現在位置

造花フラワーアレンジメントの種類とメリット・デメリット

 

フラワーアレンジメントには造花を使うこともできます。フラワーアレンジメントに使用する造花は作りがとても丁寧で、「アーティフィシャルフラワー」と呼ばれています。アーティフィシャルフラワーのなかでもとくに品質が高いものは、生花と見間違えるほど精巧に作られています。

造花は生花よりも手入れや扱いが簡単なため、気軽に部屋に飾ることができてとてもおすすめです。

今回は造花のフラワーアレンジメントを楽しむために必要不可欠である、造花の種類やメリット・デメリットに関する知識をお伝えします。

造花の種類と特徴

造花フラワーアレンジメントの種類とメリット・デメリット

 

「造花」には、ほかにもさまざまな呼び方があります。まずは、名称とそれぞれの違いについて確認しておきましょう。

シルクフラワー

シルクフラワーは、日本には1976年頃に輸入されるようになりました。シルクフラワーの素材には、それまで造花の素材として一般的だった塩化ビニールではなく、ポリエステルが使用されていました。そのため、それまでにはない、光沢感がある造花として人気でした。シルクフラワーはシルク(絹)でできているわけではなく、光沢感がシルクを連想させることからそう呼ばれていたようです。シルクフラワーの販売は香港で盛んだったため、「香港フラワー」と呼ばれることもあります。

アートフラワー

「アートフラワー」は、海外の塩化ビニール製の造花が出回っていない時代に、日本で作られた手作りの造花です。布を裁断し、花びらを1枚1枚丁寧に作っていました。

しかし、海外製の造花が輸入されはじめると、そのなかでもとくに美しいものが「アートフラワー」と呼ばれるようになりました。それ以降、造花は美しいものであれば素材や製造過程に限らず、アートフラワーと呼ばれていました。

アーティフィシャルフラワー

造花のなかでも、生花の代わりとして見劣りしないような品質の高いものを、アーティフィシャルフラワーと呼びます。アーティシャルフラワーは、花びらのしわやグラデーション、茎や葉の色むらがより本物に近く仕上げられています。

アーティフィシャルフラワーは、最近になって新しくできたことばです。現在、アートフラワーやシルクフラワーを含む「美しい造花」のことをアーティフィシャルフラワーと呼びます。

造花のメリットとデメリット

造花には生花にはないメリットがたくさんあります。もちろん、デメリットもいくつかあるため、状況によって使い分ける必要があります。

メリット

 

*枯れない

造花は枯れないというメリットがあります。気に入ったものはずっと飾っておくことができます。本物の花とは違って季節に左右されることがないため、真冬でも華やかに部屋を飾ってくれます。

*手入れが簡単

生花なら水やりをしたり、傷んだ花を摘みとったりする必要がありますが、造花ならそのような手間がかかりません。手入れとしては、部屋の掃除をするときにホコリを落とすくらいで十分です。

*衛生的

生花には虫がついたり、カビがはえたりする可能性があります。忙しい日が続いて手入れがおろそかになると、綺麗なはずの花も簡単に雑菌の温床になってしまいます。

しかし、造花にはそのような衛生面の心配が一切ありません。オブジェのように気軽に飾ることができます。造花なら水も使用しないため、仮にぶつかって倒れても水がこぼれることもありません。

*丈夫さ

生花は風や高温に弱いという特徴がありますが、造花はそのような環境にも飾ることができます。

さらに、造花なら複雑なアレンジをしても花びらや茎が傷つきにくいです。生花は花びらなどが破けてしまう恐れがあってできなかったアレンジも、造花なら挑戦することが可能です。

デメリット

 

*造花を好まない人もいる

世の中には、造花をよく思っていない人もいます。そのような人にプレゼントとして生花ではなく造花を渡してしまうと、反感を買う可能性もあるため注意しましょう。

とはいえ、最近の造花は作りが非常に精巧で生花と見間違うようなものも多いです。造花を好まない人は最近の造花の状況を知らない人も多いため、あえて美しい造花を選び渡してみるのもアリかもしれません。

*品質の差が大きい

すでに説明したとおり、造花のなかでもとくに品質が高いものをアーティフィシャルフラワーと呼んでいます。しかし、造花の呼び方は人や業者によって曖昧なことが多く、残念ながらアーティフィシャルフラワーという名称で売られているもののなかにも粗悪品があるのが現状です。

アーティシャルフラワーを購入するときは、品質をよく確認してから購入することをおすすめします。

*品質が高いほど高額になる

アーティシャルフラワーは品質が高いほど、金額も高い傾向があります。なかには生花よりも高価なものもあります。

品質が高ければ高いほど美しいフラワーアレンジメントを作ることができるのは確かですが、状況に合わせて金額と品質のどちらを優先するか検討しましょう。

造花フラワーアレンジメントが役立つシーン

生花に負けない魅力をもつ造花は、さまざまなシーンで役立ちます。

ウェディング

ウェディングでは造花のフラワーアレンジメントが大活躍します。造花のブーケなら、「前撮り」も結婚式本番も同じブーケを使うことができます。結婚式が終わった後もそのまま記念にとっておくことが可能です。

ギフト

花は贈り物の定番です。造花のフラワーアレンジメントなら、たとえ相手が花瓶をもっていなくても気軽に渡すことができます。渡したあとに相手が長い距離を移動しなければならない場合でも、造花なら持ち運びが簡単です。

造花のデメリットとして造花を好まない人がいることをあげたため、その点が少し心配になるかもしれません。しかし、プレゼント用として作りこんである造花のフラワーアレンジメントなら、花というイメージよりもオブジェやアートとして捉えやすいため、抵抗感を示す人は少ないでしょう。

お見舞い

造花はお見舞いの際に渡すのもおすすめです。生花はいきいきとしていて元気を出してほしい相手に送るにはぴったりですが、その反面、手入れが大変で本人や家族の負担を増やしてしまう可能性があります。とくに最近では、生花は虫がついたり細菌が繁殖したりする可能性があることから、持ち込みを禁止する病院も増えているようです。

造花のフラワーアレンジメントであれば、そのような心配も必要ありません。造花でも精巧に作られたアーティシャルフラワーなら生花に見劣りしませんし、飾っておくだけで明るい気持ちになれるはずです。

インテリア

部屋に花を飾るのは素敵ですが、生花なら毎日時間をとって世話をしなければならないという難点があります。その反面、造花のフラワーアレンジメントなら世話をする必要がないため、とても気楽です。忙しい毎日を送っている人でもインテリアのひとつとして造花を飾れば、簡単に部屋のなかの雰囲気を変えられます。

造花フラワーアレンジメントのお手入れ方法

造花は生花に比べて扱いやすいため、気軽に飾ることができます。とはいえ、造花も飾るときにはいくつか注意すべきことがあります。

ホコリ対策

造花のフラワーアレンジメントはホコリまみれになることがないよう、掃除のときはこまめにホコリを落とすようにしましょう。造花は生花に比べると静電気が発生しやすいため、ホコリがつきやすいです。

造花のフラワーアレンジメントのクリーニングを専門に請け負っている業者もあるため、ホコリや汚れが気になるときはお願いしてみるのもおすすめです。

紫外線対策

造花は紫外線によって色があせてしまう可能性があります。そのため、日があたる場所を定位置にするのはおすすめできません。とくに濃い色の造花は色があせると目立つため、注意が必要です。

造花のフラワーアレンジメントで気軽に花を楽しもう

造花のフラワーアレンジメントで気軽に花を楽しもう

 

造花のフラワーアレンジメントの魅力は、特別な手入れが必要なく、気軽に飾って楽しむことができるところです。造花とはいえ、見た目が生花とほとんど変わらないくらい美しいものが多いため、近くに置いておくだけで華やかな気分になれますよ。

自分でフラワーアレンジメントをする場合、造花ならいつまでも自分が作った作品をそのままの状態で保存することができます。造花を使用して、フラワーアレンジメントを気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

フラワーアレンジメントに関する記事一覧


造花フラワーアレンジメントの種類やメリット・デメリット

造花フラワーアレンジメントの種類やメリット・デメリット


花の特徴を生かしたフラワーアレンジメントのコツ

花の特徴を生かしたフラワーアレンジメントのコツ


フラワーアレンジメントをおしゃれに見せる方法

フラワーアレンジメントをおしゃれに見せる方法


フラワーアレンジメントの基本的なお手入れ方法

フラワーアレンジメントの基本的なお手入れ方法


フラワーアレンジメントの簡単な作り方

フラワーアレンジメントの簡単な作り方

フラワーアレンジメントについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

フラワーアレンジメント資格講座

フラワーアレンジメント資格講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジメント資料 フラワーアレンジメント

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ