イングリッシュガーデンとは?作り方やポイントをおさえよう

 

ガーデニングで、ヨーロッパ風の素敵な庭を作りたいという憧れはありませんか。イングリッシュガーデンは自然に近い庭づくりのことで、初心者でも気軽に始めることができる方法です。あまり神経質に管理するタイプのガーデニングではありません。それに加えて、見た目がおしゃれなことからとても人気があります。

今回は、人気のイングリッシュガーデンについて、作り方の基本を紹介します。趣旨さえ理解すれば、自由で気取らない、おしゃれなガーデニングを楽しむことができますよ。

イングリッシュガーデンとは?

イングリッシュガーデンとは?作り方やポイントをおさえよう

 

イングリッシュガーデンとは、そもそもどんなものなのでしょうか。イングリッシュガーデンは、18~19世紀頃から始まった、イギリス式庭園をもとにしたガーデニングのデザインです。イギリス式庭園は、それまで主流だったイタリア式やフランス式とは全く異なる考え方で庭を作るという点が特徴となっています。イタリア式やフランス式は、人工的に美しい庭を作ることを目的としていました。左右対称が基本であり、幾何学的な模様などがデザインされることが多いです。しかし、イギリス式庭園は、自然をそのままの姿で楽しむことを基本としています。

こういったイギリス式庭園の考え方に則って、イングリッシュガーデンを作るときは、なるべく植物を自然な状態で育てます。木や草を必要以上に刈り込むことはせず、自然な形を楽しむことが重視されています。花の色や形もあえて違うものを合わせることで、野原に自然に咲いているような雰囲気を出すことが大切です。イングリッシュガーデンは気取らない雰囲気ながらも、おしゃれな印象を感じられる人気の高いガーデニングのデザインとなっています。

イングリッシュガーデンの基本的な作り方

イングリッシュガーデンを作る際は、自然の美しさを意識することが大切です。ここでは、基本的なイングリッシュガーデンの作り方についてみてみましょう。

色選び

イングリッシュガーデンでは、あえてさまざまな色を取り入れると自然な印象になります。とはいえ、適当な色を好き勝手に混ぜてしまっては、雑多な印象が強くなってしまいます。そこで意識したいのが、その庭のテーマです。華やかな印象の庭なら赤やピンクなどを中心にするのがおすすめです。また、爽やかな雰囲気にしたいのであれば、水色や白といった色を選ぶとよいでしょう。色の選び方が難しいと感じる場合は、同系色のグラデーションになるように意識すると、さまざまな色を取り入れつつもある程度まとまり感のある庭になります。

自然な配置

自然を意識し過ぎると、適当な配置になりがちです。確かに、イングリッシュガーデンでは、植物を規則正しく並べるのはNGです。しかし、目で見て規則正しさを強く感じない程度に、きれいに並べることは重要です。イングリッシュガーデンでは、植物を手前から奥に向かって高くなるように配置する「ボーダーガーデン」という方法がよく活用されています。ボーダーガーデンの手法を取り入れることによって、自然な雰囲気を保ちながら、植物をある程度まとめてきれいに配置することが可能です。高さがある植物がないときは、レンガなどを活用して高さを調整するようにしてみてください。

小物は自然素材を利用する

ガーデニングでは、植物のほかにもさまざまな小物を配置することがあります。そういった小物についても、なるべく自然に近い素材のものを利用するようにしましょう。たとえば、ベンチやテーブルを置くならプラスチック素材のものは避け、木製のものを選ぶようにするとよいです。ガーデニングに使用する小物の定番であるレンガも、イングリッシュガーデンで重宝します。

美しく見せるイングリッシュガーデンのポイント

イングリッシュガーデンをより美しく見せるには、どうしたらよいのでしょうか。ここでは、イングリッシュガーデンの基本的な作り方に加えて、より上手な庭づくりをするためのポイントについて紹介します。

性質の違う花を配置

野原など自然の環境では、花が1ヶ所にまとまって生えていたり、開花時期が同じものだけが近くに生えていたりすることはありません。より本格的なイングリッシュガーデンを目指すなら、こういったポイントにも気を配るようにしましょう。同じ場所に植える植物は、複数の種類のものを用意し、開花時期も異なるようにしたほうがよいです。こうすれば、どの季節でも四季折々の花を楽しむこともできます。

レンガや木などで小道を作る

自然に近い環境をイメージして植物を植えていると、慣れていなければどうしてもまとまり感のない庭になってしまうこともあります。そういった場合は、通り道となる動線にレンガや木を配置して小道を作るのがおすすめです。小道ができると、何となくメリハリがつきます。木を使用する際は、きれいに四角く切ったものではなく、自然に折れたような断面になっている木を使ったほうがイングリッシュガーデンの雰囲気がより出ます。

イングリッシュガーデンにおすすめの植物&アイテム

最後に、イングリッシュガーデンに取り入れたい植物やアイテムについて紹介します。どれもイングリッシュガーデンの定番と呼ぶことができるものなので、積極的に配置してみてください。

オールドローズやイングリッシュローズ

一般的に、イングリッシュガーデンといえば、バラというイメージがあります。バラの中でもおすすめなのは、オールドローズやイングリッシュローズです。見た目のかわいらしさに加えて香りがよいため、庭に植えておくと五感としてもとても心地よい環境を作ることができます。

ラベンダー

ラベンダーも、イングリッシュガーデンでは外せない植物の1つです。人を落ち着かせる独特の香りがあります。背丈があるので、ボーダーガーデンを作る際にも重宝するでしょう。

テーブルやチェアー

イングリッシュガーデンを作る場合、スペースに余裕があれば、テーブルやチェアーはぜひ置きたいアイテムです。テーブルやチェアーがあれば、自然に近い環境でゆっくり過ごすことができ、庭を思い切り楽しむことができるはずです。

イングリッシュガーデンは自然を生かした庭の作り方

イングリッシュガーデンは自然を生かした庭の作り方

 

ガーデニングと聞くと、植物の色のバランスや配置を考えるのが大変そうだと感じる人が多いのではないでしょうか。しかし、デザインとしてイングリッシュガーデンを選べば、そういった難題をあまり考えずに素敵な庭づくりを行うことが可能です。イングリッシュガーデンは自然の美しさを活かすものなので、忙しくて手入れができない日が続いても、庭の乱れはそこまで気になることはないでしょう。さまざまな植物を取り入れることができるため、あとから気になった花をさりげなく加えることも容易です。

もちろん、ただ適当に並べるだけでは素敵な庭づくりはできません。今回紹介したように、いくつかのポイントを意識して自然の美しさを強調することが必要です。植物が伸び放題になってしまわないよう、庭に対するイメージをある程度しっかり決めておくことも大切だといえます。ガーデニングをするならイングリッシュガーデンを選ぶことで、比較的簡単に素敵な庭づくりを行うことができるでしょう。ガーデニングを上手く行うことができるか悩んでいるのであれば、イングリッシュガーデンを選んでみてはいかがでしょうか。

ガーデニングに関する記事一覧

 

 

ガーデニングについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ