• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 植物・フラワー・園芸の資格取得講座一覧 > 盆栽・苔玉資格取得講座 > 趣味の盆栽の始め方

盆栽に関するコラム

盆栽資格取得の通信教育講座

趣味の盆栽の始め方って?必要なものや盆栽はどう選ぶ?

趣味の盆栽の始め方って?必要なものや盆栽はどう選ぶ?

盆栽を趣味として始めたいと考えている人も多いでしょう。とはいえ、実際にはどのようなことから始めたらいいか分からないと思っている人も少なくないのではないでしょうか。盆栽を始めるにはさまざまな知識や道具が必要なため、あらかじめいろいろなことを理解しておく必要があります。

今回は、趣味として盆栽を始める場合に知っておきたいことを紹介します。盆栽を新しく始めたいと思っている人は、ここで紹介する内容をぜひ参考にして盆栽を始めてみてください。

盆栽を趣味にするメリット

盆栽を趣味として始めた場合、どのようなメリットを得られるのでしょうか。盆栽を始めるなら、具体的なメリットについても押さえておきたいところです。ここでは、盆栽を趣味にするメリットについて、さまざまな角度から見てみましょう。

癒し効果

盆栽を始めると、植物による癒しの効果を感じることができるでしょう。植物を見たり触れ合ったりしていると、それだけでも人は安らいだ気持ちになることが多いです。盆栽を作れば、飾って見て楽しむこともできます。盆栽の手入れをしていないときでも、常に自然の植物の強さや生き様を感じることができます。また、盆栽は四季に応じて変化するものも多いです。盆栽を見て楽しんでいるうちに自然と四季の移り変わりを楽しむことができるでしょう。

表現の楽しさ

盆栽に取り組むと、表現の楽しさも感じられます。盆栽は基本的には自由に表現することができるので、自分自身の感性やアイデアを生かせます。自分がイメージしたとおりの盆栽を作ることができると、それだけでこの上ない楽しさを感じられるでしょう。自分自身が愛情を注いだ盆栽には、自然と愛着も湧いてきます。日々の世話や手入れは大変な部分もありますが、長い時間をかけて育てることでより素晴らしい盆栽にすることができるでしょう。

学ぶ楽しさ

盆栽においては、学ぶ楽しさも得られます。盆栽にはさまざまな取り決めやルールなども存在するため、取り組む前にそのような基本を押さえる必要があるでしょう。また、それだけでなく実際に盆栽に取り組む中でも、細かい部分については学ぶべきことがたくさんあります。実際に盆栽を育てていくなかでは、ときを経るごとに盆栽の姿は変化していくでしょう。その姿を見てその都度調整していかなければならないので、盆栽に「完成」はありません。常に学び続けることが好きな人にとっては、盆栽は長く楽しめる趣味となるでしょう。うまく育てることができれば高い価値が認められる可能性もあります。

盆栽の始め方

盆栽を始めるには、どのようなことから着手する必要があるのでしょうか。盆栽を始める場合、まずは基本の道具を揃えるところから始めましょう。盆栽に必要な道具としては、それほど特殊なものはありません。そのため、特に安いものを選んで購入するようにすれば、数千円程度で揃えることも可能です。さまざまなものがあるので、最初はなるべく安い道具を選んでもいいでしょう。少しずつ盆栽に慣れてきたり、上達してきたと感じたりしたら、より効果で品質も高いものを選んでみるといいです。必要な道具を揃えるとともに、育てる盆栽の樹種も決めましょう。盆栽の樹種にもさまざまな種類があるため、それぞれの特徴を理解して樹種を選ばなければなりません。自分のイメージに合わせてそれに適する樹種を選んでみてください。さらに、育てる樹種が決定したら、その樹木に合わせて土や鉢を用意することが大切です。特に鉢と樹種の相性によって盆栽全体のイメージも大きく変化する可能性があるので、注意しましょう。

盆栽に必要な道具と材料

盆栽を始めるときに必要な道具や材料としては、さまざまなものがあります。まず、盆栽を始めるときは盆栽用のはさみを用意しましょう。盆栽の枝や葉を切るためは力がかかるため、専用のはさみでないと対応できないことがあります。また、細かい作業をすることもあるので、ピンセットも用意しておくと便利です。ピンセットで細かいところまで整えると、より素敵な盆栽を作るのに役立ちます。さらに、盆栽には水を与える必要もあるため、じょうろも用意しておきましょう。そして、盆栽を植えるための用土や肥料なども必要です。樹種と鉢の大きさを考慮したうえで、それに適した量を用意するようにしてください。

初心者が育てやすい盆栽

初心者が育てやすい盆栽としては、具体的にどのようなものがあげられるのでしょうか。初めて盆栽を育てるときには、なるべく育てやすい種類を選びたいですよね。ここでは、初心者におすすめの育てやすい盆栽の種類について紹介します。これから盆栽を始めたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

丈夫な樹種

盆栽として育てやすい樹種としては、丈夫な樹種があげられます。具体的には、紅葉、かえで、梅、真柏、黒松、ガジュマルなどが丈夫なので育てやすいでしょう。丈夫な樹種であれば、初心者で世話の仕方に慣れていなくてもしっかりと育っていく可能性が高いです。まずは丈夫な樹種を育てながら盆栽に慣れていき、スムーズに盆栽を育てるためのスキルや知識を実践的に学んでいきましょう。

サイズ

盆栽のサイズとしては、どの程度が育てやすいのでしょうか。意外に思えるかもしれませんが、一般的には大きいサイズの盆栽のほうが育てやすいといわれています。最近では小さな盆栽も人気となっていますが、小さな盆栽を美しく育て上げるにはある程度以上のスキルやノウハウが必要です。そのため、小さな盆栽に興味をもっている場合でも、まずは大きな盆栽を育てて慣れるところから始めることをおすすめします。大きいサイズの盆栽を上手に育てられるようになった後で、少しずつサイズを小さくして慣れていくのがいいでしょう。なお、大きいサイズの盆栽を育てる場合、すでにある程度育っている盆栽を購入し、植え替えるのが最も簡単です。小さい段階から育てていくのは大変なので、まずは簡単にできるところから始めてみましょう。

選び方

初心者におすすめの盆栽はいろいろとありますが、実際にはどのようにして選べばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。盆栽を選ぶときはある程度樹種の強さを考慮すれば、基本的にどれを選んでも構いません。たとえば、自分の好みに合うものを選べば、より楽しく盆栽に取り組みやすくなるでしょう。また、樹種によって価格は異なるため、予算を考慮することも大切です。無理なく育てられ、好みや予算に合うものを選びましょう。

趣味としての盆栽の始め方をしっかりと確認しよう

趣味としての盆栽の始め方をしっかりと確認しよう

趣味として盆栽に取り組む場合、さまざまな準備が必要です。また、盆栽に関する知識をしっかりと身につけることも重要なポイントとなります。初心者が盆栽を選ぶ場合はある程度条件があるので、それに適するものを選べば問題はありません。強い樹種を選ぶことで、初めてでも自然の雄大さをもつ盆栽を育てることができるでしょう。もちろん、趣味とはいえ盆栽に取り組む以上は、しっかりと盆栽に関する知識を深めることが大切です。盆栽は奥が深いものなので、専門的な知識を少しずつ身につけるようにしましょう。そのためには、独学もいいですが、通信講座を受講するのもおすすめです。正しい知識のもとで立派な盆栽を育ててみてください。

盆栽を学ぶなら

盆栽通信講座

SARA の盆栽資格講座は 2 種類の盆栽資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら
saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座