DIYでおしゃれな部屋作りを!賃貸でもOKなアイデア集

 

DIYでおしゃれな部屋を作るのは、難しいことではありません。重い工具を使わなくても簡単にアレンジできる方法はたくさんあります。また、賃貸物件でも、原状復帰が簡単にできる方法もあるので安心です。収納が少なくて困っている場合は、壁を傷つけずにおしゃれで機能的な収納を足すこともできます。

今回は、DIYでおしゃれな部屋作りをするためのアイデアを紹介します。「賃貸だから……」と諦めず、できる範囲のなかでDIYを楽しんでみましょう。

おしゃれなDIYのためのお手軽アイテム

DIYでおしゃれな部屋作りを!賃貸でもOKなアイデア集

 

おしゃれなDIYには、簡単な方法がたくさんあります。いろいろなアイデアを参考にして、自分だけのアレンジを楽しんでみてください。

キャスターを利用

簡単なDIYとしては、収納ボックスにキャスターをつけるのもおすすめです。自分で作ったもの、既製品のどちらでも、キャスターをつけるという一手間を加えるだけでおしゃれな雰囲気が高まります。キャスターをつけると、なかに重い物を入れても動かすのが簡単です。掃除や模様替えの際も、物の移動が楽に行うことできるため便利です。キャスターは、ホームセンターで購入することができますし、価格も手頃であるため気軽に取り付けることができます。

フックや取手などのパーツを利用

板などにフックや取手を取り付けると、小物を飾って収納することができます。たとえば、小さな板に小さなフックを取り付けてドレッサーの近くに設置すれば、アクセサリーの収納になります。こうすれば、持っているアクセサリーを一目で確認することができるため、朝の準備も楽しくなりそうです。また、キッチンにフックをつけた板を設置すると、マグカップの収納にも役立ちます。毎日家族が使うマグカップをかけるようにすれば、いちいち戸棚に出し入れする手間が省けて便利です。なお、おしゃれな取手は、ドアや扉に取り付けるだけでなく、フックの代わりとして板に取り付けると素敵です。取手にはいろいろな種類やデザインがあるため、好みのものを見つけて、インテリアのアクセントにしてみてください。

フォトフレームを利用

フォトフレームは、写真以外のものを入れて飾っても素敵です。フレームに入れるだけで、アートな印象になります。お気に入りの切り抜きを入れたフレームをいくつか並べたり、ガラスのプレートを外して立体的なボタンなどを貼り付けたりしてもいいでしょう。フレームにもいろいろと種類があるため、なかに入れる物に合わせてデザインを選んでみてください。シンプルなフォトフレームなら100円ショップでも購入できます。フォトフレームも自分の好みに合わせて色を塗ったり、デコレーションしたりすれば、より部屋のイメージに合った作品に仕上げることができるでしょう。

ファブリックの張り替え

椅子など布地のついた家具なら、それを張り替えるだけでガラリと印象を変えることができます。布地の張り替えは、意外と簡単なのでDIY初心者でも心配はいりません。必要なものは、張り替えたい布地とウレタンスポンジ、タッカーと呼ばれる木工用ホッチキスの3つだけです。ウレタンスポンジは、椅子の座面のボードより少し大きめにカットしておきます。材料が準備できたら、椅子を逆さにして脚を外します。つぎに、座面をウレタンスポンジで覆い、その上から布地をかぶせます。固定する位置が決まったら、タッカーを使って布地の端を座面の裏側にとめましょう。最後に、脚を元通りに付け直せば完成です。模様替えで部屋の雰囲気に合わなくなった椅子も、こうすれば再利用することができます。

流木を利用

おしゃれな部屋を目指すなら、流木を使用するのもおすすめです。棚や玄関にさりげなく飾るだけで、存在感があるオブジェになります。流木に糸をつけてつるしたり、そこに花を一緒に飾ったりすれば、ボタニカルな印象の部屋を演出できるでしょう。ほかにも、貝殻などを合わせれば、海の爽やかなイメージを表現できます。

賃貸でもできるおしゃれDIY

賃貸マンションやアパートでも、おしゃれなDIYをすることは十分可能です。いろいろなアイデアを活用していろいろなアレンジを楽しんでみてください。

壁面に棚を取り付ける

壁面に棚を取り付ける方法は、大きく分けて2つあります。床と天井に柱となる板を渡してそこに棚を作るタイプと、壁に金具を取り付けて棚を固定するタイプです。

*ディアウォール・ラブリコ・ピラーブラケット

「ディアウォール」は、床と天井を支点にして使う突っ張り棒のようなものです。パーツの一部にバネがついており、これに木材を固定することで棚を作ることができます。これを使用すれば、ちょっとしたスペースに簡単に棚を設置することができます。高さや幅を自由に調整できるのがメリットです。また、ディアウォールによく似たパーツとして「ラブリコ」というものがあります。壁に簡易的な柱を取り付け、板を固定して棚を作ることができるという点では、ディアウォールと同じです。しかし、ラブリコはディアウォールと違い、ネジを締めることで柱を固定します。そのため、ラブリコのほうがより安定感を感じられる作りになっています。場所や用途に合わせて、どちらを使用するか考えてみるとよいでしょう。さらに、より簡単に取り付けを行うなら、「ピラーブラケット」という製品もおすすめです。ピラーブラケットも床と天井に長い板を渡して柱を作ることができます。ピラーブラケットなら、ディアウォールやラブリコよりも取り付けに力が必要ないため女性でも使いやすいです。

*ダボレール

ダボレールは、壁に金具を取り付けて板を直接取り付けるタイプの棚です。壁に直接金具を取り付けるため、場所を選ばず好きなところに設置することができます。左右の棚を違う高さにすることもできるため、アレンジが幅広いです。ただし、壁にビスを打ち込む必要があるため、賃貸マンションやアパートでの使用には適していません。壁を自由に使用できる物件なら、ダボレールを使用することで本格的な収納を作ることが可能です。

リメイクシート・タイルシール

DIYでは、シートを壁や戸棚の扉などに使用することで、簡単におしゃれな雰囲気を出すことができます。DIY用のシートは種類が豊富なため、好みに合わせて好きなものを選びましょう。

*リメイクシート

リメイクシートを貼り付けると、印象を一気に変えることができます。木目のリメイクシートを貼れば、温かみのある印象を出すことができます。クールな部屋を目指すなら、コンクリート風のシートがおすすめです。また、レンガ模様のシートもありますが、これはブロックごとに切り取ってワンポイントで貼り付けても素敵です。

*タイルシール

タイルシールは、キッチンや洗面台などの水まわりにぴったりです。水が跳ねやすい蛇口に近い壁にタイルシールを貼っておくと、水が跳ねたあとが目立ちにくくなるため、見た目の清潔感を保つことができておすすめです。

有孔ボード・ベニヤ板

賃貸物件では、有孔ボードやベニヤ板が大活躍します。これらを取り付ければ、好きなように壁や扉を飾ることができます。

*有孔ボード

有効ボードは、等間隔で小さい穴が開いている板です。DIY上級者たちは、これを活用したアレンジをたくさん取り入れています。穴が開いているため、フックを引っ掛けたり、オブジェを飾ったりするのにも便利です。

*ベニヤ板

軽くて薄いベニヤ板はDIYで重宝します。ペイントして壁に取り付ければ、好きな色の壁に早変わりです。また、加工したベニヤ板をキッチン下の扉に貼り付ければ、扉もおしゃれにアレンジすることが可能です。

DIY不動産を選ぶ

「賃貸でもDIYを思いっきり楽しみたい!」という人には、「DIY不動産」がおすすめです。DIY不動産なら自由にDIYを楽しむことができます。それぞれの物件の規約にもよりますが、基本的には退去時の原状復帰義務が無いため、あとの心配をしなくても大丈夫です。DIY不動産なら比較的リーズナブルに部屋を借りられることもあるため、本格的なDIYをしたいという人にはぴったりな物件です。

DIYでおしゃれな部屋作りを楽しんで

DIYでおしゃれな部屋作りを楽しんで

 

DIYを行えば、工夫次第で部屋をおしゃれに変身させることができます。収納を安く簡単に増やすこともできるため、収納グッズを買う前にDIYしてみるのがおすすめです。ちょっとしたアイデアや便利グッズを使って、おしゃれな部屋作りを楽しみましょう。

DIYに関する記事一覧

 

 

 

DIYについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ