に関するコラム

資格取得の通信教育講座

プランター栽培の魅力は?始め方について徹底レクチャー!

プランター栽培の魅力は?始め方について徹底レクチャー!

植物を育てるなら、プランター栽培を選んでみてはいかがでしょうか。プランター栽培にはさまざまな魅力やメリットがあります。初心者でも始めやすいので、自分で野菜を作ってみたいと考えているなら、プランター栽培を選んでみるとよいでしょう。

今回は、プランター栽培の魅力について説明します。それと合わせてプランター栽培の始め方についても説明します。詳しく説明するので、プランター栽培に興味をもっている人はぜひチェックしてみてください。

プランター栽培の魅力

プランター栽培にはどのような魅力があるのでしょうか。プランター栽培をすると、さまざまな魅力に気が付けます。ここでは、プランター栽培の魅力を紹介します。

ちょっとしたスペースでできる

プランター栽培はちょっとしたスペースでおこなうことができます。たとえば、ベランダや窓辺など、あまりスペースが取れない場所でも邪魔になりません。玄関先にも置くことができます。そのため、家が狭い場合でもプランター栽培をおこなうことは可能です。植物を育てたいと思っているなら、プランター栽培を選ぶと問題なく始めることができるでしょう。

日常生活に取り入れやすい

プランター栽培は日常生活の中にも取り入れやすいのが特徴的です。ちっとしたスペースにプランターを置くことができるので、普段の生活の中で植物を身近に感じることができます。日常生活の中に取り入れやすいということは、水やりや収穫もしやすいということです。せっかく植物を育て始めるのであれば、きちんと最後まで育てて収穫したいですよね。プランター栽培なら、その目標も達成しやすいのでおすすめです。

気軽に始められる

プランターにはいろいろなサイズがあります。そのため、浅くて小さなプランターを選べば、初めてでも植物を気軽に育て始めることができます。最初から大きなプランターで植物を育てようとすると、土の重さもあって大変です。しかし、自分のレベルに合わせてプランターを選ぶことができるので、後から失敗したと感じることも少ないでしょう。自分に合ったサイズのプランターを選び、無理のない栽培をおこなってみましょう。

プランター栽培のメリット

プランター栽培にはさまざまなメリットがあります。プランター栽培を選べば、植物を育てやすいのでおすすめです。ここでは、プランター栽培のメリットについて、代表的なものをピックアップして紹介します。プランター栽培のメリットを知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

動かせる

プランター栽培で植物を育てていれば、自由に植物の場所を移動させることが可能です。プランターを動かすことができれば、季節に合わせて日当たりを細かく調整することが可能です。時間帯によって影ができてしまう場所にプランターを配置する場合も、時間によってプランターの場所を変えることができます。さらには、大雨や台風のときには、一時的に室内に避難させることもできるでしょう。大雨や台風のときに植物を外に出したままにしていると、せっかくついた実が落ちたり植物が折れてしまったりする恐れがあります。プランターで植物を育てていれば、そのような被害も最小限に食い止めることが可能です。加えて、プランターで植物を育てていれば、模様替えのようにプランターの位置を動かすこともできます。植物の配置を変えれば、それだけでその場の雰囲気も変えることができるでしょう。

区切りやすい

プランターで植物を栽培する場合、プランターごとに栽培するものを分けることが可能です。そのため、植物の管理がしやすいです。また、しっかりと野菜どうしを区切ることができるので、ひとつの野菜が隣の野菜の邪魔をすることがありません。それぞれの野菜をしっかり育てられるので、確実に収穫を目指すことができるでしょう。植物が大きくなってくると、他の植物に日光が当たりにくくなることもありますが、プランターであればそれぞれを動かして位置を調整することもできます。

水分量を調節できる

プランター栽培は、植物の水分量の調整もしやすいといわれています。プランター内で水分を調整できるので、水分量が天候に左右されません。きちんと水やりをすることで順調に植物を育てることが可能です。植物にとって水分はとても重要なので、プランター栽培なら安心して植物を育てられます。

プランター栽培がマンションでも可能な理由

プランター栽培は、実はマンションでもおこなうことができます。マンションで野菜を育てることはできないと思い込んでいる人も少なくないのではないでしょうか。しかし、プランターのメリットを活かせば、マンションのベランダで気軽に野菜の栽培がおこなえます。最近ではベランダ菜園も人気になっており、さまざまな野菜がベランダで育てられています。ここでは、プランター栽培がマンションでも可能な理由とともにベランダ菜園について紹介します。

ベランダ菜園とは

そもそもベランダ菜園とは、どのようなものなのでしょうか。基本的には、ベランダでプランターを使って植物を育てることをベランダ菜園とよんでいます。ベランダのちょっとしたスペースを活用するだけで、自宅で食べられる野菜を育てることができるため、人気が高いです。ベランダ菜園なら、それほど大きなベランダがなくても野菜を育てられます。近隣住人への配慮はもちろん必要ですが、特に問題がなさそうであれば、ベランダ菜園を始めてみてはどうでしょうか。

ベランダ菜園の魅力

ベランダ菜園には、どのような魅力があるのでしょうか。ベランダ菜園は、とにかく気軽に始めることが可能です。植物の中には種をまいてから1~2週間程度で収穫の時期を迎えるものもあります。そのため、初心者でもすぐに収穫の喜びを感じることができます。また、自分で作った野菜を新鮮な状態で食べられるというのも、ベランダ菜園の魅力でしょう。自分で野菜を育てると、緑をより身近に感じることができます。日常の中では緑を感じる機会はあまりないかもしれません。しかし、ベランダ菜園なら気軽に緑を身近に置くことができます。加えて、ベランダ菜園は子どもの食育にも役立つといわれます。自分で食べる野菜を自分の手で作るという体験は、食に対する認識を養うために必要なことです。家族みんなで野菜作りをすれば、家族のコミュニケーションを豊かにする効果も期待できるでしょう。

作る野菜で決まるプランターの深さ

ベランダ菜園でも必須のプランターは、深さに種類があります。プランターは育てる植物の種類に合わせて選ぶことが大切です。といっても、最初のうちはプランターの選び方も難しく感じられるかもしれません。ここでは、作る野菜それぞれに合わせたプランターの選び方を紹介します。植物に合わせてプランターを選んでいると、プランター選びもしやすくなっていきます。こちらで紹介する内容を考慮しつつ、植物に合うプランターを選ぶようにしてみてください。

プランターの種類

プランターには、さまざまな種類があります。大きさや深さがそれぞれ違うので、育てる野菜に合わせて選ぶ必要があります。また、プランターの素材もそれぞれ異なるので、さまざまな部分を考慮してプランターを選ばなければなりません。プランターの種類とその特徴を押さえて、野菜や自分に合ったプランターを選べるようにしましょう。

向いているプランターのタイプ

では、どのようなプランターがどのような野菜に向いているのでしょうか。野菜を元気に育てるためには、プランターの大きさがとても重要です。野菜の種類によって適したプランターのサイズは異なります。そのため、プランター選びを間違うと、野菜がうまく成長できない可能性もあるので注意しなければなりません。いくつもプランターをそろえるのは大変かもしれませんが、植物を新しく育てるタイミングで用意するようにしましょう。過去に使ったプランターでもサイズが合うものがあれば、それを使ってもよいです。ここでは、プランターの深さごとに向いているプランターのタイプを紹介します。育てる野菜の種類に合わせて適切なプランターを選べるようにしてください。

浅いプランター

浅いプランターは、気軽に育てられる野菜に向いています。たとえば、ベビーリーフやバジルなら浅いプランターで育てることが可能です。世話の手間や収穫までの期間も短いものが多いので、初心者なら浅いプランターで育てられるものを選ぶと安心でしょう。

中型のプランター

中型のプランターは、ある程度背が高くなる野菜に適しています。たとえば、ほうれんそうや水菜などを育てる場合は中型のプランターを選びましょう。中型のプランターにも深さにいくつか種類があります。そのため、実際に育てる野菜に合わせて選ぶようにしてください。

深いプランター

深いプランターを使えば、食卓でよく使用する野菜をいろいろと作ることができます。たとえば、トマト、なす、きゅうりなどの定番の野菜は、どれも比較的背が高くなるので、深いプランターを使用するのがよいでしょう。深いプランターなら背が伸びてもしっかりと野菜全体を支えることができます。また、根をしっかりと張るタイプの野菜を作る場合も深いプランターが向いています。たとえば、にんじんやじゃがいものような根菜類を作るなら、土をたっぷり入れられる深いプランターを選ぶようにしてください。

プランターの素材

プランターには、さまざまな素材のものがあります。素材によってそれぞれ特徴が異なるので、どのような性能が必要かを考慮して選ぶことが大切です。大きさとともにプランターの素材にも配慮すれば、よりしっかりとプランターでの野菜の栽培をおこなうことができるでしょう。ここでは、プランターの素材ごとの特徴を説明します。それぞれをしっかり把握して、野菜や育てる環境に合った素材を選べるようにしましょう。

プラスチック

プランターとしては、プラスチックのものも多くあります。軽くて割れにくいため、初心者でも扱いやすいでしょう。特に大きなプランターを使う場合は、土を入れるととても重量が増します。そのため、プラスチックのように軽いプランターを使っていれば、少しでも重量を軽くすることができます。もちろん、扱い方が悪いと割れてしまうこともあるので、丁寧に使用することが大切です。プラスチックのプランターは人気なので、色やデザインも豊富にあるのが魅力的です。ベランダに置くならベランダの雰囲気を考慮して選ぶとよいでしょう。

テラコッタ

プランターの種類には、テラコッタもあります。テラコッタとは素焼きのことを意味します。テラコッタは通気性がよく、湿度を適度に保ちやすいというメリットがあります。ただし、プラスチックに比べれば重いうえに割れにくいです。なお、テラコッタのプランターは落ち着いたデザインのものが多いです。ベランダにテラコッタでできたプランターを置けば、ちょっとしたインテリアのひとつとしても楽しめるかもしれません。

木製

プランターの中には、木製のものもあります。木製なら植物との見た目の相性もよいですね。ただし、天然素材なので、環境によっては腐ってしまう恐れもあるでしょう。きちんと管理していれば問題が起きることはありませんが、念のため配慮しておきたいポイントです。

エコプランター

プランターの素材としては、麻や布製のエコプランターもあります。おしゃれな雰囲気を出したいならおすすめのプランターです。場所も取りにくいので、狭い場所に配置したい場合にも向いているプランターの素材だといえます。

プランターとともに準備するもの

プランターで植物を育てるためには、プランター以外にも用意したいものがあります。植物を育てるためには、さまざまなものが必要です。具体的にはどのようなものを準備したらいいのでしょうか。ここでは、植物を育てる際にプランターとともに準備したいものを紹介します。植物を育て始める前に必要な物をそろえ、後から困ることがないようにしましょう。

プランターで野菜を育てるためには、当然ですが土が必要です。土は何でもよいわけではなく、なるべく栄養を豊富に含んでいるもののほうが好ましいといえるでしょう。具体的には、野菜用の培養土がおすすめです。ホームセンターの園芸コーナーに行けば野菜用の培養土が必ず置いてあります。複数種類があって迷う場合は、店員さんに相談してみるのもよいでしょう。そうすれば、それぞれの野菜に適した土を選んでもらうことができます。

鉢底ネット・鉢底石

使用するプランターの種類によっては、鉢底ネットや鉢底石も必要になります。たとえば、プランターの底に穴があいている場合は、鉢底ネットがないと土が漏れてしまうので注意が必要です。プランターと一緒に購入することができるので、一緒に選ぶとよいでしょう。プランターに土を入れる際は、鉢底ネットや鉢底石を先に入れるのを忘れないようにしなければなりません。

肥料

植物を元気に育てるためには、肥料も必要です。必要な肥料は植物の種類によっても異なります。苗の種類に合わせて元肥または追肥を用意しましょう。なお、培養土にもともと肥料が入っているのであれば、新しく用意する肥料は追肥のみで大丈夫です。土の種類をよく確認して肥料を選ぶようにしましょう。

殺虫剤

植物を育てていると、虫がよく着つくこともあります。それに備えて殺虫剤を用意しておくとよいです。特に病害虫を防ぐために予防的に使えるものを選ぶと安心です。天然成分でできている殺虫剤もあるので、どうしても無農薬にこだわりたいならそういったものを選ぶことも可能です。ひと口に殺虫剤と言ってもいろいろな種類があるので、植物や自分自身の方針に合わせて選ぶようにしましょう。

種・苗

植物を育てるためには、種や苗が必要です。育てたものによって種か苗かは異なってきます。さまざまな種や苗があるので、育てやすいものから挑戦していくとよいでしょう。なかには植えてから数週間で収穫できるものもたくさんあります。そういったものなら、初心者でも気軽に栽培を始められますよね。

じょうろ・スコップ

プランター栽培では、しっかり植物に水を与える必要があります。常に水分の状態をチェックして、いつでも十分な水を与えられている状態にしましょう。水分が足りないとせっかく植えた植物が枯れてしまう可能性があります。そういった状況を避けるためにも、水やりをするためのじょうろをよういしてください。また、種や苗を植えるためには、スコップが必要です。プランター栽培をするなら必ず使うので、使いやすいものをひとつ用意しておくとよいでしょう。

軍手

プランター栽培をするときは軍手もあると便利です。重い土を運んだり、プランターを移動させたりするときには、素手だと滑ってしまう恐れもあります。軍手を用意しておけば、ケガも防ぐことができます。軍手は簡単に入手できるので、念のため手元に一組用意しておくようにしましょう。軍手は100円ショップなどでも手に入ります。滑り止めがついているものであれば、重いものを運ぶ際にもより重宝するでしょう。

実際にプランターに植えるには?

では、実際にプランターに植物を植えるときは、どのような手順で作業すればいいのでしょうか。植物を植えるためには、さまざまな手順を踏む必要があります。きちんと準備したうえで種をまいたり苗を植えたりすることで、きちんと植物が育ちやすい環境を整えることができます。しっかりと手順を確認して、正しく植物を植えられるようにしておきましょう。

プランターを準備する

植物をプランターに植えるときは、最初にプランターの準備をしてください。プランターを用意したら、鉢底ネットを敷き、鉢底石を置きます。ただし、鉢底ネットや鉢底石が必要ないプランターもあります。プランターの種類をよく確認したうえで準備するようにしましょう。

培養土を入れる

プランターの準備が整ったら、次は培養土を中に入れていきます。鉢の縁から2~3センチ程度下のあたりまで土を入れましょう。なお、元肥を入れる場合はこの段階で土と一緒に入れていきます。忘れてしまうと、種や苗を植えた後では元肥を入れることができないので注意が必要です。土は植物が育つための土台となる部分なので、しっかりと用意するようにしましょう。

種・苗を植える

プランターと土の用意ができたら、いよいよたねや苗を植えていきます。植物の種類によって、種や苗の植え方はそれぞれ違います。基本的には、種や苗のパッケージに書かれている植え方を守れば大丈夫です。種や苗は植える時期が決まっているものもあり、その場合はそれをきちんと守ることが大切です。異なる季節に植えてしまうと、植物が思うように育たない可能性があります。せっかく植物を植えるならしっかりと成長させたいですよね。そのためにも、パッケージの内容をよく読み、正しい植え方ができるように気を付けてください。なお、種植える場合は、それぞれの間にしっかり感覚を空けることが大切です。そうすることで植物を大きく育てることができます。

水やりをする

プランターに種や苗を植えたら、最後にしっかりと水やりをおこないます。このときは、プランターの底から水が出るくらいまでたっぷり水をやるのがポイントです。最初のうちは水分が少ない状態なので、多めに水をかけないとすぐに乾燥してしまいます。また、苗を植える場合は、最初は苗の根と土がきちんと馴染んではいない状態です。しっかり水をかけることで、苗の根と土が速く馴染みやすくなります。最初は少し多いくらいに水をかけるようにし、植物にしっかり水を行き渡せるようにしましょう。

日々のお手入れ

植物の栽培を始めたら、日々のお手入れもしっかりとおこなう必要があります。植物は生き物ですから、少し世話を怠るだけで、枯れてしまったり根腐れなどの問題が起きてしまったりする可能性もあります。それを避けるためには、常に植物に気を払うことが必要です。ここでは、植物の日々のお手入れの仕方について紹介します。植物の様子をこまめに観察して、おいしい野菜が育つ環境を維持しましょう。

水やり

野菜の栽培を始めたら、水やりをしっかりとおこないましょう。基本的には毎日必ず水やりをおこなうと考えておいてください。植物への水やりを毎日の日課とすることをおすすめします。ただし、天候によっては、水分が土にたまっており、水やりが必要ない日もあるでしょう。そのため、水やりをするときは、念のため土が乾いているかどうかを確認する必要があります。何も考えず機械的に水やりをしていると、水を与え過ぎて根腐れを起こす可能性もあります。そうなっては、植物がダメになってしまうので注意が必要です。植物の状態を常にしっかり考慮するようにしましょう。

間引き

植物をしっかり成長させるためには、間引きも必要です。間引きをすることで、栄養がそれぞれにしっかりと行き渡るようになります。間引きをするのはもったいないと感じるかもしれませんが、おいしい野菜を作るためには必要なことです。間引きをするタイミングは植物の種類によっても異なるので、それぞれの育て方をよく学んだうえで効果的な間引きができるようにしてください。上手に間引きができれば、よりおいしい野菜を楽しめるようになるでしょう。

葉のツヤ・病害虫のチェック

植物を元気に育てるためには、植物の状態をしっかりと確認することが大切です。特に何か変わった点がないかどうかをきちんと見極める必要があります。たとえば、葉にツヤがなくなっている場合、何らかの病気にかかっていることもあるので気を付けなければなりません。さらに、植物には病害虫もつくことがあります。気を付けていても問題が起きてしまうことはあるので、こまめに植物の状態をチェックすることが重要です。毎日チェックしていれば、ちょっとした変化にもすぐに気が付くことができます。植物を育てるなら、自分自身の目でしっかりと植物の様子を確認するようにしましょう。

収穫

植物が成長してくれば、収穫して味わえるようになってきます。植物によって収穫のタイミングは異なるので、どのようになれば収穫できるのかについてあらかじめ把握しておくとよいでしょう。ベランダ菜園で植物を育てていれば、収穫の時期を迎えた後で少しずつ収穫することが可能です。料理に使いたいときにサッと積み、そのまま料理に入れることができます。新鮮な野菜をすぐに食べられるのはとても魅力的ですよね。このことも、ベランダ菜園の大きな魅力のひとつといえます。

簡単にプランター栽培を始めてみよう!

簡単にプランター栽培を始めてみよう!

プランター栽培なら、野菜の栽培を初心者でも気軽に始めることができます。家で植物を育てるとなると、なかなかハードルが高そうに思えますよね。そういった場合でもプランター栽培を選べば、しっかりと野菜作りを楽しむことができます。初めてでも気軽に野菜作りをしたいなら、まずはプランターを使ったベランダ菜園を始めてみましょう。ベランダ菜園なら、複数の野菜を同時に育てるのも難しくはありません。プランターを複数用意し、それぞれに合った植え方をしてみてください。プランターなら、植物が成長してきた後でも場所を移動させることができます。最初はまとめて置いておき、ある程度成長してきたら離すことも可能です。

プランターによるベランダ菜園では、多種多様の植物を育てることができます。ベビーリーフやハーブなど手軽に収穫できるものはもちろん、ナスやキュウリなどある程度の大きさに成長する野菜もきちんと育てることができます。自分で作った野菜を使って作る食事はまた格別です。野菜が育つ過程もすべて確認できるので、体によい新鮮な野菜を楽しむことができます。おいしい野菜をたくさん作って食べてみると、自分で野菜を作る楽しさや喜びをしっかり感じることができるでしょう。まずは必要なものをしっかりそろえ、プランター栽培を始めてみてください。



ベランダ菜園に関する記事一覧

ベランダ菜園についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ベランダ菜園基本コース
ベランダ菜園資格を目指すコース!!
ベランダ菜園人気講座
ベランダ菜園資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ベランダ菜園プラチナコース
ベランダ菜園資格を楽に取得!!
簡単資格取得
ベランダ菜園資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ベランダ菜園資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ベランダ菜園講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座