に関するコラム

資格取得の通信教育講座

プランター栽培をする時に注意したい土の選び方や入れ方を解説!

プランター栽培をする時に注意したい土の選び方や入れ方を解説!

プランターで野菜を育てるときは、苗や種だけではなく土にも注目する必要があります。土の状態は、育てる野菜にも大きく影響することをきちんと理解しましょう。土にこだわれば、よりおいしい野菜を育てることも可能になります。

今回は、プランター栽培をする時に注意したい土の選び方や入れ方を解説します。難しそうに思えるかもしれませんが、ポイントを理解すれば簡単です。おいしい野菜を育てるためにも、土に注目して準備をしっかり整えましょう。

プランターで野菜作りをするなら土が重要!

プランターを使えば、自宅でも気軽に野菜作りを始めることができます。プランターでの野菜作りでは、土がとても重要な意味をもちます。プランターでの野菜作りにおいては、土はどのようにして選べばいいのでしょうか。ここでは、プランターで使用する土の基本的なところについて説明します。

「良い土」の条件とは?

プランターで野菜を育てるには、良い土を使用することが重要です。土の状態が悪ければ、おいしい野菜を育てるのは難しくなってしまうでしょう。良い土とは、具体的にはどのようなものを意味するのでしょうか。基本的には、良い土には保水力とともに通気性が必要です。水はけがいい土と言い換えることもできるでしょう。さらに、おいしい野菜を育てるためには、土が弱酸性である必要があります。これらの条件をきちんと整えることが、おいしい野菜作りの第一歩だといえるでしょう。

培養土を使用するのが基本

野菜作りで使用する土には、さまざまな条件が必要です。そのため、そういった土を用意するのは難しそうだと感じる人もいるでしょう。しかしながら、野菜作りに適した土は簡単に入手することができます。ホームセンターなどでは、野菜用の「培養土」を扱っているので、それを購入すれば手軽に良い土を手に入れられます。さまざまな野菜に使用できるので、複数の種類の野菜を作る場合でも使いやすいです。良い土を手に入れる方法に迷ってしまったら、まずは培養土を購入して準備を整えましょう。

土を手作りすることも可能

よい土の条件さえクリアできれば、土は手作りすることも可能です。少し専門的な知識も必要になりますが、自分で土を手作りすれば、正真正銘のオーガニックな野菜作りが可能になります。手間がかかる分、より野菜に対する愛情が増すでしょう。本格的に農業をしている人は、みんな土から野菜作りを始めています。土にこだわることができれば、プロのようにおいしく野菜を育てられる可能性が高まるでしょう。実際、同じ野菜を食べても、味が違うと感じることがありますよね。土以外の条件が関係していることも多いですが、土も野菜の味わいを変化させる重要な要素のひとつです。野菜作りに慣れてきたら、ぜひ土作りから始めてみたいですね。

土をプランターに入れる手順

プランターで野菜作りをする場合、プランターに土を入れるところから始めます。プランターに土を入れるときには、どのような手順で作業すればいいのでしょうか。土はただプランターに入れればいいというわけではなく、押さえておきたいポイントがあります。必要な手順を理解しておかないと、後から困ってしまう可能性もあるので注意が必要です。土の入れ方を失敗すると、後からやり直すのが大変なので気を付けましょう。ここでは、土をプランターに入れる際の手順について説明します。プランターに土を入れる流れがよく分からない場合は、しっかりと確認して確実な作業ができるようにしておきましょう。

プランターの底を確認する

プランターにはさまざまな種類があり、なかには底に穴があいているものもあります。穴があいていることで、水はけがよくなるためです。ただし、穴があいているプランターにそのまま土を投入すると、土が漏れてしまいます。それを防ぐために、穴があいているプランターには鉢底ネットを敷きましょう。さらに鉢底石を敷いて、プランターの底が隠れるようにします。こうすることで、通気性と排水性を上手く調整でき、さらに虫よけ効果も期待できます。ちょっとしたひと手間ですが、重要な工程なのできちんと作業するようにしましょう。なお、プランターによってはこれらの作業が必要ない場合もあります。それぞれのプランターによって異なることなので、プランターのつくりをよく確認したうえで作業をすすめるようにしてください。

培養土を入れる

プランターの底の準備が整ったら、次は培養土を入れていきます。このとき、必要であれば元肥も混ぜて入れていきます。元肥を入れる基準のひとつとして、野菜が育つ期間があげられます。30日程度ですぐに収穫できる野菜には元肥は必要ありません。野菜の種類によって元肥が必要かどうかは異なるので、それぞれの野菜の特徴を理解して元肥を入れるかどうか判断してください。自分でオリジナルの土を作るときも、土の状況や野菜の種類に合わせて元肥を入れるようにしましょう。

土を入れるのは縁より少し下まで

プランターに土を入れるときは、縁のギリギリまで入れてはいけません。縁よりも数センチ下のあたりを限度として土を入れましょう。こうすることで、水を注いだときに水がたまるスペースができます。植物にしっかり水を与えるためにも、この微妙なスペースは重要です。土を入れるときは、この点を忘れないようにして作業しましょう。植物をプランターに植えるときの共通のルールなので、植物を植えるときはこのことを理解しておくことが大切です。土を入れ過ぎてしまったときは、表面の土を取り除いて調整するようにしましょう。

肥料の種類

野菜を育てるときに使用する肥料には、元肥以外にも種類があります。それは追肥です。元肥と追肥のそれぞれは、どのようなときに使用するものなのでしょうか。野菜を育てるのであれば、肥料の違いについてもきちんと理解しておく必要があります。肥料は、野菜がしっかり成長するために必要不可欠なものだからです。野菜作りを成功させるためには、土だけでなく肥料についてもこだわったほうがよいでしょう。そもそも肥料は土に混ぜたりかけたりして使用するので、植物だけでなく土とも関係が深いです。ここでは、肥料の種類と特徴について説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

元肥

元肥は、野菜の根をしっかりと育てるため必要なものです。苗の植え付け直後や種が発芽した後で効果を発揮します。最初に元肥でしっかりと栄養を与えることが、おいしい野菜を育てるための第一歩となるでしょう。プランター栽培の場合は、元肥を培養土全体に混ぜて使用します。培養土の中には、もともと元肥が混ぜ込まれているものもあります。その場合は、さらに自分で元肥を加える必要はありません。元肥は重要なものですが、多すぎるとかえって植物の成長に悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。具体的には、「つるぼけ」と呼ばれる状態の原因になり、生育不良に陥ることがあります。なお、元肥にもいろいろと種類があります。基本的には、根の成長に必要な「リン酸」が多く含まれている緩効性肥料を選ぶと効果的です。野菜の種類も考慮して、適切な元肥を選びましょう。

追肥

野菜が大きく成長していく過程で使用する肥料は、追肥とよばれます。葉や実を大きくするためには、より多くの肥料を与えて栄養補給する必要があります。元肥は最初の段階で栄養を与えるものであり、それだけでは途中で足りなくなってしまいます。特にプランターに入れられる土の量は限られているため、栄養が少ないです。そのため、プランター栽培で野菜を作る場合には、追肥は必須といえるでしょう。ただし、元肥と同様に、追肥が多すぎれば生育不良になるので注意が必要です。追肥をするのは、晴れていて土の中の空気や水が新鮮な状態のときにすると効果的です。追肥にもいろいろな種類がありますが、水に混ぜて使用する速効性肥料を選ぶのがおすすめです。速効性と緩効性をミックスした固形肥料も使いやすいので、状況に適したほうを選んでみてください。なお、プランター内で不足しやすい成分を補うタイプの肥料を使うのもおすすめです。具体的には、窒素やカリを含む肥料を選ぶとよいです。野菜の種類を考慮しつつ、必要な追肥を選んで効果的に野菜の成長を促していきましょう。

プランターの大きさはどうやって決める?

野菜を育てるときは、野菜に合わせてプランターの大きさや深さを選びましょう。プランターの大きさはたくさんあり、小さすぎるプランターを選ばないように気を付けなければなりません。最悪の場合、根が詰まってしまって、十分に成長できないことがあります。野菜が成長すると大きさが増すので、気を付けないと植え替えなければならなくなる恐れもあります。ただし、反対に大きすぎるプランターを選ぶと、と水が余計に溜まってしまい、根腐れを起こす場合もあります。プランターの横幅や大きさは、育てる株数に合わせて選びましょう。そうすれば、後から失敗したと嘆く必要はなくなります。野菜ごとにプランターの大きさには目安があるので、それを参考にするとちょうどよいサイズのものを選びやすくなります。目安が分からないときはホームセンターで相談すると、適切なアドバイスをもらうことができるでしょう。プランターは一度買って使うと、間違っていても交換が難しいので、最初に慎重に選ぶようにしてください。

野菜をしっかり育てるための水やりの仕方

土については、水やりも注意が必要です。土の状態を見れば、水やりのタイミングを計ることができます。具体的には、土が白っぽくなって乾燥してきたら、水やりが必要だという合図です。土が白っぽくなっているのに気が付いた場合は、水がプランターの底から溢れ出るくらいたっぷりと水を与えましょう。しっかりと水をあたえることで、植物を成長しやすくなります。なお、水やりの時間帯は、できれば午前中を選んだほうがいいです。なぜなら、午後になると、日が当たって熱くなり、水分が蒸発しやすくなるためです。また、夕方や夜間に水を与えると、植物の生育不良の原因になる可能性もあるので注意が必要です。午前中にたっぷりと水を与えることで、水の力を効率的に植物へ与えることができます。ただし、水はあまりに多すぎるのも逆効果です。土の中に水分が多い状態が長く続くと、空気が少なくなるので根が呼吸できなくなってしまいます。それを避けるためにも、十分に水を与えられたと感じたら、水を余計に与えるのは避けったほうがいいでしょう。水は毎日与えるのを日課にしつつ、土の様子を確認しながら適量を保つようにしてください。

プランターで野菜を育てるなら土にもこだわろう

プランターで野菜を育てるなら土にもこだわろう

プランターを使えば、初めてでも野菜作りを簡単に始めることができます。おいしい野菜を育てるためには、土についてもしっかり配慮する必要があります。初めての野菜作りとなると、どうしても野菜の種類選びに意識が向きがちです。もちろん、野菜の種類は重要ですが、それをおいしく作ることができるかどうかは、土の準備によっても大きく左右されます。せっかくなら、選んだ種類の野菜をおいしく作りたいですよね。土はポイントさえ押さえれば、よい状態をしっかり保つことが可能です。培養土を選べば良い土の条件をクリアできるので、簡単ですね。

ただし、土の状態を良好に保つためには、毎日のこまめな世話も重要です。もともと良い土を使っていたとしても、きちんと世話をしていないと状態が悪くなってしまう恐れがあります。そうなってしまっては、培養土を使った意味がなくなってしまいますよね。野菜の成長を効果的に促すためには、必要に応じて追肥をすることも必要です。これは野菜の種類にもよるので、それぞれの特徴に合わせて追肥をしましょう。肥料にも種類があるので、状況に応じたものを選んでください。初心者のうちは、土はどれも同じと思ってしまいますが、実際は良い土とそうではない土があるのです。基本的なポイントを押さえて、野菜にとってよい状態を保てるようにしていきましょう。そうすれば、おいしい野菜をしっかりと育て、収穫して食べることができるはずです。



ベランダ菜園に関する記事一覧

ベランダ菜園についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ベランダ菜園基本コース
ベランダ菜園資格を目指すコース!!
ベランダ菜園人気講座
ベランダ菜園資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ベランダ菜園プラチナコース
ベランダ菜園資格を楽に取得!!
簡単資格取得
ベランダ菜園資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ベランダ菜園資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ベランダ菜園講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座