現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 食の知識の資格取得講座一覧 > 手作りパン資格取得講座 > 手づくりパンをふんわり焼くコツについて

に関するコラム

資格取得の通信教育講座

手作りパンをふんわり焼くコツは?

 

手作りパンをふんわり焼くコツは?

パンを焼くならふわふわしたおいしいパンを焼きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。とはいえ、ふわふわしたパンを手作りするのは、意外と難しいのが実際のところです。とはいえ、きちんとコツさえつかめば、家庭でもおいしいふわふわのパンを手作りするのは十分可能です。

家庭でふわふわしたおいしいパンを作るには、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。今回は、手作りパンをふんわり焼くコツについて説明します。

ふわふわのパンを作るには?

手作りでパンを作るなら、ふわふわのおいしいパンを作りたいという人も多いでしょう。ふわふわのパンを作るにはどういった工夫が必要なのでしょうか。まずは、ふわふわのパンを作るために押さえておきたい、基本的な部分を紹介します。

パン作りの基本工程

ふわふわのパンを作るためには、パン作りの基本工程を押さえることが大切です。パン作りは捏ねるところから始めて、一次発酵やベンチタイムをおこないます。さらに、二次発酵を経て焼成にうつっていきます。パン作りにおいてはすべての工程がとても重要なものです。そのため、それぞれの工程をきちんと丁寧におこなうようにしましょう。

材料もきちんとそろえることでふわふわになる

パンをふわふわにするためには、工程だけでなく材料にもしっかり配慮することが大切です。パンは小麦粉やイースト菌などを使って作るのが基本ですが、よりふわふわ感を出すためには他の副材料も取り入れることで効果的にパンの柔らかさを出すことができます。

ふわふわのパンを作るためのポイント

ふわふわのパンを作るためには、具体的にどのようなポイントを押さえる必要があるのでしょうか。ここでは、ふわふわのパンを作るために押さえておきたいポイントについて説明します。パンを作るときは、それぞれのポイントにしっかりとこだわるようにしましょう。

材料は正確に測る

ふわふわのパンを作るためには、材料をきちんと用意することが重要です。必要なものは基本的に省略することなくすべて用意するようにしましょう。さらに、材料の分量は目分量で適当にはかってはいけません。必ず計量カップや量りなどを使用して、丁寧に細かく計測することが大切です。パンがどのような状態で完成するかについては、パンに使用する分量の微妙な加減が大きく関係しています。また、イーストが古くなっていないかをしっかり確認する必要もあります。イーストが古いとパンをしっかり膨らませることができないので注意が必要です。加えて、卵、バター、牛乳などは常温に戻しておくことも大切なポイントとなります。

手順

パンをふわふわにおいしく仕上げるためには、パン作りの手順にも注意しましょう。手順を飛ばしたり前後したりしてしまうと、パンのふわふわ感をしっかり出すことができなくなってしまいます。パン作りを始めるときは、事前にパン作りの手順をひととおり頭に入れておいたほうがよいです。また、砂糖とイーストは相性がいいので、生地に入れるときは近くになるようにすると、しっかりとパンを膨らませることができます。加えて、イーストと塩は相性が悪いため、直接触れないように気を付けなければなりません。

捏ね

パンのふんわり感を出すには、しっかりと捏ねることも重要です。パン生地はしっかり捏ねることによって、生地内のグルテン膜が形成されます。グルテン膜はイースト菌によって出る炭酸ガスを逃さないための重要な役割を果たしています。よって、パンはしっかり捏ねるように心掛けることで、パンのふわふわを生み出しやすくなります。

発酵

パンをふわふわにするには、発酵もきちんとおこなわなければなりません。生地の発酵がきちんと進んでいるかどうか判断するには、フィンガーテストをおこなうとよいです。フィンガーテストは発酵が進んだと思われる段階で、指の第一関節のあたりまでを生地に差し込んでおこないます。指を抜いても跡がきれいに残っているようであれば、発酵が十分に進んだ証拠です。

形成

パンの膨らみをしっかり出すためには、パンの形成も重要です。パンを形成するときは表面をピンと張るようにして、イースト菌によって発生した炭酸ガスをしっかり閉じ込めるようにしましょう。炭酸ガスを逃さないようにするには、とじ目をきちんと閉じることも重要です。

焼成

パンをふんわり焼き上げるには、焼成においても押さえておきたいポイントがあります。まず、オーブンは必ず予熱をしてしっかり温めたうえでパンを焼き始めましょう。そして、焼き時間は絶対に伸ばしてはいけません。焼き時間が長くなると、パンが乾燥してしまいパサパサになりやすくなります。パンをしっかり焼きたいときは、オーブンの温度を上げるなどして対応しましょう。

失敗しやすいところはどこ?

ふわふわのパンを作りたいと思っても、多くの人がつまずきやすい部分があります。それはどのようなところなのでしょうか。最後に、ふわふわのパン作りにおいて失敗しやすいところについて説明します。これを押さえて、パン作りをしっかり成功させられるようにしましょう。

材料や生地の温度

パンをふわふわにするためには、生地の温度が重要です。冷たいと発酵不足になりやすく、温かいと過発酵になりやすいです。そのため、パンの温度を適温に保てるように、常に生地の温度に配慮する必要があります。

霧吹きのタイミング

パンをふわふわにする方法としては、水分をしっかり含ませることがあげられます。ただし、霧吹きをする場合はタイミングが重要です。たとえば、生地をオーブンに入れる直前に霧吹きをかけてしまうと、焼き上げる際に水分が蒸発して乾燥を加速させてしまいます。

家庭のオーブンを理解していない

パンを手作りする際に難しいのは、家庭のオーブンの扱い方です。メーカーや種類によっても、オーブンの性能は異なります。基本的にはレシピ通りに設定するのがよいですが、場合によってはレシピ通りではなく、家のオーブンに合わせた設定が必要になることもあります。ふわふわのパンを焼き上げるためには、家のオーブンを何度も使ってみて特徴をしっかり押さえる必要があります。予熱不足になったり、焼き時間を伸ばしたりすることがないよう、オーブンをきちんと使いこなせるようにしましょう。

手作りパンをふわふわにするに作り方が重要!

手作りパンをふわふわにするに作り方が重要!

手作りパンはしっかりと手順を守って作ることで、ふわふわしたおいしいものを作ることが可能です。加えて、材料を漏れなく用意したり、過不足なく分量をはかったりすることも必要不可欠です。パンはとてもデリケートなものであるため、細かく作り方に配慮することが重要になります。適当に作ったパンは、どうしてもおいしく仕上げることはできません。それぞれの材料や工程は、パンに欠かせない要素を作るためのものです。そのため、きちんとそれぞれを取り入れていかないと、完成度の高いパンを作ることはできないのです。せっかくパンを手作りするなら、おいしくて満足できるものを作りたいですよね。そのためには、しっかりと材料や手順などすべての部分にこだわりをもって作る必要があります。こだわりをもって作ったパンはそれだけでも愛着が湧き、おいしさをより強く感じることができるでしょう。しっかり準備を整えてふわふわのパンを作ってみてください。



手作りパンに関する記事一覧

パンについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
手作りパン基本コース
手作りパン資格を目指すコース!!
手作りパン人気講座
手作りパン資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

手作りパンプラチナコース
手作りパン資格を楽に取得!!
簡単資格取得
手作りパン資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

手作りパン資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

手作りパン講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座