キャンドルを仕事にしたい!キャンドルアーティストなるには?

 

キャンドルにはたくさんの種類があり、見た目もカラフルでかわいらしいですよね。そんなキャンドルを仕事にできたら素敵だと思いませんか。キャンドルを仕事にする方法としては、キャンドルアーティストになるということがあげられます。

キャンドルアーティストとは具体的にどのような仕事をするのでしょうか。またキャンドルアーティストになるための方法についても気になりますよね。今回はキャンドルアーティストを仕事にするための方法について紹介します。

キャンドルアーティストとは?

キャンドルを仕事にしたい!キャンドルアーティストなるには?

 

キャンドルアーティストとは、そもそもどのようなことをするのでしょうか。まずはキャンドルアーティストの活動内容を把握しておきましょう。

キャンドルのデザイン・製作

キャンドルアーティストは、主にキャンドルのデザインをしたり制作をしたりします。一口にキャンドルといってもさまざまなアレンジ方法や作り方があるので、自分のアイデアを反映すればさまざまなオリジナルのキャンドルができるんです。自分のイメージを活かしていろいろなキャンドルを作ることで、多くの人にキャンドルの魅力を伝えるのが使命でもあります。

イベントやお店などでも活躍

キャンドルアーティストはただキャンドルを作るだけでなく、イベントやお店で活躍することもできます。キャンドルアーティストとしてキャンドルについての詳しい知識があれば、キャンドルの魅力をしっかりと相手に伝えることができるでしょう。たくさんの人にキャンドルのよさを広めるのもまたキャンドルアーティストが目指すべきことです。

キャンドルアーティストになるには?

ではキャンドルアーティストになるには、具体的にどうしたらよいのでしょうか。キャンドルは火を扱うものなのでキャンドルアーティストを目指すならしっかりとした知識が必要になります。ここでは、キャンドルアーティストになるための方法や知識の身につけ方について紹介します。

資格は必要ない

キャンドルアーティストになるためにはきちんとした知識が必要ですが、必ずとらなければならない資格といったものはありません。もちろんキャンドルについて学べる資格はたくさんありますが、それらがなくてもキャンドルアーティストとして活躍することは十分可能です。ただし、キャンドルアーティストを名乗るためにはきちんとキャンドルについて学び、正しく使用できるようキャンドルを作れるような技術を身につける必要があります。

プロになりたいなら資格をとっていたほうが有利

キャンドルアーティストになりたい場合でも資格は必須ではありませんが、プロとして働きたいのであれば資格はとっておいたほうが有利です。資格があるということはそれだけきちんとした知識と技術があるという証明になります。たとえば、自分がお客さんとしてキャンドルアーティストが作ったキャンドルを使用する場合、資格をもったキャンドアーティストが作ったものであればより安心して使用できるという印象をもちますよね。それは自分自身がキャンドルアーティストとなり、お客さんにキャンドルを提供する場面でも同じです。きちんと責任をもち、お客さんに安心感をもってもらうためにも、キャンドルに関する資格はできるだけとっておいたほうがよいでしょう。キャンドルに関する資格にはたくさんの種類があるため、自分に合ったものを選ぶことができます。

独学でも学べる

キャンドルについての知識は、独学でも学べます。キャンドルに関する書籍はたくさん販売されていますし、インターネットでもさまざまな情報を集めることが可能です。独学で学べば時間の自由もききますし、金銭的な負担も最小限におさえられます。ただし自分で学ぶとなると誤った知識と正しい知識の選別が難しいという問題もあります。キャンドルは火を扱うため、正しい知識を身につけることはとても重要です。独学で学ぶなら必ず情報元を確認し、確実に信頼できる情報のみを使って学習を進めてください。また、実際にキャンドルを作るときは扱い方に注意し、危険がないように配慮する必要があります。

講座を受講する

キャンドルについての知識や技術を確実にしっかりと身につけたいのであれば、講座を受講するのがおすすめです。講座ではキャンドルに関するプロが教えているので、正しい知識や技術を確実に習得できます。分からない部分があって質問できるので安心です。キャンドルは一歩間違うと危険な部分もありますから、しっかりと不安や疑問を解消しながら学べるというのは大きなポイントだといえます。講座の中には資格取得を目指しているものも多いため、講座を受講すればそのまま資格取得もできる場合が多くなっています。本気でキャンドルアーティストを目指すなら講座を受講して体系的にキャンドルについての知識を学んでみてはいかがでしょうか。

キャンドルに関する資格

キャンドルに関する資格としてはさまざまなものがあります。最後にキャンドルに関する資格について代表的なものを紹介します。これらの資格取得を目指せば、キャンドルにアーティストとして役に立つしっかりとした知識や技術を得られるでしょう。

JCA認定キャンドルアーティスト

JCA認定キャンドルアーティストの資格は、社会で活躍できるようなプロのキャンドルアーティストになることを目指しています。講座を受講して検定試験を受けることで、JCA認定キャンドルアーティストの公式資格が得られます。

JCA認定キャンドルインストラクター

JCA認定キャンドルインストラクターの資格は、キャンドル政策の魅力を広めてプロを育成するための資格です。JCA認定キャンドルアーティストの資格同様、講座を受講して検定試験を受けることで、JCA認定キャンドルインストラクターの資格の認定が受けられます。

JIA認定キャンドルアドバイザー

キャンドルの資格としてはJIA認定キャンドルアドバイザーもあります。こちらの資格は受験資格に制限はないため、誰でも気軽に受講することが可能です。独学でキャンドルについて学んだときは、JIA認定キャンドルアドバイザーの資格取得を目指すようにするとよいでしょう。JIA認定キャンドルアドバイザーの資格はインターネットから申し込みができ、受験も在宅でできます。

キャンドルアーティストになるにはしっかりとした知識が必要不可欠

キャンドルアーティストになるにはしっかりとした知識が必要不可欠

 

キャンドルアーティストを目指すなら、まずはキャンドルについてのしっかりとした知識を身につけましょう。キャンドルは火を扱うものですから、キャンドルアーティストとしての作業は慎重におこなわなければなりません。誤った方法でキャンドルを作ってしまうと、実際に火をつけて使用したときに思わぬトラブルにつながる可能性もあります。それを防ぐためにも正しい知識と技術をきちんと身につけ、自信をもってキャンドルを提供できるような状態になりましょう。

キャンドルアーティストになれば、キャンドルの知識を多くの人に広めることもできます。キャンドルはまわりを明るく照らすだけでなく、人を癒す効果もありあます。そのためキャンドルの魅力をより多くの人に伝えることができれば、それだけ人を癒すことにもつながるといえるでしょう。何かとストレスの多い現代ですから、癒しの力は重要です。キャンドルアーティストを目指すなら、まずはキャンドルについてしっかりと勉強しましょう。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ