• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 植物・フラワー・園芸の資格取得講座一覧 > 水耕栽培資格取得講座 > 水耕栽培とは?土壌栽培との違い

水耕栽培に関するコラム

水耕栽培資格取得の通信教育講座

水耕栽培とは?土耕栽培や植物工場の違いを見てみよう

水耕栽培とは?土耕栽培や植物工場の違いを見てみよう

水耕栽培とは、どのような栽培方法を意味するのでしょうか。植物を栽培する方法としては、水耕栽培の他に土耕栽培もあります。水耕栽培について知るためには、土耕栽培についても理解を深めておいたほうがよいでしょう。

今回は、水耕栽培と他の栽培方法との違いについて詳しく説明します。水耕栽培と混同されやすい植物工場についても触れるので、水耕栽培とは具体的にどのようなものなのか知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

水耕栽培とは?

そもそも水耕栽培とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。水耕栽培についてなんとなくのイメージしかもっていない場合は、はじめる前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。ここでは、水耕栽培とはどのようなものかについて見てみましょう。

土を使わず水で栽培する

水耕栽培とは、基本的に土を使わず水だけで植物の栽培をおこなう方法です。ただし、水に液肥を加えて植物を育てることもあります。水だけで植物を育てることができるのは不思議に思えるかもしれませんが、きちんと食べられるおいしい野菜を育てることができますよ。土を使う栽培に比べて手軽におこなえるので、家の中でも簡単に始めることができます。水耕栽培といえば、スプラウト類の野菜を育てるイメージが強いです。しかし、実際には葉もの野菜やハーブなどさまざまな種類の野菜を育てることができます。ミニトマトも育てられるので、食事に添える野菜として自宅で育ててみてはどうでしょうか。

容器・土台

水耕栽培をするためには、いくつか用意するものがあります。とはいえ、水耕栽培に必要なものは、それほど効果ではなく、簡単に用意することができます。なかには、LEDが付いた水耕栽培キットもあるので、簡単に始めたいという人はそういったものを選んでみるとよいでしょう。そうでない場合も、空き容器やスポンジがあれば、水耕栽培をおこなうことができます。また、バーミキュライトやハイドロボールなども用意すると重宝する場合もあります。

水耕栽培が向いている人

水耕栽培は、初心者でも気軽に始めやすいです。家の中で育てられるので、忙しくても生活の中で世話ができます。小ぶりな植物を育てることが多いため、家の中が狭い人でも場所の確保がしやすいでしょう。植物の栽培が初めてでも、水耕栽培ならほとんどお金をかけずに必要なものをそろえることができます。水耕栽培はグリーンのインテリアとしても楽しめるので、家の中で植物の癒しを感じたいという人にもとてもおすすめです。

水耕栽培と土耕栽培の違い

水耕栽培と土耕栽培は、具体的にどのような点が違うのでしょうか。水耕栽培と土耕栽培にはさまざまな違いがあります。もちろん、水耕栽培と土耕栽培の一番の違いは、土を使うかどうかという点ですが、それ以外にもさまざまな特徴の違いがあるのです。そのため、水耕栽培や土耕栽培をおこなうときは、それぞれの違いをひととおり理解しておくことをおすすめします。ここでは、水耕栽培と土耕栽培の以外について説明します。

土耕栽培ってどんなもの?

そもそも土耕栽培とは、どのようなものなのでしょうか。土耕栽培は一般的な野菜の栽培方法であり、 土に野菜を植えて育てていきます。よい土を作ることができるかどうかが、おいしい野菜を作ることができるかどうかに直結します。そのため、土を選んだり調整したりする作業がとても重要です。さらに、土をたくさん使うので、栽培スペースもある程度しっかり確保する必要があります。加えて、デメリットといえる点もあります。たとえば、野菜の成長が天候に左右されたり、害虫対策の手間をかけたりする必要があります。土耕栽培で無農薬栽培を行なおうとすると、害虫対策は特にたいへんになってしまいます。とはいえ、土耕栽培であれば、深く根を張る根菜類や大きく育つ野菜も栽培できるという特徴があります。自由に好きな野菜を選んで育てられるという点は、土耕栽培の大きな魅力といえるでしょう。

栽培した野菜の特徴

水耕栽培と土耕栽培で栽培した野菜をそれぞれ比べてみると、いろいろな特徴の違いが見られます。たとえば、水耕栽培で育てた野菜は比較的あっさりとした味わいですが、土耕栽培で育てた野菜は味や香りがしっかりしていて濃いです。とはいえ、水耕栽培のほうが土耕栽培よりも、葉がやわらかくなりやすいという特徴があります。また、水耕栽培は環境が一定なので、気候によって成長が遅くなる心配はありません。しかし、土耕栽培の場合は環境や気候によって野菜の質が変化します。確実にいつ収穫できるかというのが分かりにくいのが難点です。このように、水耕栽培と土耕栽培には、収穫できる野菜についてもさまざまな特徴の違いがあります。それぞれでもちろんおいしい野菜を育てられますが、さまざまな風味の違いがあることを理解しておくとよいでしょう。それぞれのおいしさを理解して、作る料理によって使い分けるのもおすすめです。

水耕栽培と植物工場の違い

では、水耕栽培は植物工場での栽培とどう違うのでしょうか。それを知るためには、まずは植物工場がどのような栽培をおこなっているのか確認する必要があります。植物工場での栽培は、植物を育てる環境や条件を機械の力で完全に制御した施設を利用する栽培方法です。たとえば、温度や湿度はもちろん、光、培養液、CO2濃度などまで細かく調整をおこないます。それぞれの野菜にとってベストな環境や条件を作り上げることが可能です。そのため、野菜の成長をコントロールするのに役立ちます。植物工場では水耕栽培をおこなうことも多いですが、土を使って栽培することも多いです。植物工場は、工場によってさまざまな植物に対応しています。効率的においしい植物を育てられるので、多くの人においしい野菜を育てるのに役立っているといえるでしょう。

水耕栽培を始めるなら土耕栽培との違いを押さえよう

水耕栽培を始めるなら土耕栽培との違いを押さえよう

水耕栽培を始めるなら、その特徴をしっかりと理解しておきましょう。水耕栽培は一般的な植物の育て方とは少し異なります。そのため、何も予備知識がない状態で水耕栽培を始めてしまうと、予想と違う部分がたくさんあって困る可能性もあります。せっかく野菜を育てるのであれば、着実においしい野菜を育てたいですよね。そのためにも、水耕栽培の特徴をきちんと理解しておくことが大切です。とはいっても、専門的な知識について時間をかけて習得しなければならないというわけではありません。基本的な事柄をザッと知っておくだけでも、実際に栽培を始めるときに知識として役に立つ可能性があります。

水耕栽培は、一般的な植物の栽培方法である土耕栽培とはさまざまな違いがあります。よって、水耕栽培と土耕栽培を比較してそれぞれの違いをチェックしておくこともとても大切です。今回は、水耕栽培と土耕栽培の違いについても比較して説明したので、ぜひしっかり確認してみてください。なお、水耕栽培は植物工場でもよくおこなわれている栽培方法のひとつです。植物工場では、さらに温度や湿度などの管理を徹底的におこなっています。水耕栽培は植物の成長が天候に左右されにくいため、スムーズに植物を育てていきたい人にぴったりです。水耕栽培の特徴をしっかり理解し、おいしい野菜をたくさん栽培してみてくださいね。

水耕栽培を学ぶなら

水耕栽培通信講座

SARA の水耕栽培資格講座は 2 種類の水耕栽培資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


水耕栽培に関する記事一覧

水耕栽培についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
水耕栽培基本コース
水耕栽培資格を目指すコース!!
水耕栽培人気講座
水耕栽培資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

水耕栽培プラチナコース
水耕栽培資格を楽に取得!!
簡単資格取得
水耕栽培資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

水耕栽培資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

水耕栽培資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座