ビーズアクセサリー講座指導・サポート体制

ビーズアクセサリー作成 基本コース / プラチナコース

サポート体制

SARAは充実のサポート体制が自慢です!

充実のサポート体制は、SARAの魅力のひとつ。受講生一人ひとりに対して、卒業までしっかりと学習をサポートします。

サポート1 専属のスタッフによるサポート

SARAでは、専属のスタッフが受講生をサポートします。通信講座にありがちな挫折の心配がなく、卒業までしっかり導いてくれます。

サポート2 無料で何回でも質問できる

学習でわからないところがあっても、受講期間内なら、無料で何度でも質問することができます。専属のスタッフにメールで質問をすると、翌日には回答が届きます(質問が混み合っている場合、多少返事が遅れる場合があります)。

サポート3 開業や副業に向けた学習にもぴったり

SARAのビーズアクセサリー講座は、副業や開業をする際にも困らないカリキュラム構成になっています。講座で得た知識を活かして、新しい一歩を踏み出してみませんか?

SARAのビーズアクセサリー講座の受講で2つの資格を取得できる!

SARAのビーズアクセサリー講座を受講し、認定試験に合格すると、開業や副業にも結び付きやすい、2つの資格を取得することができます。資格取得後は自宅で教室を開いたり、カルチャースクールで講師として活動したりすることも可能です。

ビーズアクセサリーデザイナー

ビーズアクセサリーデザイナー

ビーズアクセサリーデザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格です。道具の使い方や天然石についての知識、ビーズステッチの方法など、ビーズアクセサリーについて一定以上の知識とスキルを身に付けた方が認定されます。資格取得後は、ビーズアクセサリーの講師やクラフト作家として、幅広く活躍することが期待できます。試験は年に6回(偶数月)実施されており、受験方法は在宅受験となります。
 

ビーズアーティスト

ビーズアーティスト

ビーズアーティストは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。天然石ビーズの種類や取扱いの注意点、ビーズアクセサリーのレシピやアクセサリーの作り方など、幅広い知識とスキルが問われます。資格取得後は、インストラクターとしてビーズアクセサリーづくりを教えたり、ワークショップを開催したりできるようになります。試験は年に6回(偶数月)実施されており、受験方法は在宅受験となります。

TOPへ