現在位置

フラワーアレンジメントとは?種類とメリット・デメリット

 

フラワーアレンジメントは、美しい花をより魅力的に見せることができるアレンジ方法です。ところで、フラワーアレンジメントと生け花の違いはご存知ですか。フラワーアレンジメントと生け花は似ていますが、この2つにははっきりとした違いがあります。

花は、フラワーアレンジメントや生け花のほかにも、花束、鉢花や寄せ植え、ブリザードフラワーなどさまざまな楽しみ方があります。それぞれの違いを知ると、綺麗な花をより一層楽しむことができますよ。今回は、それぞれのメリットやデメリットについて詳しく解説します。

フラワーアレンジメントについて

フラワーアレンジメントとは?種類とメリット・デメリット

 

まずは、フラワーアレンジメントについてです。フラワーアレンジメントは花のアレンジの幅が広く、最近ではもっとも人気が高い花の生け方となっています。

フラワーアレンジメントとは

フラワーアレンジメントとは、深さのある器などに吸水性のスポンジを入れて、花を生けたものです。花瓶に花を生ける場合とは違い、器に入れる水の量が少ないため、花へ水をあげるときはそこに残っている水を捨てる必要はありません。スポンジに水を吸わせるように水を足していきます。

フラワーアレンジメントはすでに生けてある状態で渡すことができるため、プレゼントにおすすめです。デザイン性が高く、インテイリアとして部屋に飾ることもできます。

フラワーアレンジメントの歴史は古く、古代エジプトやギリシャでは、花は病気の治療や魔除けにも使用されていました。そのため、当時のフラワーアレンジメントは宗教的なアイテムでした。フラワーアレンジメントが観賞用として作られるようになったのは、16世紀以降です。主に貴族の家に飾られていました。

フラワーアレンジメントのメリット

フラワーアレンジメントは、家に花瓶がなくても飾ることができます。水やりが楽なので、病院のお見舞いにも向いています。また、プレゼント用のフラワーアレンジメントはコンパクトなものが多いため、相手の荷物になる心配がなくて渡しやすいです。

フラワーアレンジメントのデメリット

生け方によっては花に水分が十分に行きわたらず、花がすぐに傷んでしまう可能性があります。また、フラワーアレンジメントは傷んだ花は摘み取ったほうがいいとされていますが、花の傷み具合にばらつきがあると、アレンジメントが隙間だらけになってしまうこともあります。

フラワーアレンジメントと生け花の違い

フラワーアレンジメントは、西洋の「生け花」と表現することもできますが、正確に言うと日本の生け花とは成り立ちが異なります。生け花を行う華道は、芸術的な要素も持ち合わせています。フラワーアレンジメントは華やかさを重視しているのに対して、生け花はことばで表現できない世界観を表現するものとして扱われています。

花束について

花束は贈り物として人気が高く、さまざまなシーンで活用されています。今回紹介するなかでは、花束がもっとも多くの人にとって馴染みがあるものでしょう。

花束とは

花束は、生花を束ねたものです。お祝いやセレモニーで手渡すなど、おめでたい場面での贈り物としてよく利用されます。フラワーアレンジメントはそのまま飾ることができますが、花束を飾るには花瓶に花を生け直す必要があります。

花束のメリット

花束は包装を外すことを前提として作られているため、花を少しずつわけていろいろな場所に飾ることが可能です。また、フラワーアレンジメントの材料として利用することもでき、自分でアレンジをするのが好きな人にとってはとても嬉しい贈り物です。

花束のデメリット

花瓶を持っていない人は、いきなり花束をもらうと飾ることができず困ります。また、花瓶に生けても、定期的に水をかえなければならないため手間がかかります。

さらに、大きな花束は華やかさがある反面、移動の際の持ち運びが大変です。花束を受け取ったあとに長距離の移動がある場合、邪魔になってしまうこともあります。

鉢花・寄せ植えについて

鉢花や寄せ植えはガーデニングとして楽しんでいる人も多く、初心者でも気軽に楽しめます。

鉢花・寄せ植えとは

鉢花は、鉢のなかの土に植えてある花です。また、寄せ植えは複数の花を大きな鉢に植えたものです。鉢花や寄せ植えなら、広い庭がなくても玄関先やベランダでガーデニングを楽しむことができます。

フラワーアレンジメントや花束は切り花ですが、鉢花や寄せ植えは土に植えた花であるため根があります。「根つく」が「寝つく」ということばを連想させることから、お見舞いの品としてはNGとされています。

鉢花・寄せ植えのメリット

切り花とは違い長持ちします。花を種から育てて、成長を楽しむことも可能です。大切に育てた花がきれいに咲くととても嬉しい気持ちになりますよ。

鉢花・寄せ植えのデメリット

鉢花や寄せ植えは育てるのを楽しむことができますが、その反面、手がかかるのが難点です。切り花よりも病気がつきやすく、原因を調べて薬を与える必要が出るときもあります。

また、お見舞い以外であればプレゼントとして贈ることもできますが、土や鉢は重いため運ぶのにも一苦労です。

プリザードフラワーについて

ブリザードフラワーは、花を長く楽しむために活用されています。

プリザードフラワーとは

ブリザードフラワーは、生花に特殊な加工をして長期間美しい姿を保つことができる花です。「枯れない花」とも呼ばれており、数年間はいきいきとした状態をキープします。

見た目や感触は加工をしていない生花と変わらず、とてもデリケートであるため扱いには注意が必要です。生花にはない色をつけることもできるため、フラワーアレンジメントでブリザードフラワーを使用すれば、よりアレンジの幅が広がります。

プリザードフラワーのメリット

最大のメリットは、数年間、同じ花の美しい状態を楽しむことができるところです。プロポーズの花束や結婚式のブーケをブリザードフラワーに加工して飾っている人も多いです。水やりも必要ないため、手間がかかりません。

プリザードフラワーのデメリット

ブリザードフラワーの加工には特殊な技術が必要であるため、自分で施すことはできません。専門の業者に依頼する必要があります。

しかもブリザードフラワーの加工にかかる費用は、かなり高価です。とくに、生花として購入した花をブリザードフラワーに加工してもらうとなると、数本で数万円かかることも珍しくはありません。もともとブリザードフラワーとして販売されている花は、生花とほとんど変わらない金額であることが多いです。そのため、ブリザードフラワーを希望する場合は、あらかじめ加工が施された花を選ぶことをおすすめします。

花の楽しみ方はいろいろある

花の楽しみ方はいろいろある

 

一口に「花」と言っても、その楽しみ方や活用方法はさまざまです。それぞれのタイプのなかにも、またいろいろな種類があるため、花は奥が深いと言えますね。

花は「見ているだけで元気になれる」と感じる人も多いのではないでしょうか。そのため贈り物にもぴったりですが、花を贈るときは相手の状況をしっかり見極めて花のタイプを決める必要があります。プレゼントするからには相手の喜ぶ顔が見たいものです。

フラワーアレンジメントは、生花をより魅力的でコンパクトな作品に仕上げることができるため、とくにおすすめです。コツをつかめば初心者でも上手にアレンジメントを作ることができますよ。

フラワーアレンジメントに関する記事一覧


造花フラワーアレンジメントの種類やメリット・デメリット

造花フラワーアレンジメントの種類やメリット・デメリット


花の特徴を生かしたフラワーアレンジメントのコツ

花の特徴を生かしたフラワーアレンジメントのコツ


フラワーアレンジメントをおしゃれに見せる方法

フラワーアレンジメントをおしゃれに見せる方法


フラワーアレンジメントの基本的なお手入れ方法

フラワーアレンジメントの基本的なお手入れ方法


フラワーアレンジメントの簡単な作り方

フラワーアレンジメントの簡単な作り方

フラワーアレンジメントについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

フラワーアレンジメント資格講座

フラワーアレンジメント資格講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジメント資料 フラワーアレンジメント

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ