に関するコラム

資格取得の通信教育講座

羊毛フェルト講師になるには?なり方や仕事内容って?

 

羊毛フェルト講師になるには?なり方や仕事内容って?

羊毛フェルト作品をたくさん作っていけば、高いスキルを身につけられる人も多いです。その場合、羊毛フェルト作家として働く道もありますが、それ以外に羊毛フェルトの講師としての道もあります。羊毛フェルトの講師にはどうしたらなれるのでしょうか。また、具体的な仕事内容も気になるところです。

今回は、羊毛フェルトの講師になるにはどうしたらいいのかについて説明します。羊毛フェルトについてのスキルを生かした仕事がしたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

羊毛フェルトの講師とは?

羊毛フェルトの講師とは、どのような仕事なのでしょうか。講師というからには、特別な仕事であるというイメージをもっている人もいるかもしれません。しかし、羊毛フェルトの講師に対しては、人によってはそれほどハードルが高くないという印象を持つ可能性もあります。ここでは、羊毛フェルトの講師の仕事について基本的なところを押さえておきましょう。

資格は不要

羊毛フェルトの講師になるためには、特別な資格は必要ありません。講師といっても、公の教師などとは違うため、名乗りさえすれば講師として活動することが可能です。もちろん、ただ講師を名乗っただけでは、講師としての仕事を得られるとは限りません。講師として働くには、生徒となる人がいなければならないからです。羊毛フェルトの講師として発動するためには、さまざまな努力が必要となります。

高い技術と実績があれば講師として活躍できる

羊毛フェルトの講師として活躍するには、当然ながら高い技術が必要です。人に技術を教えるためには、さまざまな角度から羊毛フェルトについて理解していなければなりません。そのため、自分自身の偏った解釈だけではなく、一般的にどういわれているのかなどについてまで幅広く把握している必要があります。さらに、講師としての信頼を得るためには、高い実績も有しておく必要があるでしょう。なぜなら、実績がまったくなければ、いくら自分自身が「高い技術がある」とアピールしても、なかなかそれを信用してもらうのは難しいからです。そのため、講師として活躍したいなら、まずは羊毛フェルト作家としてしっかりスキルを積み、実績を積むことが必要不可欠だといえるでしょう。

生計を立てるには宣伝力や交渉力も必要

羊毛フェルトの講師の仕事だけで生計を立てるまでになるには、宣伝力や交渉力も必要だといえます。いくら高い技術と実績があったとしても、それを周囲に知ってもらえなければ講師としての仕事が舞い込んでくることはありません。また、仕事が舞い込んできても、自分の想定していた条件と異なるときは、交渉も必要です。交渉せずに相手の提示する条件をすべて飲んでいては、なかなか思ったような活動をすることはできないでしょう。講師として活動するには単に羊毛フェルトに詳しいだけではなく、ビジネススキルとしての宣伝力や交渉力ももち合せておく必要があります。

羊毛フェルト講師になるには?

羊毛フェルトの講師になるには、具体的にどのようなことをおこなえばいいのでしょうか。羊毛フェルトの講師として働くためには、重要なポイントがあります。ポイントを押さえれば必ず講師として活躍できるというわけではないですが、まずはコツコツ取り組んでいくことが大切です。ここでは、羊毛フェルトの講師になるために重要なポイントについて説明します。

習ってみたいと思われる作家活動をする

羊毛フェルトの講師として発動するには、「この人に羊毛フェルトについて習いたい」と思ってもらうことが大切です。そのように思ってもらうことができなければ、講師を名乗っていても生徒はなかなか集まりません。よって、講師を名乗る前にしっかり作家活動をおこない、素敵な作品を作ることはとても重要なことです。作品を見てもらえる機会を多く持つことは、作家としての売り上げを伸ばすために必要なことですが、それと同時に知名度を上げるという効果も期待できます。しっかりと自分の作品と向き合って活動することは、羊毛フェルトを扱う仕事をする以上、どの部分にもつながっていきます。作品は自分の仕事ぶりをしめすものそのものですから、多くの人に認めてもらえるような作品を作ることができるように努力を重ねましょう。

認定講師になる

羊毛フェルトの講師になるには、特別な資格は必要ありません。ただし、なかには認定講師を設けている団体もあります。団体に所属して認定講師になることは、信用力を高めるのにおおいに貢献します。もしも実績がまだ少ないうちに羊毛フェルトの講師として働きたいと考えているのであれば、認定講師になるというのもひとつの方法です。認定講師になる方法は団体によっても異なるので、気になる場合はチェックしてみるとよいでしょう。

羊毛フェルト講師の活動内容

羊毛フェルトの講師になると、どのような活動をおこなうものなのでしょうか。羊毛フェルトの講師を目指すなら、具体的な活動内容についてもしっかり理解しておくことが大切です。実際に講師になってみて「こんなはずじゃなかった」と思うのは避けたいですよね。ここでは、羊毛フェルト作家の具体的な活動内容について、代表的な物を説明します。羊毛フェルト作家に興味をもっている人は、きちんと確認してみてください。

自宅や外部教室などでの講師

羊毛フェルト講師として働く場合、教室などで生徒に指導するというのが一般的です。教室は外部に借りることもありますが、余裕があるなら自宅を会場にすることも可能です。人にやり方を教えるという場面では、ものの言い方や態度についてもきちんと配慮する必要があります。

ワークショップの開催

羊毛フェルト講師として働くなら、ワークショップを開催することもあります。特に団体の認定講師として働く場合は、その団体からサポートも受けられるという魅力があります。いずれにせよ、ワークショップでは普段出会うことのない人と出会える場でもあるので、自分自身の活動についての宣伝にもなるでしょう。

羊毛フェルトの講師を目指してみては?

羊毛フェルトの講師を目指してみては?

羊毛フェルトについてしっかりとスキルや技能を身につけていれば、講師として働くことも可能です。羊毛フェルトの講師は、羊毛フェルト作品についての魅力を多くの人に知らせることができる仕事です。そのため、羊毛フェルトの作品作りが好きな人にとっては、誇りをもってできる仕事だといえるでしょう。羊毛フェルトの講師として働くには、羊毛フェルトについてのスキルの他にも宣伝力や交渉力も必要になります。そういった総合力に自信があるなら、羊毛フェルトの講師として働くチャンスです。

羊毛フェルトを仕事にする方法としては、羊毛フェルト作家になるという方法もあります。羊毛フェルトの講師としての信頼を得るには、ある程度の期間は作家として実績を積むことも大切です。作家として素敵な作品を多く生み出している人であれば、講師になった場合もたくさんの人から求められる講師になることができるでしょう。羊毛フェルトの講師としてしっかり働くためには、さまざまな場面で自分自身の能力を上手に売り込んでいくことが大切です。そういった基本を大切にしながら、羊毛フェルトとしての活躍を目指していきましょう。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座