梅について

梅 基本コース / プラチナコース

梅について

梅の実の栄養

梅の実は、他の果実に比べ、小さい実ではありますが、栄養価は果実の中でもとても優れています。タンパク質やカルシウム、リン、鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどが豊富に含まれています。また、人間の体に必要なミネラルも豊富に含まれています。リンゴと比べると、カルシウムは4倍、鉄は6倍も多く含まれています。マグネシウムや亜鉛もリンゴより多く含まれています。

梅の実の保存方法

梅の実は、収穫後も追熟するので、傷みが進みやすいです。特に青梅のまま利用する場合は、なるべく新鮮なうちに加工する必要があります。加工することにより、長期保存が可能になります。すぐに加工できない場合は、新聞紙などに包み、常温の冷暗所で保管します。10度前後の環境が一番日持ちします。冷蔵庫での保管には向いていません。冷蔵庫で保管すると、低温障害を起こしてしまい、表面が褐色に変色したり、陥没したりすることがあります。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請 
求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ