ガーデニングに必要な道具は?詳しくチェックしてみよう

 

「ガーデニングを始めたいけど、何から準備すればよいか分からない」と、お悩みの方も多いのではないでしょうか。ガーデニングを始めるときは、いくつか基本的な道具を揃える必要があります。とはいえ、基本となるものさえ集めてしまえば、どんな植物でもたいていの場合は対応することが可能です。

せっかくガーデニングを始めるなら、必要な道具をきちんとそろえた上で行いたいですよね。今回は、ガーデニングに必要な道具について詳しく紹介していきます。

ガーデニングに必要な基本道具

ガーデニングに必要な道具は?詳しくチェックしてみよう

 

ガーデニングには、どのような道具が必要なのでしょうか。まずは、絶対に必要なものについて確認しましょう。

移植ゴテ

地域によってシャベルまたはスコップと呼び方が異なることもありますが、手で握って作業できる小ぶりの移植ゴテを用意しましょう。土をすくう部分が広いものと狭いものがあります。広いものは、土を掘り返したり、植物を植え付けたりするときに使用すると便利です。また、狭いものは、もともと鉢植えになっているものを新たに植え替える場合に使用します。

移植ゴテは、実際にグリップ部分を握ってみた上で購入するものを決めるとよいです。移植ゴテを使うときは、意外と強い力を使うので、力が入りやすいような持ち手になっているものを選びましょう。初心者なら安価なものでも構いません。ガーデニングに慣れてきたら、少し高価なものやより持ちやすいものに買い替えてみてください。

ジョウロ

ガーデニングにはジョウロも欠かせません。ジョウロは蓮口が取り外せるものを選びましょう。蓮口とは、ジョウロの先の部分で、細かくあいた穴から水が出るところです。蓮口の取り外しができると、水やりの微調整が簡単になります。広範囲にまんべんなく水やりを行いたい場合は、蓮口をつけたまま水やりを行うのがよいです。また、鉢植えの根元など、細かいところにピンポイントで水やりをしたい場合は、蓮口を外すと簡単になります。さらに、蓮口の向きを上または下に変えるだけでも水の出方や植物への当たり方も変化します。

ジョウロの容量はものによってさまざまですが、3~6リットル程度が一般的です。水の量が多ければ多いほど重くなるので、自分自身がそれほど無理せず持てる程度の水の量が入るものを選ぶようにしましょう。庭の面積や水やりを行いたい鉢植えの数を考慮することも大切です。

ホース

庭がかなり大きいときは、ジョウロではなく散水ホースを利用したほうがよい場合もあります。散水ホースは、水の出し方をさまざまに調整できるものが多いです。ジョウロのように水を出すこともできますし、シャワー状や霧状の放水も可能です。ホースは長くて邪魔になるので、収納がしやすいリール付きのものがおすすめです。

はさみ

ガーデニングでは、はさみも割とよく使用します。土が入っている袋などを開封するときや植物の茎を切るときなどに重宝します。ビニールやひもなどを切るためのはさみは、自宅にあるものや安価なもので構いません。ただし、植物の茎などを切るためのはさみについては、専用のものを別途購入する必要があります。ガーデニングや園芸用として販売されているはさみを使用すると、かたくなっている茎や細い枝も簡単に切ることができます。

植木鉢・プランター

広い庭でガーデニングを行う場合でも、寄せ植えなどを行う際は鉢やプランターが必要です。さまざまな素材やデザインのものがあり、大きさも種類がたくさんあります。庭の雰囲気や置きたい場所、植物の大きさなどを考慮した上で、適切なサイズのものを用意しましょう。

園芸グローブ

ガーデニグでは土や植物を直接触ることになるため、手元も汚れやすくなります。そういったときは、園芸グローブを使用するとよいです。作業内容によって適したグローブは異なるので、用途に合わせていくつか用意しておくと便利です。たとえば、土の掘り返しを行うときは軍手やゴムのついたグローブ、寄せ植えを行うときには薄手のゴム手袋などを使用するとよいでしょう。

あると便利なガーデニング道具

次に、あるとより便利なものについても確認しましょう。なくてもガーデニングを行うことは可能ですが、これらがあるとより快適にガーデニングを楽しむことができます。

エプロン

ガーデニングを始めるなら、できればガーデニング用のエプロンを1枚用意したいものです。ガーデニングをする際にエプロンをつけると、土や水などで服が汚れるのを防止することができます。ガーデニング用として販売されているエプロンには、さまざまな工夫が施されているものもたくさんあります。汚れに強くするために厚手の生地や合成樹脂などの素材でできているものが多いです。ガーデニング用の小物をたくさんしまうことができるように、ポケットが多めについているものもあります。お気に入りのエプロンを用意すれば、ガーデニングがより楽しくなるはずです。

ガーデニングブーツ

庭でガーデニングを行うときは、ガーデニングブーツがあると便利です。水濡れや汚れがズボンのすそなどにつくのを防止することができます。普段使用している長靴で代用することも可能です。とはいえ、エプロンと合わせてお気に入りのものが用意できると、よりおしゃれですね。

ラベル

たくさん植物を植える際は、ラベルに植物の名前を書いて貼っておくと、あとからでもすぐに植物の種類が分かるので便利です。植物の名前は忘れてしまっても問題はないように思えますが、たとえば植物が病気になったときは、植物の種類によって対処法が異なる場合もあります。そういったことを調べるときに、植物の名前が分からないと大変です。植物の名前を覚えるのが大変そうなら、植物を植える際にラベルを貼っておきましょう。

プランターの選び方

ガーデニングではプランターの選び方が非常に重要です。育てたい植物の大きさに合ったものを選ぶ必要があります。植えるときの植物の大きさではなく、植物が成長したあとのサイズ感を考慮して余裕のあるサイズのものを選びましょう。具体的には、植物が成長する高さの1/3以上の深さが必要です。

また、鉢のサイズは号数で示されています。たとえば、3号に入る土の量は約0.3リットル、5号なら約1.3リットルなどと決まっています。育てたい植物に合わせて鉢のサイズを決めましょう。

ガーデニングを始めるなら基本の道具を用意して

ガーデニングを始めるなら基本の道具を用意して

 

ガーデニングを行うときは、いくつか専用の道具を準備する必要があります。最初にきちんと用意すれば、その後も長く道具を使い続けることが可能です。とくにエプロンやガーデニングブーツなどは、素敵なデザインが施されているものも多数販売されています。お気に入りのエプロンやガーデニングブーツを見つけることができたら、ガーデニングがより楽しくなるはずです。なお、移植ゴテは使い勝手が重要ですが、カラフルな色をしているものも多いので、好みのものを探してみるとよいでしょう。

ただし、鉢植えやプランターは、植物に合ったものを使用することがとても重要です。以前使ったものをつい使いまわしたくなりますが、サイズが適していない場合は必ずサイズが合っているものを新しく用意しましょう。必要な道具をきちんと揃えるところから、楽しいガーデニングを始めてみてはいかがでしょうか。

ガーデニングに関する記事一覧

 

 

ガーデニングについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ