目的別!ガーデニングにおすすめの植物を紹介

 

ガーデニングを行うときは、人によってさまざまな目的があります。自分の好みの庭に仕上げたいという人もいるでしょうし、日当たりが悪い中でも工夫してガーデニングを楽しみたいという人もいるはずです。植物には非常にいろいろな種類があるため、それぞれの特徴をおさえると、目的に合わせたいろいろな楽しみ方ができます。

では、具体的にはどのような場面にどういった植物が合っているのでしょうか。今回は、ガーデニングの目的別におすすめの植物について紹介します。

かわいい花壇にしたい人

目的別!ガーデニングにおすすめの植物を紹介

 

花を植えるなら、かわいらしい花壇を作りたいですよね。なるべく育てやすいものを選ぶと、植えたあとの手入れがとても簡単です。

マーガレット

花びらの形がとてもかわいらしいマーガレットは、実は育てやすさも抜群です。乾燥に強いので、多少なら水やりを忘れても元気なままです。プランターや庭植えの両方に適した花だといえます。ただし、極端な暑さには弱いため、夏は少し日陰になる場所に植えるとよいでしょう。

オステオスペルマム

オステオペルマムという名前はあまり聞いたことがないかもしれませんが、ガーデニングでは定番の花です。花の形はマーガレットに似ており、性質としてはマーガレット以上に丈夫です。色の種類も豊富なので、好きな色を選んでアレンジすると素敵です。

ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーは、イチゴのような見た目ですが、サイズはとても小ぶりです。実がなっているととてもかわいらしいので、おすすめです。見た目のかわいらしさとは反対に、とても強い植物なので初めてのガーデニングでも安心です。

チェリーセージ

チェリーセージは、赤と白のコントラストがかわいらしい小さな花を咲かせる植物です。ハーブの一種なので、とてもよい香りがするのが特徴です。一度植えれば、その後はほとんど手入れをする必要がありません。アブラムシよけにもなるので、庭のポイントとして植えてみてはいかがでしょうか。

ヒマワリ

ヒマワリには、大きいサイズのほかにも小さくてコンパクトな種類もあります。花が咲くとパッと明るい印象になるので、庭の雰囲気に合わせて品種を選ぶとよいでしょう。花の部分が重いので、大きく育つ品種なら支柱をつける必要があるときもあります。

植物を育てる自信がない人

植物を上手に育てる自信がないという人であっても、繁殖力が強い植物を選べば、あまり手をかけずにガーデニングを行うことができるので安心です。

ミント

ミントは、植えるとどんどん増えていきます。庭に植えるとあっという間に雑草のようになってしまうので、プランターで育てることをおすすめします。料理に使ったり、お風呂に入れたりするなど、観賞したり育てたりする以外の楽しみ方もできるのがポイントです。

ラベンダー

ラベンダーは、香りを楽しむことができる植物です。とても丈夫なので、植えておくとたくましく成長していきます。ドライフラワーにして楽しむこともできるので、おすすめです。

ポーラチュカ

ポーラチュカは、暑さにも乾燥にも強い植物です。日当たりのよい場所で育てるようにすれば、あまり手をかけなくても美しい花を咲かせます。葉が多肉植物のように分厚くなっており、水分をためておくことが可能です。そのため、水やりを忘れても元気な姿を保つことができます。

セダム

セダムは多肉植物で、形にはいろいろな種類があります。とても育てやすいので、初心者でも安心です。増やしたい場合は伸びた部分を手でちぎり、周囲にまいておくだけで勝手に育っていきます。

パンジー

パンジーは強くて育てやすい花です。開花期が長く、冬でも咲くことができるので庭の華やかさを維持するにはもってこいの植物だといえます。

日当たりの悪い庭でガーデニングをやりたい人

庭の日当たりが悪いとガーデニングはできないだろう、と諦めている人もいるのではないでしょうか。しかし、日当たりが悪くても、ガーデニングを行うことは十分可能です。日陰で育つことのできる、以下のような植物を選ぶとよいでしょう。

アスチルベ

アスチルベは、寒さに強く、日陰で育てるのに向いている花です。開花期はあまり長くないですが、ほかの花と組み合わせて楽しむことが可能です。

アジサイ

アジサイは、乾燥に気を付ければ、日陰でも育てやすい花です。落ち着いた色合いが特徴的なので、日陰にもよく合います。

アシュガ

アシュガは、春に紫色の花をつける植物です。乾燥に弱く、直射日光に当たる場所に植えるのは向いていないので、日陰に置くことでしっかり育つことができます。

インパチェンス

インパチェンスはとても日陰に強いため、建物に四方を囲まれているような場所でも花を咲かせることが可能です。花びらはピンクと白などの2色になっていることもあり、とても華やかな印象があります。日陰でもにぎやかな庭にしたいという場合は、非常におすすめの花です。

ジギタリス

ジギタリスは、ベルに似た形をした花をたくさんつける植物です。洋風な印象で、優雅な庭に似合います。暑さに弱いので、ひんやりしている日陰に植えたほうがよい植物です。

植物の隙間を埋めたい人

植物の隙間を埋めたいなら、グランドカバーになる植物を利用するのがおすすめです。グランドカバーとは、地面を覆うことを目的としてよく使用されている植物のことで、踏まれても丈夫なものが多いです。丈夫でもかわいらしい花をつける植物もあるため、好きなものを選ぶことができます。

アイビー

アイビーは、ツル植物で、葉には白い斑が入っているものもあります。屋外で越冬することが可能なので、グランドカバーとして最適です。ただし、生命力が強いために、最初は地面に植えていたアイビーが外壁などを覆いつくしてしまうこともあります。そのため、こまめに生育状況を確認することをおすすめします。

ワイヤープランツ

ワイヤープランツは、茶色い針金に似た枝に、丸くて艶のある葉をもった植物です。よく育つので初心者でも大丈夫です。外で育てていると、どんどん広がっていきます。うまく育てれば、小花を咲かせることもあります。

ハツユキカズラ

葉がところどころ不規則に白くなっているのが特徴的な植物です。日陰や湿った環境でも問題なく育つことができます。ただし、あまりにも暗すぎる環境では発芽できないので要注意です。日光に当たっても大丈夫な植物なので、時間帯によって日陰と日向が変化する場所でも育てることができます。

ガーデニングは目的に合わせて植物を選ぼう

ガーデニングは目的に合わせて植物を選ぼう

 

ガーデニングを行う環境は、人によってそれぞれ異なります。庭の大きさや日当たりなど、状況はさまざまです。そのため、ガーデニングに取り組む際は、自分自身がガーデニングを行う場所の特徴をよく理解した上で植物を選ぶことが重要になります。いくら気に入った植物を見つけたとしても、生育環境が合わなければ、美しい植物を育てるのは難しいです。環境に適していて、無理なく育てることができる植物を選ぶようにしましょう。なお、今回紹介した以外にも、それぞれの目的に合った植物はたくさんあります。実際に植物を購入する際は、店員さんなどに聞きながら、庭に合った植物を探すのがおすすめです。ガーデニングでは植物を選ぶのも楽しみの1つだといえます。条件に合ったものの中から、自分が好きだと感じる植物を選び、楽しくガーデニングに取り組んでいきましょう。

ガーデニングに関する記事一覧

 

 

ガーデニングについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ