現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 植物・フラワー・園芸の資格取得講座一覧 > ベランダ菜園資格取得講座 > ベランダ菜園の魅力とその概要について

に関するコラム

資格取得の通信教育講座

ベランダ菜園の魅力とその概要について

ベランダ菜園の魅力とその概要について

ベランダ菜園にはどんな魅力があるか知っていますか。ベランダ菜園を始めれば、気軽に野菜の魅力を楽しむことができます。一般的な家庭菜園よりも始めやすく、アパートやマンションでもできる可能性があります。家庭菜園に興味があってもスペースがなくて諦めていたという人にもおすすめです。

今回は、ベランダ菜園の魅力や育てられる野菜の種類などについて紹介します。ベランダ菜園を始めてみたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ベランダ菜園とは

そもそもベランダ菜園とはどのようなものなのでしょうか。ベランダ菜園は、ベランダで気軽におこなえる家庭菜園のことを意味しています。具体的には、ベランダでプランターや袋などを使用して、さまざまな野菜を育てます。ベランダ菜園は何といっても気軽に始められるというメリットがありますが、ほかにもたくさんの魅力をもっているのが特徴的です。家庭菜園はある程度の広さのある庭がなければできないというイメージをもっている人もいるかもしれませんね。しかし、ベランダ菜園なら、一戸建てではなくても気軽に家庭菜園を楽しめます。

ベランダ菜園の魅力

ベランダ菜園の魅力とは、具体的にどのようなことがあげられるのでしょうか。ベランダ菜園を始めるなら、ベランダ菜園の魅力もしっかり理解しておきたいところです。ここでは、ベランダ菜園の魅力について具体的に例をあげてみるので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

育てる喜び

ベランダ菜園を始めれば、何かを育てる喜びを感じることができます。たとえば、ペットを飼いたくても飼うのが難しい状況にある人は少なくないでしょう。しかし、家庭菜園ならより気軽に育てる喜びというものを味わえます。野菜を育てる場合でもさまざまな世話が必要ではありますが、動物などを育てるのに比べれば気軽に取り組むことができるでしょう。何かを育てることに対しては、想像以上に大きな喜びが感じられます。普段の生活の中で植物と触れ合う機会がないのであれば、ベランダ菜園で触れ合いの機会を作ってみましょう。

生活の中に緑がある癒やし

ベランダ菜園なら、家で過ごすときはいつでも緑が身近な存在となります。家で植物を育てることはできますが、実際に植物を育てているという人はそう多くはないのではないでしょうか。ベランダ菜園で野菜を育てれば、最終的に食べるという目的を持つことができるので、緑を育てる張り合いも得られるでしょう。生活の中に緑があると、日常的な疲れも癒しやすくなるというメリットがあります。たとえば仕事で疲れていても、ベランダの緑と触れ合えば心地よさを感じることができるでしょう。

子どもの食育

ベランダ菜園は子どもの教育にもよい効果をもたらします。子どもの教育とベランダ菜園の関係は、食育です。昨今、子どもの偏食も問題になっているので、子どもに対する食育にはとても大きな注目が集まっています。子どもがいる家庭でベランダ菜園を始めれば、野菜を育てながら食の大切さについて学ばせることができます。実際に野菜を育てて野菜ができるまでの過程を知ることは、食育の一環としてもよく取り入れられています。

新鮮な野菜

ベランダ菜園をおこなえば、新鮮な野菜を作ることが可能です。野菜ができたら、出来たばかりのとれたて野菜をすぐに自宅で調理して食べることができます。野菜の種類によっては軽く洗ってそのまま食べることもできるでしょう。ベランダ菜園をすれば自分で野菜が育つ家庭を確認できるので、確実に新鮮でおいしい野菜を食べることができます。野菜は新鮮さが特に重要です。ベランダ菜園をすればいつでもそのような野菜を食べられるのが、大きな魅力といえます。

安全安心な野菜

ベランダ菜園で自分の手によって野菜を育てれば、安心安全な野菜作りが可能です。一般的に農家で野菜を作るときは、たくさんの野菜をしっかり育てるために農薬を散布します。ある程度の農薬は野菜作りにおいて欠かせないものです。とはいえ、できれば農薬のかかっていない野菜を食べたいという気持ちもありますよね。ベランダ野菜ならたとえ農薬を使用するとしても、自分の目で安全なものを選ぶことができます。無農薬野菜を作ることもできるので、工夫次第で自分のニーズに合った野菜を作りましょう。

食費の節約

ベランダ菜園を始めれば、食費の節約にも役立てられます。ベランダで作った野菜はもちろん食べられるので、しっかり育てられれば食卓に出すことも可能です。1つの種や苗からたくさんの野菜を収穫できれば、かなり食費の節約につなげられるかもしれません。そのためには、家庭でもよく食べる野菜を選ぶことも大切でしょう。料理によく使用する野菜の中から育てやすいものを選べば、一石二鳥になりそうですね。

初心者におすすめの野菜・ハーブ10選

初心者がベランダ菜園を始める場合、どのような野菜やハーブを選んだらいいのでしょうか。家庭で育てられる野菜やハーブにはさまざまな種類があるため、最初のうちは迷ってしまいますよね。ここでは、初心者におすすめの野菜やハーブについて紹介します。自宅のベランダで育てやすそうなものを選び、ベランダ菜園を始めてみましょう。

ベランダ菜園といえばこれ「ミニトマト」

ミニトマトは、ベランダでも簡単に育てられる野菜です。植え付け時期は4~6月で、収穫は5~8月です。日当たりのよい場所を選んでプランターを配置すると、太陽の光がしっかりとミニトマトに当たってよく成長します。数百円で植えられるので、試しにベランダ菜園を体験したい場合はミニトマトを選ぶとよいでしょう。そのままサラダとして食べると、素材のおいしさをしっかり堪能できます。

すぐに収穫したいなら「ラディッシュ」

ラディッシュはハツカダイコンともよばれています。種をまけば20日程度で収穫できるので、とても気軽にベランダ支援を楽しめます。プランターも小さなサイズでよいので、大掛かりな準備も必要ありません。ラディッシュは色が鮮やかなので、見た目も楽しめる野菜です。サラダはもちろん、ピクルスにしても楽しめるでしょう。

採れたて野菜でサラダが作れる「ベビーリーフ」

ベビーリーフは種をまいてから一カ月程度で収穫できます。真夏と真冬さえ避ければ、どの季節でもきちんと育てることが可能です。少量のみ育てるのであれば、わざわざプランターを用意しなくても空き缶などおしゃれなものを活用することもできます。ただし、水が出ていくための穴をあけるのを忘れないようにしましょう。ベビーリーフをいつものレタスのサラダに加えれば、おしゃれでおいしく食べることができますね。

買うと意外とお高い「青しそ」

ベランダ菜園では、青しそを育てることも可能です。青しそは購入すると意外と高い場合も多いので、ベランダで栽培すれば節約になりますね。4~6月に種をまけば約2週間で発芽します。

おかずにも汁物にも使う万能野菜「葉ネギ」

葉ネギもプランターで育てることができます。葉ネギの種まきができる時期は3~10月と長く、収穫も5~12月までできます。葉ネギはちょっとした料理にも使うことができるので、さまざまな場面でおいしく活用できそうです。

毎日の食卓のアクセントに「バジル」

バジルもベランダ菜園に適したハーブのひとつです。ハーブは熱帯地域で育つので、春から夏の温かい時期に栽培できます。

収穫が楽しみになる「じゃがいも」

意外かもしれませんが、じゃかいももベランダ菜園で作ることができます。他の植物に比べると少し手間がかかりますが、その分、食べるときの喜びは大きくなるでしょう。夏に収穫するなら3月頃、秋冬なら8月頃に植えましょう。

栄養満点で毎日のお味噌汁にも「ほうれん草」

ほうれん草をベランダ菜園で作れば、1カ月程度で収穫することができます。ほうれん草もいろいろな料理に使いやすいので、ベランダで栽培すればたくさん活用することができそうです。

自家製漬物を種から育てる!「小カブ」

ベランダ菜園では、小カブも栽培することができます。家で漬物を作ることが多いなら、小カブを作ってみてはどうでしょうか。大きなカブよりも早く収穫できるので、手軽に栽培しやすいです。

大量収穫でビールが進む「枝豆」

ベランダ栽培では枝豆も作れます。枝豆は春に栽培を始め、7~8月の暑い時期に収穫できます。家で枝豆を食べることが多いなら、栽培してみるとたくさん作ることができて節約になりますよ。

ベランダ菜園を始めるために押さえておきたいこと

ベランダ菜園を始めるときは、どのようなことを押さえておく必要があるのでしょうか。せっかくベランダ菜園を始めるなら、しっかりと必要なことを理解しておきたいですよね。ここでは、ベランダ菜園を始めるために押さえておきたいことを説明します。ベランダ菜園をはじめる前にしっかりと確認してみてください。

最初に育てる野菜を決める

ベランダ菜園を始めるときは、まずは育てる野菜を決めることから始める必要があります。どの野菜を選ぶかによって、育てやすさはまったく異なるので注意が必要です。また、野菜を育て始める季節によっても、選ぶべき野菜は異なるでしょう。さらに、ベランダの日当たりや使えるスペースを考慮して、どのような野菜なら対応できるか考えることも必要です。ベランダで洗濯物を干すことが多い場合は、洗濯物によって野菜に影ができてしまう恐れもあります。加えて、野菜に虫が寄ってきてしまい、洗濯物にも影響を与える可能性もないとはいえないでしょう。ベランダ菜園を始めるときは、事前にさまざまなことを考えておく必要があります。なお、初心者のうちは育てやすい野菜やハーブを選んだほうがうまくいく可能性が高いです。

プランターを置く場所を決める

育てる野菜を決定したら、実際にプランターを置く場所を決めましょう。野菜がどの程度の大きさに成長するのかにもよって、プランターを置く場所は変わります。大きくなってきてから移動することもできますが、土がたくさん入ったプランターは重いので、なるべく定位置を定めておいたほうが安心です。プランターを置く場所は、洗濯物や出入り口に影響しないという条件を備える必要があります。さらに、日当たりや風通しの確認も必要不可欠でしょう。プランターを置く場所がよくないと、日がきちんと当たらず根腐れの原因となる恐れもあるので注意が必要です。野菜にとってよい場所を選べるようにベランダの使い方を考え直してみるのもよいかもしれません。

プランターに種や苗を植える

育てる野菜とプランターを置く場所まで決めたら、実際に野菜をプランターに植える準備をしましょう。ベランダ菜園を始めるためには、さまざまな道具が必要になります。まずは、プランターや土を用意してください。さらに、育てたい植物の種や苗を選びましょう。ベランダ菜園をするためには、他にも細かいものがいろいろと必要になります。鉢底石、スコップ、じょうろなどが必要になるので、最初に一式そろえておいたほうが安心です。必要なものをきちんと用意できたら、プランターに土入れをします。そのうえで種や苗を植えたら、たっぷり水やりをしましょう。プランターを置こうと思っている場所で作業すれば、土を入れた重いプランターを移動するのもそれほど大変ではないでしょう。

ベランダ菜園の注意点

ベランダ菜園を始めるなら、注意したいこともあります。基本的にベランダは自由に使うことができますが、外に面しているので、現実的にはさまざまな配慮が必要となるでしょう。ここでは、ベランダ菜園を始めるなら注意したいことについて説明するので、事前にしっかり確認しておいてください。

管理規約を確認する

ベランダ菜園をマンションやアパートでおこなうときは、管理規約をきちんと確認してください。マンションやアパートによっては、ベランダ菜園に対する注意書きがある場合もあります。特に過去にベランダ菜園によるトラブルが発生しているような場合には、管理規約にベランダ菜園に関する具体的な注意書きがある可能性もあります。野菜を育てればどんどん成長していき、知らぬ間に周囲のベランダにも影響を及ぼしてしまう場合もあるので気を付けましょう。たとえ管理規約に特別な記載がなくても、周囲への配慮は大切です。周囲に迷惑がかからないことを第一に考え、植物をきちんと管理するようにしてください。

避難経路は塞がないようにする

ベランダ菜園をするときは、避難経路の確認も重要です。ベランダは避難のための経路となっており、緊急事態が発生した場合に通路として使用することがあります。ベランダによっては避難梯子が設置している場合もあります。そのため、ベランダにプランターを置くときは、避難の邪魔にならないように配慮する必要があります。特に隣の部屋との境目に大きなプランターを置いてしまうと、緊急時の移動の妨げとなる恐れがあるので注意が必要です。そういった意味で言えばベランダの広さに対して多過ぎるプランターを配置するのも、避難経路の確保のためにはよくないでしょう。ベランダ菜園に限らず、ベランダを使用するときには避難経路を意識した利用を心がけなければなりません。

室外機の前にはプランターを置かない

ベランダ菜園でもうひとつ気を付けなければならないのは、室外機の存在です。エアコンが設置されていれば、ベランダに室外機が設置してありますよね。マンションやアパートによっては、室外機が邪魔にならない位置にうまく配置されている場合もあるでしょう。基本的に、プランターは室外機の前に置かないようにしなければなりません。室外機の前に障害物があると、室外機がうまく作動しなくなってしまう恐れもあります。また、室外機は熱くなることもあるので、野菜の近くにあると野菜の成長に悪影響を及ぼす恐れもあります。

排水溝が詰まらないように気を付ける

ベランダ菜園で注意しなければならないことは、排水口もそのひとつです。ベランダ菜園をしていると、プランター内の土や育てている植物の葉などがベランダの床に落ちてしまい、排水口にたまってしまう恐れがあります。排水口に流れていくゴミを放置していると、いつの間にか排水口が詰まってしまう可能性もあるので注意が必要です。排水口の詰まりがひどいと、大雨が降った場合に水が流れて行かなくなるかもしれません。また、水を流して掃除したいときにも困ってしまいます。ゴミが排水口の奥まで行ってしまうと自分たちの掃除だけでは対応できなくなるので、こまめに掃除することが大切です。ベランダ菜園を始めるなら、細かいところまできちんと配慮するようにしましょう。

ベランダ菜園を始めて簡単に野菜作りしよう

ベランダ菜園を始めて簡単に野菜作りしよう

ベランダ菜を始めれば、気軽に野菜作りをおこなうことができます。野菜を育てるとなるとなかなか大変なように思えますが、実際はプランターや種などさえ用意できれば、ベランダでも十分しっかりと野菜を育てることが可能です。もちろん、どのような野菜でも育てられるというわけではないですが、工夫次第でいろいろな野菜を育てられます。ベランダ菜園を始めて、簡単に野菜作りをしてみましょう。



ベランダ菜園に関する記事一覧

ベランダ菜園についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ベランダ菜園基本コース
ベランダ菜園資格を目指すコース!!
ベランダ菜園人気講座
ベランダ菜園資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ベランダ菜園プラチナコース
ベランダ菜園資格を楽に取得!!
簡単資格取得
ベランダ菜園資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ベランダ菜園資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ベランダ菜園講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座