に関するコラム

資格取得の通信教育講座

土の処分はどうする?再生方法とともに紹介!

土の処分はどうする︖再生方法とともに紹介︕

土の処分が必要になったときは、どのようにして処分すればいいか迷いますよね。土の処分はきちんとルールを守っておこなうことが大切です。ベランダ菜園に取り組むのであれば、土の処分のルールをきちんと守るように心掛けましょう。それができれば、トラブルも回避しながら楽しく植物の栽培をすることができます。

今回は、土の処分の仕方について紹介します。土の再生方法についても触れるので、土を再利用したい場合もぜひ参考にしてみてください。

プランターの土の処分が必要になったら?

プランターの土を処分する場合、どのようにすればいいのでしょうか。家に庭があれば、庭の土に混ぜることもできますが、マンションであればそれは難しいですよね。プランターの土を処分するときはさまざまなことに気を付けなければなりません。勝手に土をどこかに捨ててしまうと、トラブルに発展する可能性があります。ここでは、プランターの土の処分が必要になったときの対処法について説明します。

捨てる場所には注意が必要

プランターの土は、適当な場所に捨てることはできません。たとえば、公園や川原に土を捨てるのであれば、事前に許可を得る必要があります。許可を得ずに土を捨ててしまった場合、不法投棄に該当するので注意が必要です。不法投棄は重大な問題なので、そのような行為をしないように十分注意してください。

ホームページで調べる

土を捨てる場合、自治体が回収してくれるケースもあります。そのため、土の処分を考えるときは、各自治体のホームページを確認してみましょう。ゴミの回収などのページを確認すると、土の処分について記載されているケースもあります。ただし、各自治体は土の回収をしていないこともすくなくありません。土の回収をしている自治体であれば、それを利用することができますが、回収をおこなっていない場合は他の手段を考える必要があるでしょう。

回収している業者や店舗もある

なかには、不要になった土を回収してくれる業者や店舗も存在します。そのため、自治体での回収がない場合は、業者や店舗を調べて土の回収を依頼するとよいでしょう。不要になった土を回収してくれる業者としては、たとえば、廃棄物処理業者や専門業者などがあります。廃棄物処理業者や専門業者についても、ホームページで確認するとさまざまな業者が見つかります。また、ホームセンターや園芸店で回収してくれることもあるので、近くの店舗に確認するとよいでしょう。いずれにせよ、責任をもって処分してくれる業者や店舗をしっかりと選ぶことが大切です。

消毒して再利用することも可能

実は、不要になった土は、再利用することも可能です。ただし、再利用するためには、きちんと消毒して土の状態を整える必要があります。土の状態をきちんと整えることができれば、新しく植物を育てるときに使用することができます。土を再利用できれば、新たに土を購入して用意する必要がないので便利ですよね。どのような処理が必要なのかはそれぞれの土の状態によっても異なります。その土の状態に合った処理の仕方を実践して、安全に再利用できるようにしましょう。

プランター栽培で古い土がそのまま使えない理由

プランター栽培では、古い土をそのまま再利用することはできません。土なら何でもよいように感じている人もいるかもしれませんが、それでは植物をきちんと育てることができないのです。プランター栽培で古い土をそのまま使えない理由としてはどのようなことがあげられるのでしょうか。プランター栽培をするのであれば、古い土をそのまま使えない理由についてきちんと理解しておいたほうがいいでしょう。ここでは、プランター栽培で古い土をそのまま使うことができない理由について説明します。

状態がよくない

一度植物を育てるために使用した土は、状態がよくない可能性が高いです。土としての質が低下している恐れがあります。具体的には、植物の成長に必要な養分が失われていることが多いでしょう。植物は、土の養分を根から吸収することによって成長しています。そのため、土の中の養分が少ないと、成長に必要な養分をきちんと吸い取ることができません。また、仮に土の中に栄養が残っているとしても、バランスが偏っている可能性があります。そうなると、やはり植物は十分に成長するのが難しくなってしまいます。せっかく植物を育てるなら、元気な状態でしっかりと大きくなって欲しいですよね。そのためには、土の状態をきちんと整える必要があります。

植物の根などが混ざっている

一度使用した土には、植物の根など不要なものが混ざっている可能性があります。土としての機能を弱まってしまう可能性があるので注意が必要です。土の中に植物の根が混ざっているなら、新しく使用する前にきちんと取り除かなければなりません。面倒なようにも思えますが、植物をきちんと成長させるためには必要不可欠なことです。慣れてしまえばそれほど面倒はないので、植物の根をきちんと取り去るようにしましょう。

病原菌や虫がいる

使用済みの土の中には、病原菌や虫がいるケースもあります。他の植物が育つ中では、さまざまなことがありますよね。病気や虫がつきやすい植物もあるので、その場合は土の中に病原菌や虫がいることも珍しくはありません。その状態のままで土を再利用すると、次に育てる植物にも病原菌や虫の影響が及んでしまう可能性があります。そうなってしまっては、植物を健康に育てるのは難しくなってしまうでしょう。一度植物に病原菌や虫がつくと、除去するのに大きな手間がかかってしまいます。それを避けるためにも、土を再利用する前に病原菌や虫をしっかり除去する工程を踏むようにしましょう。

土を再生させる方法

では、使用済みの土を再生するにはどのような手順を踏めばいいのでしょうか。土を再生するには、それぞれの目的に応じた作業が必要です。慣れないうちは大変に感じられるかもしれません。しかし、これらは土を再利用するためにどうしても必要なことです。慣れてしまえば、次の植物を育てる前のルーティーンとしてスムーズにおこなえるようになるでしょう。そのため、最初はきちんと土の処理の手順を覚えるようにすることが大切です。土の再生の仕方についてここで確認しておきましょう。

乾燥させる

土の処理を始めるときは、まずは乾燥させるところから始めましょう。土が湿った状態だと、土どうしがくっつきやすくて他の作業をスムーズに進めることができません。土をプランターの外に出し、広げるようにしておくと乾燥させることができます。ただし、風が強いと土が飛んでしまう恐れがあるので注意が必要です。土をしっかり乾燥させるためには、良く晴れて風が強くない日を選ぶとよいでしょう。土をしっかり乾燥させて、しっかりと土の処理ができるようにしてください。

茎や根を取り除く

土が乾燥してくれば、茎や根を取り除きやすくなります。一度使用した土には以前育てていた植物の茎や根がたくさん残っている可能性があります。茎や根は細長いので、土をひろげた状態ならすぐに目で確認することが可能です。基本的には、ひとつひとつを手で丁寧に取り除いていきましょう。細かい作業になるので大変ですが、目で確認できる分だけを取り去るようにすれば問題ありません。明らかに茎や根だと分かるものをしっかりと取り去るようにすることが大切です。

ふるいにかける

土の中に残っている茎や根をある程度しっかりと取り去ることができたら、土をふるいにかけていきましょう。土をふるいにかけるときは、よりしっかりと土が乾燥していたほうがいいです。土をふるいにかけると、細かいゴミも取り去ることができます。また、ふるいにかけることで、土をさらさらとした状態に変化させることもできます。土をふるいにかけると、土を最初に購入したときに近い状態に見た目が変化するでしょう。

消毒

土を再び使用できる状態にするには、消毒も重要です。土の消毒の方法はいくつか種類があります。たとえば、太陽光に当てる方法、熱湯を使用する方法、寒さを利用する方法などさまざまです。状況によっても適した消毒方法は異なるでしょう。そのため、それぞれに適した消毒方法を選んで実践するようにしてください。

土を調整する

土の消毒が済んだら、仕上げの工程に入りましょう。それは、土の状態の調整です。植物を育てるのに適した状態を作っていきます。方法としては、培養土や土壌改良材などを混ぜる方法があります。調整したり、肥料を加えたりすることも重要です。土の状態のバランスを整え、植物がしっかりと育つ土を完成させましょう。

プランター栽培では土の処分方法も押さえておこう

プランター栽培では土の処分方法も押さえておこう

プランター栽培で使用した土を処分するときは、ルールをきちんと守る必要があります。土の処分方法は、他のゴミとは異なるので注意が必要です。適当に処分するとトラブルにつながる可能性があるので気を付けてください。土の処分方法はいろいろとあるので、状況に適した方法を選ぶようにするとよいでしょう。一度自分たちの状況に適した処分方法を見つけられれば、その後は同じ方法を選ぶことができるので簡単です。

なお、土はきちんと処理することで再利用もできます。土を再利用できれば、新しく買う必要がないのでありがたいですよね。ただし、土の再利用にはそれなりに手間がかかるので注意が必要です。土の状態によってはより多くの手間がかかる可能性もあります。ただし、何度も土の処理をおこなっていれば、再利用の手順にも次第に慣れてくるでしょう。何事も最初は大変に感じられますが、まずは何度も試してみることが大切です。土の処分や再利用方法を理解して、プランター栽培をスムーズにおこないましょう。



ベランダ菜園に関する記事一覧

ベランダ菜園についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ベランダ菜園基本コース
ベランダ菜園資格を目指すコース!!
ベランダ菜園人気講座
ベランダ菜園資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ベランダ菜園プラチナコース
ベランダ菜園資格を楽に取得!!
簡単資格取得
ベランダ菜園資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ベランダ菜園資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ベランダ菜園講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座