フラワーアレンジメントを誕生日に送る時のポイント

 

誕生日は誰にとっても特別な記念日です。大切な人であればあるほど、お祝いは盛大にしたいところです。しかし、誕生日の贈り物に迷ってしまうことは多いですよね。そんなときは、華やかでかわいらしいフラワーアレンジメントを贈ってみてはいかがでしょうか。とくに女性であれば、「花をもらって嬉しくない人はいない」と言っても過言ではありません。

今回は誕生日にフラワーアレンジメントを贈る際に意識すべきポイントと、誕生日気分をより盛り上げる演出方法について紹介します。

誕生日に花を贈る場合のポイント

フラワーアレンジメントを誕生日に贈ろう!ポイントとおすすめのアレンジ方法

 

誕生日に花をおくるときは、その花を贈る意味や相手の状況に考慮する必要があります。

花言葉を意識する

花にはそれぞれ、いろいろな意味が込められています。せっかくの誕生日に花をプレゼントするなら、意味までしっかり考慮して贈りたいですね。

*365日の誕生日花

1年は365日ですが、そのすべての日付に「誕生日花」が割り当てられています。自分の誕生日花を知っている人はあまりいないかもしれませんが、誕生日花だという説明しながらその花を渡すことができれば、相手はとても喜ぶことでしょう。

誕生日花はその季節に合わせた花が選ばれていますし、花言葉も素敵な花が割り当てられていることが多いため、誕生日プレゼントの花選びの際はぜひ参考にしてみてください。

*月別の誕生花

誕生日花を贈るのはとても素敵ですが、なかには自分と相手の関係に合わない花言葉をもつ花が相手の誕生日花であることもあります。たとえば、1月29日の誕生日花はスミレですが、花言葉は「誠実な愛」です。もちろんこれは恋人同士なら問題ない花言葉です。しかし、異性の友人に贈ってしまうと相手に勘違いを抱かせる可能性もありますよね。

そんなときは、日付に特化した誕生日花ではなく、月に特化した「誕生月花」を選んでみてはいかがでしょうか。誕生月花は、1~12月のそれぞれに1つずつ割り当てられた花のことです。季節感もあり、どんな相手でも贈りやすい花言葉をもった花が多いですよ。1~12月の誕生月花は次のとおりです。

【誕生月花】 ※カッコ内は花言葉

・1月・・・シンビジウム(飾らない心、素朴、壮麗)
・2月・・・フリージア(純潔、親愛の情)
・3月・・・チューリップ(博愛、思いやり)
・4月・・・サクラ(精神の美、優美な女性)
・5月・・・スズラン(幸福の再来、純粋、謙虚)
・6月・・・バラ(愛、美)
・7月・・・ユリ(純粋、無垢、威厳)
・8月・・・ヒマワリ(あなただけを見つめている、愛慕)
・9月・・・ダリア(華麗、優雅、気品)
・10月・・・ガーベラ(希望、常に前進)
・11月・・・シクラメン(清純、絆、思いやり)
・12月・・・ポインセチア(祝福する、幸運を祈る)

*花言葉

誕生日花や誕生月花の花言葉がしっくりこないときや、相手の好みに合わないときは、日付や月の割り当てを気にせず、素敵な花言葉をもつ花を選んで贈るのもおすすめです。誕生日に贈るのにふさわしい花言葉をもつ花はたとえば以下のようなものがあります。

【誕生日にふさわしい花言葉をもつ花】 ※カッコ内は花言葉

・アルストロメリア(幸せな日々)
・カサブランカ(祝福)
・ラナンキュラス(魅力的、名誉)
・コチョウラン(幸せが飛んでくる)
・マーガレット(真実の友情、誠実)

花の大きさに注意する

花は場所をとってしまうことが多いため、贈るときは相手の状況にも配慮する必要があります。プレゼントをより喜んでもらうためには、必須のポイントです。

*持ち運び

花をプレゼントするときは、相手が持ち運びやすいかを考えましょう。渡したあとに相手が電車や飛行機に乗る場合は、より注意が必要です。サイズが大きいほどまわりの人の迷惑になる可能性もありますし、重量があると女性にとっては負担が大きくなってしまいます。

フラワーアレンジメントは小さくても華やかにアレンジすることが可能です。また、器は丈夫なプラスチックでできたものでもOKなので、なるべく重くならないような工夫をしましょう。

*飾る場所

当然ですが、花は飾って楽しみます。そのため相手がどのような場所に飾るか考慮することも大切です。たとえば、一人暮らしのワンルームに住んでいる女性なら、両手で抱えなければ持てないほどの大きなフラワーアレンジメントをもらっても、スペースがないため飾ることができないことも想定されます。花を贈るときは、相手の普段の生活に馴染むようなものを贈るように心がけましょう。

生花かアートフラワーか

フラワーアレンジメントをプレゼントとして贈るときは、生花とアートフラワーのどちらかを選択する必要があります。

*生花

生花は、文字どおり、生きた花のことです。「花をプレゼントする」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのは生花でしょう。

生花の魅力は何と言ってもその美しさです。ただし、生花のフラワーアレンジメントは傷んだ花を取り除いたり、花器に水を足したりする手間がかかるのが気になるところです。プレゼントを渡す相手によっては、うまく世話ができない可能性もあります。

*アートフラワー

アートフラワーは、本物の花に似せて作られた造花のことです。丁寧に作られたアートフラワーのなかには、生花と見間違うほど美しいものもあります。

アートフラワーの魅力は、世話をしなくてもいつまでも美しい姿を保つところです。プレゼントとしてもらったものをいつまでも飾っておくことができるというのは、もらった相手にとって嬉しいポイントですよね。ただし、なかには生花よりも値が張るアートフラワーもあるため金額には注意しましょう。

サプライズな贈り方

誕生日にフラワーアレンジメントをプレゼントするときは、さまざまな演出をして相手を驚かせたいですよね。そんなときにおすすめの方法を紹介します。

ケーキに見立てたアレンジメント

花で誕生日を祝うなら、ケーキのアレンジはいかがでしょうか。このアレンジは「フラワーケーキ」とも呼ばれており、とても人気です。ケーキのスポンジに見立てた土台の上に、かわいらしい花を配置しています。

とくに、アートフラワーで作られたフラワーケーキなら、部屋のインテリアとして飾ることができるため、女性への誕生日プレゼントとしてはとてもおすすめですよ。

花ノートを添える

誕生日花や誕生月花など花の意味にこだわるときは、花言葉を記したノートを添えると素敵です。こうすれば、相手が花言葉を知らなくても、しっかりと自分の気持ちを伝えることができます。オリジナルのメッセージを一緒に添えると、よりあたたかみのあるプレゼントになりますね。

ラッピングに寄せ書き

複数人で花をプレゼントするときは、ラッピングに寄せ書きをするのもおすすめです。こうすれば、渡した瞬間にメッセージを見てもらうことができるため、相手を感動させることができますよ。

寄せ書きを行うペンの色は、フラワーアレンジメントに合わせた色にするといいでしょう。黒の太いペンで書いてしまうと、せっかくの華やかなアレンジが台無しになってしまいます。

フラワーアレンジメントで誕生日をお祝いしよう

フラワーアレンジメントで誕生日をお祝いしよう

 

華やかなフラワーアレンジメントは、誕生日プレゼントに最適です。意味まで考えて花を選べば、相手はとても喜んでくれるはずです。もちろん、相手の好みや状況を考慮することも重要ですよ。

フラワーアレンジメントは自分でも作ることができるため、大切な人へのプレゼントなら手作りして贈るのもおすすめです。年に一度の誕生日は、気持ちを込めたフラワーアレンジメントで盛大にお祝いしましょう。

フラワーアレンジメントに関する記事一覧


造花フラワーアレンジメントの種類やメリット・デメリット

造花フラワーアレンジメントの種類やメリット・デメリット


花の特徴を生かしたフラワーアレンジメントのコツ

花の特徴を生かしたフラワーアレンジメントのコツ


フラワーアレンジメントをおしゃれに見せる方法

フラワーアレンジメントをおしゃれに見せる方法


フラワーアレンジメントの基本的なお手入れ方法

フラワーアレンジメントの基本的なお手入れ方法


フラワーアレンジメントの簡単な作り方

フラワーアレンジメントの簡単な作り方

フラワーアレンジメントについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

フラワーアレンジメント資格講座

フラワーアレンジメント資格講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジメント資料 フラワーアレンジメント

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ