• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 植物・フラワー・園芸の資格取得講座一覧 > 水耕栽培資格取得講座 > 水耕栽培にかかる費用と食費の節約方法について

水耕栽培に関するコラム

水耕栽培資格取得の通信教育講座

水耕栽培にかかる費用は?と節約方法について学ぼう!

水耕栽培にかかる費用は?と節約方法について学ぼう!

水耕栽培にはどの程度の費用がかかるのでしょうか。なるべくお金をかけずに水耕栽培を始めたいと思っている人も多いはずです。水耕栽培はもともとあまりお金をかけずにおこなえる栽培方法として知られています。しかし、工夫すればより節約しながら野菜を作ることができます。

今回は、水耕栽培にかかる費用について説明します。初期費用やランニングコストについて詳しく紹介するので、なるべく安く水耕栽培をしたいと思う方はぜひ参考にしてください。

個人で楽しむ水耕栽培の初期費用は?

水耕栽培を個人でおこなう場合、初期費用はどの程度かかるのでしょうか。水耕栽培は、基本的に少ない費用で始めることができるといわれています。ここでは、個人で楽しむ水耕栽培の初期費用の目安について見てみましょう。

一般的な家庭菜園

そもそも一般的な家庭菜園をおこなうとすれば、どの程度の費用がかかるのでしょうか。個人で家庭菜園をおこなう場合、どの程度の規模でおこなうかが重要なカギとなります。もちろん、規模が大きくなれば大きくなるほど、費用は高くなります。 たとえば、農園を借りて大きな規模で栽培を始めるなら、賃料がかかるため費用は膨らみやすいです。ただし、自宅の一部を使って栽培を始めるのであれば、そういった費用は必要ありません。ベランダ菜園として小規模の栽培をすることもできるので、まずはそういた始め方をするのがおすすめです。その場合は、プランターなど植物を入れるための容器や土などを用意する必要があります。

水耕栽培の初期費用

では、水耕栽培を始めるにはどの程度の費用がかかるのでしょうか。水耕栽培をするためには、まず種か苗が必要です。家にある野菜を使って再生栽培をするのであれば、種か苗を用意する費用は必要ありません。加えて、容器も空き容器などを利用できるので、そうした場合は一切お金をかけずに水耕栽培を始められます。

水耕栽培を始めるためのキットも販売されているので、初心者として始めるときにはキットを用意してみてもよいでしょう。ただし、もちろんキットを使う場合はその分の費用がかかります。簡易なキットであれば2000円前後で入手できるでしょう。キットを購入した場合、種とスポンジを追加すれば何度でも使えるのでおすすめです。LED付きやエアポンプ付きの水耕栽培キットもあるため、より本格的に水耕栽培を始めてみたいならぜひ活用してみてください。ただし、高機能なキットはその分高価になるため、予算をよく検討することも必要です。

どの程度でおこなうかによっても変化する!

水耕栽培の場合でも、規模が大きくなれば費用は多くかかる可能性があります。そのため、まずは小さく初めて、少しずつより大きな規模で栽培を進めていくのがおすすめです。少しずつおこなえば、自分自身の向き不向きも判断することができます。

個人で楽しむ水耕栽培のランニングコスト

水耕栽培を個人で楽しむ場合、ランニングコストはどれくらいかかるのでしょうか。ここでは、個人で楽しむ水耕栽培のランニングコストを紹介します。植物の栽培をするうえでは初期費用だけでなくランニングコストも重要なポイントとなります。そのため、しっかりと確認して、費用のイメージをつけておきましょう。

水・液肥

水耕栽培ができる植物の場合、水さえあれば育てられるものもあります。ただし、そのような植物であっても、よりしっかりと成長を促すためには肥料も与えたほうがよりよいです。肥料を与えれば育ちやすくなるので、よりおいしい野菜を収穫できる可能性を高めることができるでしょう。また、水耕栽培で育てられる野菜のうち、実のなる作物については基本的に肥料が必要となります。たとえば、ミニトマトがそれにあたるでしょう。水耕栽培を始めるときは、育てる野菜に肥料が必要なのかどうかをしっかり確認しておくことをおすすめします。

キット

水耕栽培をおこなう場合、キットを購入することも可能です。LEDやポンプなど便利な器具がついているものもあるため、初心者でも心強いです。ただし、そういった器具を使う場合は、稼働のための電気代もかかる可能性があるので注意が必要です。器具の種類や使う頻度によってもかかる電力量は異なります。そのため、キットについてくる器具を使う場合は、電気代にも注意しましょう。

水耕栽培で節約するには?

水耕栽培をなるべくお金をかけずにおこなうためには、どういった方法があるのでしょうか。水耕栽培は工夫すれば、かなり安くおこなえる栽培方法です。食費を節約する方法としても、水耕栽培を取り入れることをおすすめします。ここでは、水耕栽培の節約の仕方について説明します。水耕栽培を安くおこないたいと思っているなら、ぜひ参考にしてみてください。

作物の種類

水耕栽培で節約したいなら、作物の種類に着目することをおすすめします。たとえば、夏野菜などは収穫できる野菜の数が多いので、とても節約になるでしょう。また、日常的に使える作物を選ぶことも大切です。そうすれば、作った野菜を余すことなく活用できるので、とても経済的です。たとえば、万能ネギや豆苗、葉物野菜などを選ぶと、どのような過程でも消費しやすいのではないでしょうか。加えて、1個の苗から多くの野菜を収穫できる作物を選ぶのもポイントだといえます。たとえば、インゲン、きぬさや、オクラ、プチトマトなどの野菜がそれに該当します。さまざまな注意点を抑え、自分にとって使いやすい野菜を選ぶのがとても重要だといえるでしょう。

 苗・種

節苗よりも約しながら水耕栽培をおこなうためには、苗よりも種を選んだほうがよいです。なぜなら、苗より種の方が価格は安いからです。さらに、野菜を育て始めたら、種を自家取りするとさらに安く野菜を作ることができます。また、野菜の種類によっては、再生栽培できるものもあります。豆苗、ネギ、三つ葉などはそれがしやすいです。育て方によっても節約ができるので、無理のない範囲で節約できる方法を実践するとよいでしょう。

水耕栽培の費用をなるべく節約しよう

水耕栽培の費用をなるべく節約しよう

水耕栽培は、工夫すればかなり安くおこなうことが可能です。一度種を購入すれば、その後は新しく種や苗を購入しなくても栽培し続けることができます。もちろん、最初は上手くいかないこともあるかもしれませんが、少しずつ試しながら慣れていけば、継続的に水耕栽培をおこなっていくことができるでしょう。水耕栽培はキットを利用することもできるので、最初はキットを利用して確実に準備を進めていってはどうでしょうか。もちろん、キットを使うと費用が高いと感じる場合は、最初からなるべく安く収める方法を考えてもよいです。

水耕栽培なら家の中でおこなうこともできるので、より気軽に始めることができます。費用も安く抑えられるので、「家庭菜園を始めよう!」と一念発起しなくても大丈夫です。「ちょっと始めて見たい」という気持ちさえあれば、いつでも始めることができます。まずは費用面を考えつつ、どの野菜を育てるのか決めましょう。そして、必要な物を用意して、実際に水耕栽培をおこなってみてください。とても簡単なので、初めてでも戸惑う場面は少ないはずです。おいしい野菜を気軽に作り、食卓へ彩りを添えてみてはいかがでしょうか。

水耕栽培を学ぶなら

水耕栽培通信講座

SARA の水耕栽培資格講座は 2 種類の水耕栽培資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


水耕栽培に関する記事一覧

水耕栽培についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
水耕栽培基本コース
水耕栽培資格を目指すコース!!
水耕栽培人気講座
水耕栽培資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

水耕栽培プラチナコース
水耕栽培資格を楽に取得!!
簡単資格取得
水耕栽培資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

水耕栽培資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

水耕栽培資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座