慣れてきたラ少しずつ水分量の多いパンにも挑戦するようにするとよいでしょう。

手袋を着用する

パン生地がべたついてしまうときは、手袋を着用するのもひとつの手です。素手で作業していると、どうしても手にベタベタとパン生地がつきやすくなります。手袋の中でも薄手の手袋を選べば素肌に近いため、素手で作業しているときと同じような感覚でパンを捏ねることができます。

機械で捏ねる

パン生地のべたつきが気になる場合は、機械で捏ねるのもおすすめです。機会を使って生地を捏ねれば、捏ねるのに慣れていない人でも上手にパン生地を作ることができます。また、手の温度が高い人も機械で生地を捏ねれば、生地が発酵しすぎるのを防ぐことができるでしょう。家庭でパンを作るなら、たとえば、ホームベーカリーやフードプロセッサーなどを使用するとパン作りがより簡単になります。

パン生地を捏ねるときのコツ

パン生地をベタベタさせないためには、捏ねるときに押さえておきたいコツがあります。きちんとコツを押さえてパン生地を捏ねるようにすれば、生地のべたつきを最小限に抑えることが可能です。ちょっとしたポイントによっても、パン生地のべたつきは変化します。パン生地を上手に扱ってべたつきを抑えながら、生地を捏ねていきましょう。

打ち粉をしすぎない

パン生地のべたつきを防ぐには、打ち粉をしすぎないようにするのがポイントです。打ち粉をしすぎてしまうと、生地の配合のバランスが変わってしまいます。そうなると、パン生地がべたつきやすくなる可能性も高くなってしまうので注意しましょう。具体的には、パンの水分が飛んでしまって乾燥につながります。

室温や季節も意識

パン生地をベタベタさせないようにするには、室温や季節も意識しましょう。きちんと分量を量っても室温や季節によっては、生地に与える影響が変わってしまいます。そうなると、パンがべたつきやすくなる恐れがあるので気を付ける必要があります。パンの種類による違いもあるので、それぞれの状況に合わせて調節する必要があります。

パン生地がべたついてまとまらないときは効果的な対策を!

パン生地がべたついてまとまらないときは効果的な対策を!

パン生地がべたついてまとまらないときは、いろいろな原因が考えられます。そのため、原因に合わせた対処法をきちんと選んで実践することが大切です。原因に合わせて対処することができれば、パン生地を上手にまとめることができます。せっかく手作りでパンを作るなら、上手にパン生地を扱いたいですよね。パン生地を上手に扱うことは、パンの出来上がりにも大きな影響があります。きちんと生地をまとめることができないと、パンをおいしく仕上げるのが難しくなってしまうでしょう。おいしいパンを作るためには、パン生地をしっかりまとめて上手に扱うことが必要です。最初は難しく感じることもありますが、コツを押さえて実践していけば少しずつパン生地の扱い方にも慣れていきます。パン作りは奥が深いので、少しずつ技術を身につけていく姿勢を大切にする必要があります。パン生地の扱い方をマスターしておいしいパンを自分の手で作り出せるようになりましょう。


TOPへ