現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 植物・フラワー・園芸の資格取得講座一覧 > ベランダ菜園資格取得講座 > プランターで手軽に作れる秋冬野菜について

に関するコラム

資格取得の通信教育講座

プランターで手軽に作れる秋冬野菜って?種類や特徴をみてみよう

プランターで手軽に作れる秋冬野菜って?種類や特徴をみてみよう

プランターで作ることができる野菜としては、秋冬に栽培できるものもあります。秋冬は寒くて植物が育ちにくいイメージもあるかもしれませんが、暑さに弱くて秋冬に育てるほうが適している野菜は実は意外にたくさんあります。普段よく食べているような野菜も秋冬に作ることができるので、食べたいものを選んでみましょう。

今回は、プランターで育てることができる秋冬野菜について紹介します。秋冬の時期に野菜を育ててみたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

秋から始めるプランター栽培

秋は暑さが和らいできており、さまざまn趣味に没頭するのに適した季節ですよね。新しい趣味を始めたいと思ったら、ベランダで始められるプランター栽培を選んでみてはどうでしょうか。秋冬の栽培は、害虫が植物につきにくいというメリットもあります。秋には根菜や葉野菜など、鍋やスープにぴったりの野菜も多く育てられます。紹介する野菜のなかから好きなものを選んで育ててみてください。

初心者ならまずこれ!秋から始めてすぐに収穫できるおすすめの野菜5つ

秋から育て始めることができる野菜はたくさんあります。その中でも、初心者が育てやすいものを選べば、無理なくスムーズに野菜作りをすることができるでしょう。初心者でも育てられる秋冬野菜としては、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、初心者におすすめの野菜を紹介します。

ラディッシュ

初心者が始めやすいプランター栽培としては、ラディッシュがあります。ラディッシュはハツカダイコンのことで、赤い色が鮮やかなのが大きな特徴です。ラディッシュをサラダに添えれば、おいしく食べることができます。秋冬に栽培する場合は、9~10月頃に種をまくとよいでしょう。種をまけば1カ月程度で収穫することができます。ただし、収穫時期は天候にもよるので、なるべくよい環境を整えてあげましょう。少量のラディッシュであれば、小さなプランターでも育てることが可能です。

リーフレタス

リーフレタスは涼しい環境で育ちやすいので、秋冬のプランター栽培にはとても適しています。苗を植えれば、1カ月程度で収穫することが可能です。リーフレタスはそれだけでサラダの1品として食卓に並べられるので、家庭で作っても大活躍してくれるでしょう。秋冬に育てるのであれば、10~11月頃に苗を植えてください。リーフレタスを種から育てたい場合は、9月ごろに種まきをします。大きくなってきたら、外葉から少しずつ収穫していきます。追肥は不要なので、簡単に育てやすいのが大きな魅力といえます。

コマツナ

コマツナはさまざまな料理に活用できる葉野菜です。プランター栽培でも1カ月くらいで収穫できるので、気軽に栽培しやすいといえるでしょう。特に秋冬で育てれば、虫もつきにくいです。コマツナは寒さに強い性質をもっているので、秋冬の寒さの中でも心配なく育てることができます。種をまくときは「すじまき」をおこない、発芽までは特にたっぷりと水を与えるようにしましょう。コマツナは双葉が開いた後で最初の間引きをおこないます。丈が20~25センチになると、収穫が可能です。

ほうれん草

ほうれん草もいろいろな料理に使える万能な野菜です。寒い気候を好むうえに、日照時間が少なくても育つので、日当たりが悪くても育てやすいのが大きな特徴といえます。秋冬に育てたほうれん草は甘みが強くなる傾向があり、ほうれん草のなかでも人気が高いです。生食用のほうれん草ならサラダとして食べることもできますよ。間引きをしながら育てていき、丈が20センチ以上になったら収穫しましょう。根元をはさみで切るだけなので、初めてでも簡単に収穫することができます。収穫後はできるだけすぐ調理したほうがおいしく食べられます。

水菜

プランターで育てるなら、シャキシャキとしたおいしい水菜もおすすめです。水菜は9月上旬までに種をまくと、12月上旬まで収穫できます。水菜は風通しがよい状態で育てれば、病気になることもありません。見た目も爽やかできれいなので、インテリアのような気分で育てるのもよいでしょう。サラダや鍋物などさまざまな料理で使用することができます。

底が深いプランターを使えば簡単!秋から始められるおすすめの根菜5つ

プランターを使えば、根菜類も作ることができます。根菜類には体を温める効果もあるので、秋冬には積極的に食べたい野菜です。根菜類を作るときには、底が深くなっているプランターを選ぶようにしましょう。そうすれば、土の中で野菜をしっかりと育てることが可能です。おいしい根菜類を作り、鍋やスープなどさまざまな料理を作ってみてはどうでしょうか。

大根

根菜類と言えば、真っ先に大根を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。大根は暑さに弱いので、春夏よりも秋冬の栽培が適しています。秋冬に大根を育てる場合は、9月上旬に種をまいた後11~12月頃に収穫をおこないましょう。大根を作る場合は培養土の袋をそのままコンテナとする方法があります。ミニ大根であれば、プランターを使って栽培することも可能です。さまざまな品種があるので、好みに合わせて選んでみるとよいでしょう。大根は虫がつきやすいので、虫よけの対策もしっかりおこなったほうがよいです。

カブ

カブはプランターで育てられる根菜類の代表格です。秋冬で栽培する場合、9月に種をまくと、10月下旬から12月にかけて収穫することができます。カブを育てるプランターは、中型の60センチ以上を選ぶとよいです。深さは15センチ程度あれば問題ありません。カブを発芽させるためにはたっぷりと水分を与える必要があります。こまめに水やりをおこないましょう。カブの漬物をよく漬けるというのであれば、自分で作ったカブを使って漬けてみてはどうでしょうか。

じゃがいも

春夏の野菜というイメージのあるじゃがいもですが、秋冬に育てることもできます。秋冬にじゃがいもを育てる場合は、8~9月頃に植え付けをおこないましょう。じゃがいもの植え付けをおこなうと、だいたい100日程度で収穫することができます。じゃがいもにはたくさんの品種があるので、好みや料理に合わせて好きなものを植えてみるとよいでしょう。じゃがいもは煮物や炒め物などさまざまな料理に使うことができます。そのため、自分で作ったじゃがいもを使ってさまざまなおいしい料理を作ってみることができます。じゃがいもを植えるときは芽出しをおこなうと、スムーズに発芽させることができます。

タマネギ

タマネギはさまざまな料理をおいしくする万能の野菜です。秋冬に栽培するなら、9月から10月上旬にかけて種まきをしましょう。苗から育てるのであれば、10月から12月頃が苗を植える時期です。タマネギは涼しい環境を好むので、秋冬はタマネギの生育にとって好都合な季節であるといえます。タマネギを育てるときは、大型のプランターを選びましょう。そうすれば、たくさんのタマネギを収穫することができます。タマネギは和洋中を問わずさまざまな料理に使用できるので、たくさん作っても余してしまうことはなさそうです。

ニンニク

ニンニクもまた涼しい環境を好む野菜のひとつです。栽培している間の管理も楽におこなえるので、プランターを使ったベランダ菜園でも無理なく栽培ずることができます。ニンニクは香味野菜として人気が高く、さまざまな料理に使用できます。ニンニクが大好きだという人も少なくないですよね。そんなニンニクを自分の手で作ることができたら、よりおいしくニンニクを食べることができるでしょう。

秋からでも大きく育つ!おすすめの葉野菜5つ

秋冬は寒い時期なので、大きな野菜を育てるのは難しいと思っていませんか。しかし、実際は秋から育て始めても大きく育てられる葉野菜がたくさんあります。秋からでもしっかり育てられる野菜としては、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、秋からでも大きく育つおすすめの葉野菜について紹介します。

ニラ

ニラは鍋や炒め物などさまざまな料理に使用できる野菜です。火も通りやすいので、調理が簡単なのも魅力的ですね。一度植えれば数年は収穫できるので、効率的にたくさんのニラを食べることができます。1年目はあえて収穫せずに冬越しすると、次の都市からおいしいニラを収穫できるといわれています。長期的に育てる必要があるので、虫や病気には気を付けなければなりません。ニラを育て始めてから実際に食べられるようになるまでは少し時間がかかりますが、だからこそ食べられたときのありがあたみは格別でしょう。自分で作ったニラを食べて、元気をつけてみてはどうでしょうか。

ワケギ

ワケギは、手間をかけずにプランター栽培できる野菜です。ビタミンも豊富に含んでいるので、おいしくしっかりと栄養を取ることができます。温かい地域であれば、9~10月に植え付けをするとよいといわれています。球根がついた苗を丁寧に植えましょう。たっぷりと水を与えることが大切なので、土の様子をこまめに観察して乾いてしまわないように注意してください。丈が20~30センチくらいになれば、収穫することが可能です。はさみでしっかりとカットすると、上手に切ることができます。

キャベツ

キャベツは暑さに弱く、秋から育てやすい野菜のひとつです。キャベツにはビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、栄養源としても優秀な食材といえます。9月上旬までに植え付けをすれば、11~12月頃に収穫することが可能です。キャベツは種から育てることもできますが、苗から育てたほうが失敗は少ないでしょう。キャベツを育てるためには、30センチ以上の深さがあるプランターを選ぶ必要があります。意外と場所をとってしまうので、大型のプランターを選ぶことをおすすめします。

茎ブロッコリー

茎ブロッコリーはシャキシャキしたおいしさを味わる野菜です。最初のうちは少し水分を少なめにしていたほうがいいですが、大きくなってきたらたっぷり水をあげるようにすることが大切です。大きくなってくると水分が減るスピードも速くなってくるので、こまめな水やりが重要になってきます。蒸しがついてしまうこともあるので、防虫ネットをきちんと活用することが大切です。

スナップエンドウ

食べやすいスナップエンドウも、プランターで育てることができます。スナップエンドウは2~3メートルにもなる大きな品種が一般的ですが、1メートル以下までしか育たない品種もあります。小さめの品種を選べば、自宅でも無理なく育てることができるでしょう。プランターの深さは25センチ程度あれば問題ありません。おいしいスナップエンドウを育てて、自宅で食べてみてはいかがでしょうか。

冬が近くても栽培可能!暑さ寒さに強いハーブ類5つ

プランターで育てやすい植物としては、ハーブがあげられます。ハーブは生命力が強いものも多いので、暑さや寒さに耐えやすいのが特徴的です。冬が近くても栽培しやすいハーブとしてはどのような種類があるのでしょうか。ここでは、プランター栽培におすすめであり、手軽に育てることができるハーブ類について紹介します。

ローズマリー

ローズマリーは肉の臭みをとって風味を足したり、お茶として楽しんだりできるハーブです。さまざまな使い方ができるので、家で作っても楽しめるでしょう。秋冬に栽培するなら、9~10月頃に種をまきます。苗もあるので、初心者できちんと育てられるか不安な場合は、苗を選ぶのもよいでしょう。ローズマリーは花も咲かせるので、花を楽しみながら育てることができます。少し水やりを忘れても元気な姿を保ち続けられるので、こまめな世話ができなくても枯れてしまうことはありません。手軽にプランター栽培をしたい人におすすめです。

ミント

ハーブと言えばミントを思い浮かべる人も多いでしょう。ミントにはさまざまな種類があり、単にさっぱりとした雰囲気のものだけでなく、ほんのり甘みを感じられるものもあります。ミントはお茶として楽しんだり、デザートに添えてみたりすることができます。ミントは強いですが、乾燥には耐えられないこともあるので、しっかりと水を与えながら育てることが大切です。肥料は与えなくてもいいので、たっぷり水を与えることに重点を置いて育てるようにしましょう。

ルッコラ

ルッコラは、こしょうのような香りがするハーブです。ピリッとした辛味があり、刺激を与えることができます。秋に種をまくことができるので、秋冬の栽培にも向いています。30日程度で育つので、初心者でも簡単に育てられるのが特徴と言えるでしょう。管理もそれほど難しくはなく、秋冬なら虫もつきにくいです。標準的なサイズのプランターを使用すれば、問題なくルッコラを育てることができます。

イタリアンパセリ

イタリアンパセリは秋に育てやすいハーブです。真冬の寒さには弱いので、秋になったらすぐに栽培を始めるとよいでしょう。9~10月が種まきに適したい時期だといわれています。浅型のプランターを使用してベランダで育てるようにしましょう。発芽するまではたくさんの水が必要となるので、土が乾燥する前に水をたっぷりと与える必要があります。双葉が生えてきたら間引きをおこなうことも重要です。

カモミール

カモミールはハーブティにおすすめです。かわいらしい花を咲かせるので、ベランダで育てればガーデニング気分を楽しめるでしょう。水はけのよい土を選んでプランターに入れるのも、よいカモミールを育てるために重要なポイントです。カモミールの栽培の仕方としては種から育て始める方法と、苗を植える方法があります。品種によっても植え付けの時期が若干異なるので、選んだ品種に合わせて時期を調整しましょう。

プランターで秋冬の野菜を育てよう

プランターで秋冬の野菜を育てよう

プランターを使用すれば、ベランダ菜園でさまざまな野菜作りを楽しめます。秋冬でも育てやすい野菜はたくさんあるので、秋に種まきや植え付けを開始することも可能です。おいしい野菜を作ることができれば、秋冬の食卓をおいしく彩ることができるでしょう。秋冬になると温かいスープや鍋を食べることも増えてきますよね。そういった料理の具材として自分で作った野菜を使用すれば、よりおいしい料理を作ることができるでしょう。秋冬に適した根菜や葉野菜はたくさんあるので、好みや作りたい料理に合わせて栽培を始めてみてはいかがでしょうか。種からまく方法だけでなく、苗から植える方法もあるので、初心者でも安心して野菜を育てることができます。おいしい野菜を作ることができれば、いつも以上にしっかり野菜を取ることができますね。ベランダのちょっとしたスペースでも作ることができるので、秋冬の趣味として野菜作りを楽しんでみてください。



ベランダ菜園に関する記事一覧

ベランダ菜園についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ベランダ菜園基本コース
ベランダ菜園資格を目指すコース!!
ベランダ菜園人気講座
ベランダ菜園資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ベランダ菜園プラチナコース
ベランダ菜園資格を楽に取得!!
簡単資格取得
ベランダ菜園資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ベランダ菜園資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ベランダ菜園講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座