• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 植物・フラワー・園芸の資格取得講座一覧 > 水耕栽培資格取得講座 > ペットボトルを用いた水耕栽培の方法について

水耕栽培に関するコラム

水耕栽培資格取得の通信教育講座

ペットボトルを用いた水耕栽培って?育てられる植物の種類や方法は?

ペットボトルを用いた水耕栽培って?育てられる植物の種類や方法は?

水耕栽培は、ペットボトルを使用しておこなうこともできます。ペットボトルを使用した水耕栽培は、簡単なので多くの人から人気を集めています。ペットボトルを使った水耕栽培なら、初心者でも始めやすいです。水耕栽培を始めるなら、ペットボトルを用いた水耕栽培を選んでみてはいかがでしょうか。

今回は、ペットボトルを用いた水耕栽培について説明します。育てられる植物の種類や方法にも触れるので、しっかりと確認しておきましょう。

ペットボトル水耕栽培の魅力

ペットボトルを使用する水耕栽培には、具体的にどのような魅力があるのでしょうか。ペットボトル水耕栽培には、実はさまざまな魅力があります。ペットボトル水耕栽培を始めるなら、まずはその魅力についてしっかりと理解しておきましょう。ここでは、ペットボトル水耕栽培の魅力について説明します。

手軽

ペットボトル水耕栽培は、とても気軽におこなえます。飲み物を飲み終わったペットボトルを利用できるので、家にあるものですぐに栽培を始めることが可能です。やり方もとても簡単なため、初めてでも試しに水耕栽培にチャレンジすることができます。

低コスト

ペットボトル水耕栽培は、費用も掛からず低コストで始められます。空いたペットボトルを使用するので、専用の容器をわざわざ購入する必要はありません。低コストで始められるというのは、初めて水耕栽培を始める人にとっては嬉しいポイントですよね。

リサイクル可能

ペットボトルはリサイクル可能な素材です。そのため、水耕栽培で使用した後は、きれいに洗ってリサイクルすることができます。余計なゴミを出す恐れがないため、環境にも配慮しやすいです。

ペットボトルで育てられる植物

ペットボトルを使って水耕栽培をする場合、どのような植物を育てることができるのでしょうか。「ペットボトルで育てられる植物ってあるの?」と疑問に思っている人もいるかもしれません。しかしながら、ペットボトルで育てられる植物は意外と多くあります。ここでは、ペットボトルで育てられる植物について、例を紹介します。どの植物を育てるか考えながらチェックしてみてください。

葉もの野菜

ペットボトルを使った水耕栽培では、葉もの野菜を育てることが可能です。葉もの野菜は、食卓でもよく登場する野菜ですよね。使い勝手もよいので、家で育てても余してしまう心配がありません。季節に合わせて葉もの野菜を選んでみてはいかがでしょうか。

ハーブ

ペットボトルを使った水耕栽培をするなら、ハーブも狙い目です。ハーブにはたくさんの種類があり、それぞれさまざまな効能があります。見た目にも素敵な葉をつけるものが多いので、育つ過程も楽しめるのが魅力的です。お気に入りのハーブを見つけて栽培してみてください。

ニンニクやネギ

ペットボトルでは、ニンニクやネギを育てることも可能です。ニンニクやネギは、おいしい料理に欠かせない優秀な香味野菜です。そんなニンニクやネギをペットボトルで気軽に育てることができれば、普段の料理でも重宝すること間違いなしでしょう。

二十日大根

ペットボトルで育てられる野菜としては、二十日大根もあります。二十日大根は、味付けによってさまざまな食べ方ができます。和風のサラダとしても食べやすいので、ペットボトルを使って栽培してみるのはとてもおすすめです。

ミニトマト

ペットボトルでは、ミニトマトも育てることが可能です。ミニトマトもいろいろな料理で活用できるので、ぜひ自宅で作ってみるとよいでしょう。

イチゴ

ペットボトル水耕栽培では、イチゴも栽培することができます。甘くておいしいイチゴをペットボトルで簡単に作ることができるというのは、とても嬉しいですよね。おいしく育てたイチゴをデザートとして食べてみてはいかがでしょうか。

ペットボトル水耕栽培で準備するもの

ペットボトル水耕栽培を始める場合、いくつか準備するものがあります。ここでは、ペットボトル水耕栽培に必要なものをそれぞれ紹介します。

ペットボトル

ペットボトル水耕栽培をするなら、植物のサイズに合ったペットボトルを用意しましょう。比較的大きなサイズの植物を育てるのであれば、2lのペットボトルを用意することをおすすめします。植物が無理なく育つことができるようなサイズのものを選ぶようにしてください。

ペットボトル水耕栽培をするときは、育てたい植物の種を用意します。ポイントは、少し種を多めに用意することです。なぜなら、植物が育ってきたら間引きする必要があるからです。間引きはもったいないと思う人もいるかもしれませんが、より元気でおいしい植物を育てるためには、間引きが重要な意味をもちます。

培地

ペットボトル水耕栽培をするためには、培地も必要です。そのため、発芽用のスポンジを用意してください。スポンジは専用のものであればもちろんよいですが、家庭で使用するような台所スポンジでも問題ありません。他にもハイドロボール、ロック、ウール、パーム用土などを用意してもよいでしょう。

水耕栽培用の液体肥料

水耕栽培をするときは、肥料が必要な場合もあります。そのときは、水耕栽培用の液体肥料を用意するようにしましょう。

フエルト

ペットボトル水耕栽培では、保湿も大切です。スポンジの保湿用として、フエルトも用意しておきましょう。

ペットボトル水耕栽培の方法

ペットボトル水耕栽培を始めるときは、まずペットボトルで栽培容器を作りましょう。きれいに洗って節の部分で水平にカットします。そうしたら、培養液を2/3~3/4くらいまで注ぎ入れてください。次に、培地を用意して種をまきます。すでに発芽が済んでいる場合は、発芽した植物を培地ごと置けば大丈夫です。さらに、飲み口からフエルトを通して保湿ができる状態にします。ペットボトルの状況が整ったら、後は陽当たりや風通しのよいところに置きましょう。そうして、植物の成長を見守っていきます。定期的に世話をおこなうことを忘れないようにしてください。たとえば、培養液が減ったら追加したり、定期的に交換したりすることが重要です。こまめに手入れをすることで、元気な植物に成長させることができます。

ペットボトルを使用した水耕栽培を始めてみよう

ペットボトルを使用した水耕栽培を始めてみよう

ペットボトルを使う水耕栽培なら、とても簡単に水耕栽培を始めることが可能です。「水耕栽培を始めてみたいけど、どうしたらいいか分からない」「できるだけ気軽に水耕栽培を始めたい」という人は、ペットボトルを使用した水耕栽培を始めてみてはいかがでしょうか。ペットボトルは日常生活の中で何気なく使っているものですよね。そのため、家にあるものを使えばよく、改めて用意する必要がありません。コストも低く抑えられるため、とても魅力的です。ペットボトルにはいろいろなサイズがあるため、植物の大きさに合わせて選べるのも便利なポイントだといえるでしょう。ペットボトルを使用した水耕栽培でも、意外と多くの種類の植物を育てることが可能です。おいしい野菜を育てれば、普段の食生活にも彩りを添えることができます。いつもあまり食べないような野菜をあえて選べば、新たなおいしさを発見する機会となるかもしれません。ペットボトル水耕栽培で、さまざまな植物の栽培にチャレンジしてみましょう。

水耕栽培を学ぶなら

水耕栽培通信講座

SARA の水耕栽培資格講座は 2 種類の水耕栽培資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


水耕栽培に関する記事一覧

水耕栽培についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
水耕栽培基本コース
水耕栽培資格を目指すコース!!
水耕栽培人気講座
水耕栽培資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

水耕栽培プラチナコース
水耕栽培資格を楽に取得!!
簡単資格取得
水耕栽培資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

水耕栽培資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

水耕栽培資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座